法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
◎ TOEICリスニングテストPart 3 の対策ポイント:
◎ TOEICリスニングテストPart 3 の対策ポイント:
TOEICの勉強はスコアアップが最終目標ではなく、あくまでも仕事やプライベート
において英語で外国人とコミュニケーションがとれることを最終目標にしなければ
ならないことです。

その意味で、Part 3 の問題を読みこなしておくことは、実践の英語力を身に付ける
ことができる他、より現実に近い会話を男女の自然な会話の中から垣間見ることが
出来ます。私たち日本人にとって話すことと、聴き取ることを比べると、話せるように
なることがいかに難しく険しい道のりであるかということは皆さん、ご存知の通りです。

しかし、会話というのは、常に意思を伝える側と伝えられる側の相反する立場で
会話が成立するわけで、自分にそれだけの実力がついていない場合は、まず、
聞き手の側にまわる事です。

会話は、キャッチボールなので何かを言われたら、それに対して反応しなければ
なりません。その時、反応する側は、相手の言わんとする意味が正しく確認できて
おれば、Yes/No. の類で自分の意見を示すことが出来ます。何も難しい表現を
求められているわけではない場合がほとんどです。

Part 3 の問題では、実際の会話の中で出てくる表現や単語が、選択肢の答えとして
全く異なる表現を正解とする傾向が見られます。以下、その例です。

He wants the report by the end of the day. という会話表現から、
設問は「締め切りはいつか?」という問いかけに対し、選択肢の答えが「Today」を、また
free of charge」という会話表現から、「They won't have to pay for it.」という
正解を求めるなど、要するに、表現を変えることで理解についていけるかどうかを求める
問題がよく出題されます。 語彙力が試されるという傾向は今後も変わらないでしょう。

短い文(単文)から複文、重文の組み合わせをうまく発展させていくことで、より正確な
情報を伝えることが可能になりますが、コツコツと時間をかけて正確な表現を「短い文章
から段々長く」を心がけて英会話力向上のために努力していくことです。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-30 14:04 | ◎TOEIC 関連
▼ ビジネスライティングクラス
昨日は、いつもより早起きしてビジネスライティングクラスに備えました。
朝、9時にスタートして夕方5時に終了。その後5時15分から2時間の
通常英会話レッスンクラスがあり、10時間くらいずっとしゃべりっぱなし
の一日でした。いつものように大きなエネルギッシュな声で話し続ける
わけですから、さすがに最後の15分くらいから喉が痛くなりました。

翌朝(今朝)になると、喉のダメージがあるかと少し心配しましたが、
さすがに22年も話すことを仕事にしているので相当頑丈にできている
ようで全くその影響はみられません。いつもこのくらいの長時間の講義や
講演はやっているので慣れでしょう。これまでに、この程度での影響は
経験がありません。

ところで、性格でよく衝動買いをしますが、先日もテレビでテレビショッピング
案内の商品としてシャワー型マイクロバブル発生器(商品名:ベスティ)と
いうのが気になり、注文していました。100分の5ミリの泡が毛穴の皮脂汚れ
を完全に洗い落とすという宣伝文句に反応してしまいました。

手の甲に油性のマジックを洗い落とすその洗浄能力に驚いてしまいました。
早速、今朝から使い始めたので、その効果の程をまた後日紹介する予定です。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-28 15:13 | ▼Miscellaneous:その他
◎ TOEICリスニングテストPart 1~4 の対策ポイント
◎ TOEICリスニングテストPart 1~4 の対策ポイント:
Part 1 の問題は、意外と点がとりやすいと言われたものですが、残念ながら
新TOEICテストでは20問から半分の10問となってしまいました。Part 4 の問題は、
一番点が取りにくいと言われた問題ですが、これは逆に20問から30問に増えて
しまいました。 従ってこれだけでも新テストにおいてはハンディがあります。

また、これまでは米語100%だったものが前回お伝えしたように、米語の他に
カナダ、イギリス、オセアニアとそれぞれ25%ずつに分けられました。

大きく分類してアメリカ・カナダの英語と、イギリス・オセアニアに分けることが出来ます。
カナダ語も、もともとイギリス系の英語ですが北米の陸続きということから米語と同様、
似たようなサウンドと捉(とら)えることが出来ます。ところがイギリスの音は、いきなり
トーンが高くなり聴きづらいと言えます。これは、米語が(800~3750Hz)であるのに
対して、イギリス英語は(2100~12000Hz)と高周波の音であるという理由があります。
周波数が3~4倍に跳ね上がるのです。

