法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
□ オーラの泉 「恥を知る」編
いつも感動するテレビ番組です。 今日の番組は途中から拝見しましたが、
衝撃が走りました。

このところ、「いじめ」に関する意見をこのブログでも採り上げていますが、
この番組の今回のメッセージは、凄かった。 つい、見入ってしまいました。

私は「いじめ」を防止できる言葉をずっと探していましたが、やっとその言葉が
見つかった思いです。

三輪明宏さんの提言は、以下の通り;
今は、死語と化した「恥を知る」という言葉の意味が、忘れ去られたところに
この「いじめ」が続く原因があると説く。 それ以前に「いじめ」という言葉自体が
このことを助長している。 つまり、子供たちの行為は「いじめ」ではなく、
この深刻な問題は、明らかに「犯罪」であり、「ゆすり、たかり、恐喝、殺人」と
いうものであるので子供でも、厳しく警察が取り締まるべきことであるという。

話を聞いていて、実に同感しました。 また、その「いじめ:犯罪」の原因は、
今の人間の、「思いやり」の欠如からくるという。 「おもいやり」は、モノを
観て、人が受け取る「想像力」のことで、想像力を培うのは、「詩、俳句、和歌」
などを理解することから発達するそうです。 もっと人は、この「詩、俳句、和歌」に
関心を持ち、読む機会を増やすべきとも。ちょうど、NHKで「その時歴史が動いた」
で「古今和歌集」を観たあとだっただけに、余計にインパクトがありました。

「いじめ」という言葉で表現されるこの深刻な問題は、思いやりに欠けた、
「心の一方通行」のことで、相手を思いやる心があれば、このようなことには
ならないはず、とのこと。

この番組の主役である江原さんの話を代弁すると、日ごろ私が口癖のように
言う言葉と一致する。 それは、「人間は、もっと目に見えないもの(宗教心は
抜きにした)、「神」の存在に気づくべきである。」 この言葉の意味は重要です。

誰も見ていないから、隠れて悪いことをする分には何も悪くないという、
単純な考え方が充満している今の世の中に警鐘を鳴らす考えです。

いじめをやる子供たちは、きっと親の前、先生の前では優等生を装っていて、
影で悪いことをすることには全く抵抗がない.....。 間違ったことを平気でやる、
そういう大人も多い。表では正直を装い、裏では平気で不正を働く者が
いかに多いことか。「あんなに優しい子が、真面目な人が、」という知人や先生
のコメントがテレビ報道で流されるけど、裏で何をやっているか知らないだけ、
とのこと。

最後に、このことに気づいて「反省できたら」、即実行、つまり実践あるのみ。
どれだけ多くの方が、この番組からのメッセージを正しく受けとめたか期待したい
ところです。 みんながこれらの意味を正しく理解できれば、悲しい事件もなくなる日が
くるのですが.....。期待しましょう。 今日はやっと求めていた言葉が見つかり、
スッキリした気分でした。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-30 00:52 | □生活の知恵関連
■ シカゴからお便りが届きました。
こんにちは。ご無沙汰しております。元、T 社のOです。
お元気でいらっしゃいますか?先週のThanksgivingは、ここ最近では
珍しく暖かい日となり、このお休みを利用して周りにクリスマスの飾り付けを
した家が多く、近所をぶらっとするだけでも楽しくなってきました。

ミシガンの冬はとても寒く、10月頃から雪が降り、外に出るのも億劫に
感じて少し気が滅入っていましたが、Halloween、Tanksgiving、
クリスマスと行事が続き何となく気持ちを盛り上げてくれるので助かります。

さて、先日、英語で何と言うかというよりも、そもそもどう答えたらいいのか
わからずとても困ったことがありました。質問をさせてください。

私が通うESL (English as a Second Language)は、色々な国から
来た人たちが英語を学んでおり、日本人は私だけです。 色々な国の人たち・・・
と言っても1番多いのはメキシコ人です。メキシコ人の1人が私の電子手帳に
とても興味を持ち、日本で買ったのか?いくらぐらいなのか?と聞いてきました。

私がそのだいたいの値段に付け加えて、「これは私にとってとても高価な物です。」
と言ったら、日本でどれぐらい給料をもらっていたのか?と聞かれました。
正直なところ、あまりお金の話、それも給料のことは話したくないなぁと
思ったのですが、答えないと悪いような気がして、結局ちょっと少なめの値段を
答えました。