ちなみに日本語は、(125~1500Hz)と言われているので、私たち日本人の耳には
届きにくい音であることは確かです。従って、日頃から高い周波数の音に慣れるという
意識が必要です。また、米英語は日本語と違い単語を一つひとつ拾い読みするよりは、
母音と子音がそれぞれ繋(つな)がる連音と呼ばれる話し方をするのが特徴です。

更に、米英語は日本語と違って強弱が繰り返し発音され、日本語のようにフラット(平ら)
に発音する言語とは違うのです。特に強弱の”弱”の部分が聞き取りにくくなります。

ただ、この弱く発音される部分は、重要ではなく、強く強調される(アクセントの)部分が
最重要であるので、そのポイントを押さえたリスニングの方法に慣れるというのがコツです。

TOEICの問題集付きのテキストは、通常CDが付いているので、一度、問題を解いた後で、
正解できなかった問題を、再度紙に書き落とすというディクテーションをすることです。
冠詞の "a" "the" や "to"、複数の "s" などを聞き落とすのが日本人がよくやるミスです。
正確に聴き取りができるようになるまで、いろいろな文章をたくさん処理してみて下さい。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-26 13:31 | ◎TOEIC 関連
▼ 今日は、Thanksgiving Day です。
今日は、11月の第4木曜日ということで、アメリカ合衆国では年間の一大行事である
「感謝祭」の日です。 これは、ちょうど日本のお盆や正月に相当するものです。
この週末を迎えると、街はクリスマス一色に様変わりします。

アメリカのクリスマスの盛り上がりは、一度体験することをおススメします。最近では
日本でもマニアックな家庭では、家の外回りにクリスマスの飾り(電飾)に力を注ぐところ
もあるようです。私は帰りの電車の中からその景色を眺めるのを楽しみにしています。

私の住んでいたカリフォルニアでは、特に住宅居住区(Residential Area)では、
各家庭での知恵比べみたいなもので、毎年趣向を凝らすアイデアで楽しみます。
従って私は、敢えて仕事帰りの帰宅ルートを変更して遠回りをし、窓越しにクリスマスの
飾りを見て楽しんだものです。勿論、自宅の大きな窓にも周りの近所の人々が見て
楽しめるようにお金をかけてツリーの飾りつけ(ornaments)をしたもので、隣近所の
人達(nextdoor neighbors)に褒められると嬉しかった記憶がよみがえります。

英語の学習法も同じですが、記憶で覚えようとするとすぐに忘れてしまいますが、このように
身体全体で感覚的に吸収した体感は何年経っても忘れないものです。小さなお子様を
お持ちのご家庭では、クリスマスの準備に生のもみの木を用意して、電飾の飾り付けを
してあげれば、子供たちも身体でその喜びを表現できて、大人になってもそのときの感情を
忘れないのもです。特にプラスチックではなく、本物のもみの木は独特の生きた香りを
部屋中に放ちクリスマスムード満点の別世界を繰り広げてくれます。感受性豊かな人間
形成のためにうちの家庭でも子供たちが小さいときからこのような環境を用意したものです。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-22 15:45 | ▼Miscellaneous:その他
■ BOM(無料メルマガ)を始めるチャンスです。
無料メルマガBOM(インターネット英会話レッスン)は、現在9年目に入り、5クルー
目になりました。1クルー(Lesson 1~72)の全てを終了するまでに2年間かかります。
私たち英会話学校、ビート米会話の基本コンセプトは、あくまでも対象を日本人に、
そして、いかに必要な英会話の知識を効率的に短期間に学ぶことが可能かを追求
する学校であると明言しています。そして、その考え方はこれまでも、そしてこれからも
変わりません。先週からLesson1 がスタートしました。

これまで23年近く英会話学校をやってきて、身にしみるほど分かっているいることは、
ほとんどの日本人の皆さんが、それほど多くのことを望んでいるのではなく、急場を
凌(しの)ぐことが出来ればいい、つまりサバイバルの英会話が出来るだけでもいいと
考えている方々が大勢いらっしゃるという現実です。

簡単なことのようなことですが、人それぞれ知識も記憶力も、そしてその学習能力の
容量もスピードも違うということでグループレッスンの限界をいかに軽減するかを毎日
考えています。その攻略のために様々なツールを準備し、作成してきました。出来上がった
ツール(オリジナルテキスト14冊)も一度、出来上がればそれで終わりというわけでは
なく、常に改定を加えながらより精度を高めていくという努力が必要になります。

無料メルマガBOMも、当然のこととしてこれまで、より高い精度を求めて改定を加えて
きました。そして今回から、Part V を追加してTOEICリスニングテストの対策ポイントを
追求していく「TOEIC 対策のためのノウハウ」というコーナーを新たに設けました。
新TOEICテスト受験者のための心得や、各パートごとにその攻略法も紹介していきます。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-20 15:43 | ■英語関連
◎ TOEICリスニングテストPart 2 の対策ポイント
◎ TOEICリスニングテストPart 2 の対策ポイント:
リスニング問題は、リーディング問題と異なり、会話の英語が出題対象となるので
基本的に難しい単語(Big Words)は使用されない。 PowerGram をお持ちの方は、
P47の一番下にあるBasic Big Words で例外となる単語を参照してください。

ただ、単語ベースではそれ程難しくはありませんが、時制関連では「現在完了進行形」
「仮定法現在」など、いわゆる「現在形」より進化した、より複雑な時制の理解が求められ
たり、五文型の中でも最も理解が困難である、その「第五文型の補語」の理解力が
求められたりするので侮れません。

特に、TOEICスコア500点を目標とする受験者は、Part 1は、ほぼ90%の正解を、
そして700点を目標とする受験者は、Part 2の85%正解までを目標とするべきであると
いうことがデータでわかっているので、これを目安として解けるように臨んでください。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-20 13:38 | ◎TOEIC 関連
◎ TOEICリスニングテストPart 3 の対策ポイント
◎TOEICリスニングテストPart 3 の対策ポイント:
会話が放送で流れてくる前に、必ず設問・選択肢を読んでください。余裕のない場合でも、
最低設問は読んでから放送を聴くように心がけてください。

◎冒頭にPart 3 のDirections が読まれるので、その時間は有効に使うようにすること。
つまり、問題の解き方の説明は聞く必要がないので、そのタイミングを利用して先読み
をしておくことが大切です。先読みとは、出来るだけ選択肢の前にある設問の内容を
把握しておくことは大変重要です。Part 3 の問題は、通常男女二人の会話を聞いて、
3つの設問が一組なので、この3つ全ての答えが出揃ってからマークシートに記入すること。

Part 3 の傾向を把握してから臨むこと: 会話の流れから次の3つを視覚化して聴く。
◎対話者同士の関係(店員とお客、上司と部下、友人関係など)、 
◎その場所(店内、社内など)、が会話の内容から予測される 
◎次の行動(レシートを提出する、会議の日程を変更するなど)
をイメージしながら放送の内容を聴く習慣を日頃から身に付けておくことが大切です。

◎基本的に90から95%までが、「設問に登場する単語」と、「設問の正答」とは結びつかない
と言われています。 従って選択肢の中に設問と同じか、同じ響きの「単語や熟語」などが
含まれる場合は、その答えを正解としては避けるのが得策であるということです。

これを、通常「音のトラップ(罠:わな)」と言い、TOEICのひっかけ問題の典型例として
昔から出題されています。 会話に出てくる「固有名詞や数字の表現」をそのまま含む
選択肢は、答えとして極力避けることです。 勿論、意味が正しく聴けていて理解できて
おれば、話は別で例外もあります。単語で理解せずに、文章全体の意味を解釈するという
能力を問う問題です。この「音のトラップ:音トラ」問題は、Part 3 だけに止まらず、
Part 1、2 でも頻繁に見られるものです。