その後、話題が変わったのですが、このような場合、相手を嫌な気分に
させずにはぐらかす、もしくは答えるのをやんわり拒否するにはどのように
答えたらよいのでしょうか?それとも隠すようなことはすべきでないので
しょうか?お忙しいところ申し訳ありませんが、アドバイスをお願いします。

小原コメント:
基本的にあまり親しくない人に対して、特に初対面の場合、タブーとされて
いる話題は、「宗教、政治」やプライベートなこと、例えば、異性に対して
結婚しているかや給料をいくらもらっているのかなどは、常識外の意見で
適当に応えておけばいいので、あまり真剣にとらえるレベルのものでは
ありません。

あなたの場合、話したくないと思ったわけですので、その質問には
答えたくないと伝えるべきだと思います。日本人は、農耕民族でできるだけ
争いを避け、相手の気持ちを尊重して傷つけない配慮をするものですが、
アメリカでは、好き嫌いをハッキリ伝えることを覚えておかないと、また
次の機会にもっとプライベートなことを尋ねてくる可能性があります。

キリがないので、相手をみて適当に答えればいいのです。正直に答えるほうが
馬鹿みたいです。余程、親しい友人や大事な知り合いであるなら、話は
別ですが...。 答えたくなければ、次のフレーズを準備しました。

Well, that's too personal.
I'm afraid I can't answer that type of questions.

とハッキリ言えばいいのです。 正直者はバカをみるにならない心構えを!

→→返信:
質問のご返事ありがとうございました。参考にさせていただきます。
答えたくないという意思をはっきり伝えるのは私にとってとても勇気が
要りそうです。 でも、きっと今後も同じようなことが起きると思うので、
予め心の準備をしていればすんなりと言えそうです。 変に間が空くと
余計に嫌な気分にさせてしまいそうですよね。

子育ては慣れたと思うと、更に子どもが成長して新しいことが始まる...
ということの繰り返しのような気がします。あと1ヶ月で子どもも1歳に
なりますが、まだまだわからないことだらけで手探りの状態です。

それではまた質問とともに学校のことなどもお話させてくださいね。
お忙しいところどうもありがとうございました。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-28 14:14 | ■英語関連
■ アメリカから届いた、Aさんの質問#9です。
ここ数年は、米人が実際にやりとりしているEメールを参考に『Eメールの
書き方研究』を進めています。そんな中、私の知識ではちょっと消化できない
英文を発見しました。先日、社長のプログでも『時制の一致』に関する質問
が紹介されていましたが、これも時制に関するものです。

【状況】
・社内のインターネットシステム不具合で接続ができなくなったため
IT担当者から社員全員に復旧状況の連絡がまわったものです。

【英文】
・米人が書いた文
■1・『I will let you know when connection has been restored.』
(メール全文は下記添付)
・複文で未来形+現在完了形となっている

【質問】
・常識的にはwhen以下は現在形とすべきだと思うのですが...
・自分の参考のためにと、ことわった上で、書いた本人に問い合わせると....、

『確かにwhen connection is restored とすべきだったかも...でも
あまり考えずに書いてしまったわ!』 とのことで、直感的に書いているのが
現実のようです。

■2・状況次第(例えば、このメールを書いた時点で既にConnectionがRestoreされて
  いた可能性がある場合など)では、このような書き方もありえるのでしょうか?
  それとも単なる間違いでしょうか?

■3・もう1点、これは意見が分かれるところかもしれませんが、私的にはconnectionで
  なく、the connection の方が自然と思うのですが...前後の文面から。

小原のコメント:
■1・通常「仮定法現在」の... when connection is restored がおっしゃるとおり、
   正解です。これならば、全く違和感なくいけます。
■2・ただ、ご指摘のとおり、メールを書いた時点で既に接続されている状況が
   続いているという状況下であれば、「has been restored」も可能でしょう。
■3・ the connection が正解です。

個人的にAさんへ: ホントに英語の腕を上げましたね。確実にレベルが上がっています。
質問の視点が違います。 教える立場にある、私にとってはうれしい限りです。
これからも正確な英語をビート米会話流でお願いします。

→→返信:
小原先生 早々に質問の回答、『社長のプログ』 のコーナーで拝見させて
いただきました。 ありがとうございました。また、先生のおほめの言葉、
素直にうれしい限りです。

しかし、現実のアメリカ生活では、『なぜここで言いたいニュアンスが
すんなりと言えないのか?』 『なぜここで書きたいことが電子辞書なしで
スラスラ書けないのか?』 などと自問自答する毎日です。 この点、語学は
ゴルフと同じで非常に奥が深いです。

また、私の視点で率直な質問をさせていただきますのでよろしくお願いします。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-27 15:24
◎ TOEIC Speaking & Writing テスト
2006年5月に実施開始となった新TOEICテストに加えて、2007年1月から
TOEIC Speaking & Writing テストがついに登場します。
TOEICテストの開発・制作機関である Educational Testing System(ETS)
認定のテスト会場で、iBT(Internet-based test)というシステムによって実施
されます。

TOEIC Speaking テスト:問題数 計11問 評価:0~200点
TOEIC Writing テスト:問題数 計8問 評価:0~200点

特にTOEIC Speaking テストでは、Pronunciation(発音)や
Intonation(イントネーション:抑揚)の正確性についても評価されます。

やっと、我々、ビート米会話がこだわる、これらの音の世界にTOEICも突入という
感じがします。欲を言うなら、アクセントの位置にも注意を払って評価していただけると
いいのですが、なぜなら、アクセントの位置によって意味が異なることが往々にして
起きるという事実です。言葉は、言い方次第で微妙なときがあります。

TOEIC Writing テストでは、Eメールの作成問題があり、25~50語程度の
Eメールを読み、返信のメールを作成するというものもあります。また解答時間
30分で与えられたテーマについてエッセイを書くというものも含まれます。


「ビート米会話」は、創立22年。日本を代表する企業様方を対象とした
    法人向け英会話レッスンでは、名古屋を代表する語学学校です。
    英会話のほか、特にTOEIC対策、攻略法では定評があります。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-27 13:40 | ◎TOEIC 関連
□ いじめられている君へ
先日も朝日新聞の記事、「いじめられている君へ」の中から、元NHKアナウンサー
久保純子さんのケースを紹介しましたが、今朝は、プロゴルファーの横峯さくらさん
の場合です。また、この話題を敢えて取り上げた理由は、彼女のお父さんの役割が
私のやり方と酷似しているので記事の一部を紹介します。

小学4年生の頃、ゴルフ場を回るラウンド練習が、土日は割高のため月曜日は
学校を休みの日にして毎週休んで練習していたとのこと。そんな中、男の子たちが
ことあるごとに「お前だけ休むのはズルい!」と意地悪されたとのこと。

学校に行くのがいやで、いやで。悩んでいたとき、その異変に気づいた、二人の姉が
いろいろ話を聞いてくれ、事なきを得た時があったそうです。姉たちから母親、そして
父親の耳に伝わり、その後のお父さんの行為が私の先日お伝えした行為に似ていた
のです。その辺りを一部抜粋紹介します。

いじめた男の子を呼び出して「女の子一人を寄ってたかっていじめるなんて。今度
いじめたら、ただではおかない!」。このけんまくに恐れをなして意地悪はなくなった
そうです。お父さん、お見事!でも子供を月曜日に休ませてはいけませんね。その
あたりは同感できませんが...。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-26 21:57 | □生活の知恵関連
■ アトランタ、Georgia 州に赴任中の元生徒様からお便りが届きました。
小原先生

ご無沙汰しています。 久々の質問 9です。

11月13日付けの社長のプログにコメントされていた『英語の永久保証』
(質問を永久に受け付ける)の言葉に目がとまりました。 まさに、BEAT様
が提供する英語教育への自信と品質の高さを感じます。

我々製造業の社員は入社以来、お客様へ提供する製品の品質・品質保証と
いったことの重要さを徹底的にたたきこまれており、身近な言葉ですが、
BEATさんが実践されているように英語教育等の物的製品でないものにも
そういった形で品質保証ができる点、なるほど!という思いです。

小原のコメント:
気持ちはありがとうございます。喜んでいただけるのは、ありがたいです。
私の気持ちとしては、何も特別な気持ちではなく、地球上の人口が65億人
を今年の2月の時点で突破した今、私どもと英語を通して何かの関わりが
持てた人々と言うのは、奇跡の確率から成り立つと考えます。私の気持ち
としては、この神の仕組みに対する気持ちを感謝したいだけです。