◎もう一つ典型的な形式の問題として、会話に出てくる表現を別の言い方に変えて言い表す
というもの。 例えば、会話の中に「one week」というキーワードが、選択肢の中では「seven days」に変更されるような問題はよく見かけます。 語彙力の問題ということが
言えます。ここに述べた例は、簡単な単語の例ですが、レベルごとに段々難しい単語が使われるので注意してください。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-19 16:31 | ◎TOEIC 関連
■ またまたアメリカから質問が来ました。
相変わらずの素早いご回答ありがとうございました。私はこちらで英語の個人レッスン
を受けているのですが(その先生は日本語は全く話せません)、その先生は2人の
小学生のお子さんがいらっしゃるので、よくお子さんの病気やケガなどで授業が変更に
なったりします。今までは何と言っていいのかわからず、日程変更についてのみ
“It's OK.”とか、“No problem.”などと答えることしかできませんでしたが、これで
お子さんへのいたわりの言葉をかけることができます。ありがとうございました。

■度々で申し訳ないのですが、今日また戸惑ったことがありました。 よろしければ、
それについても教えていただけますか?今日は個人レッスンの先生が我が家に
いらっしゃったのですが、「いい匂いがするけど、何か料理してるの?」と聞かれ、
夕食用に煮豚を煮込んでいた私は、それを説明しようとしたのですが、うまく伝わり
ませんでした。

「煮込む」を和英辞典で調べたら、“stew”と出てきたので
“I'm stewing pork with soy sauce, Japanese sake, sugar…, and
so on.”と答えてみたのですが、どうもスープのような物だと思われてしまったようです。

stewは煮込むというよりは、シチューのような料理を作ることを表すのでしょうか?
煮るといってもboilではおかしい気がしますし・・・小原先生ならどのようにご説明なさい
ますか? 料理に関する単語は本当に難しいです。

またしても、ちまちました質問ですみません。でも、こちらで生活している中で出てくる
疑問は、こういったちまちました疑問の積み重ねのような気がします。取るに足らない
疑問だから・・・と思って解決せずに過ごしてしまい、結局は1年半経っても満足に
自分の伝えたいことも伝えられずにいるんだなぁと思います。ご迷惑かもしれませんが、
よろしければ今後も時々小さな疑問、取るに足らない疑問について質問させてください。
ありがとうございました。

小原のコメント:
折り返し、ケイタイからも 「boil」 がいいと、返事しましたが、
「ぐつぐつと泡を吹いて煮ている状態であれば、boil です。 また、肉が柔らかくなった後で、
火を極弱めにして、煮ているのであれば、「boil」 を simmer(他動詞) で可能です。」

■I'm just boiling pork chops in soy sauce based soup to tenderize them.
「豚肉のぶつ切りを柔らかくするために醤油ベースのスープで煮ているところです」
としましたが、いががですか?
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-16 12:49 | ■英語関連
■ アメリカから届いた近況と質問です。
元、私の英会話教室の生徒様で、現在ご主人がアメリカに赴任中の奥様からメールが
届きました。

こんにちは。元○○の○○です。大変ご無沙汰しております。私がミシガン州にやって
来て、早くも1年半が経ち、2度目の冬を迎えようとしています。 1年半もアメリカで
生活していると、さぞかし英語もペラペラになっているだろうと思われがちですが、
とんでもないことだと実感しています。

確かに、スーパーやレストラン、病院での子どもの定期検診など、決まった会話をする
場面ではあまり困らずに済むようになってきましたが、少し込み入った話になると全く
聞き取れませんし、自分の意思や希望も細かい点まで伝えることができず、情けない
限りです。

自分から能動的にガツガツ勉強する姿勢がないと英語が上達しないというのは、日本
にいてもアメリカにいても同じだなぁと痛感しています。 さて、最近、何と言ったらいい
のだろう・・・という場面に遭遇したのですが、よろしければアドバイスをお願いします。

私の近所の老婦人がとても親切な方で、毎週遊びに来て英語を教えてくださるのですが、
先日その方のお母様が亡くなりました。日本語での「ご愁傷様でした」は、「I'msorry.」
だと聞いていたので、そう言ったのですが、それ以上何と言ったらいいのかわからず
言葉に詰まってしまいました。 「大変でしたね」とか、「急なことで驚きました」とか、
何か気の効いた言葉はありますか?また、ご家族が病気だと聞かされた時には何と
答えたらいいのでしょうか?本人が病気であれば「Take care!」と言うと思うのですが・・・。