それと、もう一つ英会話を極めるのは時間のかかる仕事です。当然、英会話
研修期間中にすべて達成できるものではないので、私の気持ちは、一度、
ビート米会話の門をくぐっていただいた方々には、できる限りのことをして
差し上げることがこの縁に報いる当然のことではないかと考えています。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-24 17:41 | ■英語関連
□ 久保純子(元NHKアナウンサー)の場合
この一週間ほど前から、子供たちのいじめ対策について各、著名人
の人たちからのアドバイスが朝日新聞の第一面に掲載されています。
「いじめられている君へ」という欄です。

今朝の場合は、久保純子さんでした。外交官?であった父親の関係で
中学時代までイギリスに住んでいたそうです。 そこでは、ある日、
Jap!(日本人を卑下した表現と言われています。あまり、ピンと来ませんが)
と罵声を浴びせられたり、生卵をぶつけられたこともあったそうです。

また、日本に帰国後もクラスメイトからのいじめは続き、帰国子女のような
普通と違う環境で育ったものを差別したがる環境が待っていたそうです。
またある日、教室に最後に一人でいると電気を消されたりしたそうです。

彼女の場合、解決法は両親と話し合い、どうやったら友達ができるかを
話し合ったそうです。そして辿りついた結論は、いつもニコニコ自分から
積極的に話しかけるということでした。

私も中学生のとき九州の宮崎市から長崎市へ転校しました。その時の
ことを思い出してしまいました。そういえば、私もクラスで一人だけ坊主頭で
言葉使いも違い、ターゲットになったという覚えがあります。かなり、いじわる
された記憶があります。授業中、後ろから消しゴムが飛んできたり、その時は
早速相手の顔をなぐり、鼻血が出ていたのを今でも覚えています(この話
はためになる話ではありませんが)。暴力はいけないと女の先生に言われました。

何かにつけ、気に入らないので喧嘩を売られた思い出がたくさんあります。
放課後、帰り道の墓場で待っているからと告げられ、行ってみると4人の
クラスメイトが待っているわけです。結果もためになる話ではないので
止めますが、ただ小さいときから声が大きく動くことが好きで、すぐに仲間が
増えて行った気がします。

久保氏との共通点は、「くじけぬ気持ちと積極性」ではないかという結論に
なりました。 小原家には3人の娘たちがいます。あるとき同級生の男の子
からいじめを受け、私はいじめた彼に直接、電話で強く注意を促し同じことが
続けば、ただではすまないという警告を発し、その後いじめが止まったという
経験もあります。時として、父親が出て行くことも必要ではないかと思います。
これは、学校の問題というより、親の責任範疇であるような気がします。

親は、子供が成人になるまではその責任の自覚をもっと持つべきではないかと
考えています。母子家庭の場合もあるので一概には片付けられないですが...。
子供は成人になるまでにいろいろな困難を乗り越えてこそ、強くなれるという意味でも
それは自分に与えられた試練であると心し、そのことに感謝するくらいの気持ちを
持ってみては如何でしょうか? 誤解を恐れず言いますが、特に、いじめられる
男子生徒の場合は。(もちろん、それに耐えられない子もいるのはわかります。)
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-23 13:27 | □生活の知恵関連
■ 英語に関する質問が届きました。
お世話になります。T 社の□□です。 いつもいつも添削ありがとうございます。
ちょっとしたことなのかもしれませんが、英文メールも中々先生から○をいただけず、
出来の悪い生徒です。

■come とgo の件ですが、私の勘違いでした、すみません。
また、2回目の添削文についてですが質問があります。

”I told my son about the party, but
he said he is very busy and need to study hard ~ ” のように

私も he said that ~ で始まる文(間接話法)を考えましたが、that の後の
時制で迷って、自信がなく以下の

He said " I am very busy because I must study hard ...
の(直接話法)になってしまいました。

先生の添削文では、said の後が
現在形の " is " になっていますが、よろしいのでしょうか?
内容的には現在形でもおかしくないのですが、時制の一致は必要ないのでしょうか?


小原のコメント:
he said he is very busy ... の said の後は、

■said he was/is/will be の3つが考えられます。

まず、was は、ダメ。 パーティーは過去ではないので、後の二つが可能です。

■結論は is がベスト。 理由は、息子さんが気持ちを伝えた時から、
パーティーの日までの継続的時間のスパンを表現できるからです。

■ will be busy ... の場合、パーティーの当日だけを限定していることになります。
つまり、その日は忙しいという気持ちが伝わる表現です。

「時制の一致」は、すべてが過去の話の時、パーティが済んだ後の場合に必要に
なります。

■また、「 have to 」 を 「 need to 」 に訂正したところにも注目してください。

つまり、ここは、息子さんが自主的に勉強しなければいけないという気持ちが
あるので、 「 need to 」 になったのであり、仮に先生に強制されている場合、
外部からのプレッシャーがあるのであれば、「 have to 」 になります。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-21 16:30 | ■英語関連
■ プラダを着た悪魔
■ラブコメディタッチのトレンディファッション映画、実は三週間ほど前から
この映画を観る前から、この映画を生徒様にオススメしていたので、覚えて
いる方もいらっしゃると思います。みんなに宣伝していた手前、早速封切の日、
昨日様子を伺いに行きましたので、その感想をお伝えします。

■ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディは、世界中の女性たちが
死ぬほど憧れる仕事を手に入れる。 それは一流ファッション誌“ランウェイ”の
カリスマ編集長、ミランダのアシスタント。しかし、ミランダの悪魔のような要求の
数々に、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。

というような内容ですが、この映画を英会話を勉強する方々にオススメする
理由は、とにかく日常的に良く使う英会話のフレーズがふんだんに聞こえてくる
ところにあります。 頻度の高い慣用表現は、PowerGram(弊社の参考書)
に出てくるものが驚くほどたくさん聞けます。スピード感のあるアメリカンイングリッシュ
がどれだけ自分の耳に聞こえてくるかを挑戦してみるのにもって来いの映画です。

女性の方、カップルの方、私みたいな団塊の世代の夫婦連れが目立ちましたが
特に女性にとっては、「シャネル、ドルチェ&ガッバーナ、エルメス、ヴァレンチノ」
などのモードの最前線をこれでもかというように楽しませてくれるのは、一つの
見所です。是非、一度ご覧ください。


「ビート米会話」は、創立22年。日本を代表する企業様方を対象とした
    法人向け英会話レッスンでは、名古屋を代表する語学学校です。
    英会話のほか、特にTOEIC対策、攻略法では定評があります。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-20 00:41 | ■英語関連
■ Business Writing Course アンケート結果 #3
2006年11月13日に行われたビジネスライティングのアンケート結果が出ました。

■非常に密度の濃い講義でした。1日では、とても足りないというか
 エッセンスの部分しか聞けなかったので、今後種々分からない点が
 出てくると思いますのでBOMでご教示願います。

■PowerGramが非常に立派な冊子になっていたので、びっくりしました。
 5年くらい前に小原先生の「英会話Basic コース」を受講しましたが、
 その頃は、青い冊子でした。アメリカに赴任した後は、分からない点
 が出てくると思います。その都度先生にメールしますので、今後とも宜しく
 お願いします。

■何事もそうですが、たった7時間の講義のみで上達するわけがない。
 本人の姿勢が重要であると思いました。今後、基礎知識をどう活かしていくかが
 課題だと思います。 今日は、知らないことをたくさん学べる良い機会でした。

■Eメールで記述する英語表現の他、アメリカ英語で使われる表現を
 幅広く説明頂き、有意義な研修となりました。テキストも、ポイントを押さえた
 内容で、今後の活用もできると思います。 講義の展開がスピーディで、
 飽きさせることなくメリハリのある説明を頂け、非常に良い講師でした。

■時々、話が脱線したりしましたが、その話が重要(為になる話)だったり
 することが多く、聞き逃せないものでした。

■熱意ある講義で、ポイントを押さえて説明していただき、大変ためになりました。
 説明が分かりやすかったです。

■PowerGramは要点が詰まっていて、とても良いと思った。 理屈ばかりではなく、
 勉強の仕方などの話も聞けて良かった。 聞かせる講師だと思う。

■講師は非常にパワフルで、講義にメリハリがあって良かった。 また、理解する
 べきポイントも明確に示して頂けたので、解りやすかった。 先生の熱意が伝わり
 集中できた。

■重要なポイントを重点的に扱っていただき、非常に分かりやすかった。自分の
 知らない話がたくさんあり勉強になった。


というような有難いコメント(一部)を戴きました。 皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by powerbeat85 | 2006-11-16 22:51 | ■英語関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.