未だに初歩段階の質問をしてすみません。なかなかヒアリングが上達しなくて壁に
ぶつかっている状態です。普段生活をしている中で英語を聞いても、実際何と言って
いるか正解が示されるわけではないので、わからないまま、もしくはあやふやなまま
過ぎてしまい、自分のモノにならないんですよね。

もうすぐ2歳になる息子は、大人がやっていることに興味があるお年頃で、私が
辞書やテキストを開くと、すぐに傍に寄って来てめちゃめちゃにしてしまうので、
なかなか思うように勉強することができませんが、少しずつでもがんばって英語の
勉強を続けたいと思っています。また疑問が出てきたら、よかったら質問させてください。
どうもありがとうございました。

私からのコメント:
○○さん、何も自分を責める必要はありません。もちろん、人によって環境も違うし、
個人差もあり目標も違うので、本物の英会話力を身に付けるスピードや容量は違います。
従って、自分が今出来ることを努力しておれば、それでいいのです。

私のケイタイからもすぐに返事をさせていただきましたが、典型的な例は、次の通りです。

■I'm terribly sorry, please accept my deepest sympathy.
If you need anything, please let me know.

が適切ではなかろうかと思います。また、こういうような状況下では、言葉巧みに
いろいろたくさんのことを言うよりも、言葉少なめに表現するのがいいのは、日本語
でも同じです。

家族が病気だと聞かされた時:
■I hope your father gets better.
■I hope your father feels better.

今回のような、生活に密着した情報などが、(特に英語に関するもの)が、これから海外に
赴任する方々にとって為になる話なので、これからもよろしくお願いします。やはり、
話すことより、リスニング力の重要性を感じていらっしゃるようで、これは、学習者に
とって本物です。それでいいのです。 誰でも、この壁に阻まれます。もっとも、話す力は
もっとハードルが高いですが、あきらめずに自分でできることをやっておけば、後で
後悔しないのです。

名古屋は、二、三日前から少し寒くなりましたが、今日はまた暖かくて、日中は20度を
上回るという気象案内を聞きました。また連絡待っています、○○さん!
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-15 13:05 | ■英語関連
◎ TOEICリーディングテストPart 5 の対策ポイント
◎TOEICリーディングテストPart 5 の対策ポイント:
文法力を問う問題と、語彙力(ボキャブラリー)を問う2種類の形式の半々から構成され
ている。 文法問題は、基本知識があれば解ける問題が多いので、ある程度時間を
かければ解ける(勿論、限度があり、1問:30秒までが目安)であると前回お伝えしました。

ただ、この ◎文法力を問う問題と、◎語彙力(ボキャブラリー)を問う2種類と簡単に2つ
に区別できるほど単純ではありません。語彙力(ボキャブラリー)の強化には、コツコツと
努力する時間が勝負です。

でも ◎文法力を問う問題というのが、細かく分類され整理してマスターしないと無駄な時間
を過ごすことになります。それでは、その種類とはどんなものがあるのかを整理してみましょう。

◎現在、弊社ビート米会話の生徒様全員には、文法理解のためのオリジナル参考書
「PowerGram」で、その詳細を説明させていただいていますが、無料メルマガにも対応して
います。

TOEIC文法問題の内訳は:

態(PowerGram Lesson2)、時制(PG Lesson3)の問題、仮定法(PG Lesson3)、
修飾(PG Lesson3&10)、主述の一致(PG Lesson4)、格(PG Lesson4)、
接続詞(PG Lesson6)、パラレリズム(PG Lesson6)、構文(PG Lesson7)、
冠詞(PG Lesson8)、前置詞の問題(PG Lesson8)、数(PG Lesson8)、
関係詞(PG Lesson9)、自動詞・他動詞(PG Lesson10)、準動詞(PG Lesson10)、
比較(PG Lesson10)、慣用表現(Lesson1~10:文法の説明を全て慣用表現で処理)
語形(品詞)(Lesson1~10:)イディオム(Lesson1~10:)

他に、「文脈の問題、語法の問題、指示語の問題、語順の問題」がある。

なお、PowerGram のLesson 1 & 5(発音とリスニングのコツ) が含まれない理由は、
PowerGramが英会話のための文法を基調としているという理由である。それでもTOEIC
のためのポイントをほとんど網羅している。つまり、英語の基本は、英会話でもTOEIC対策
でも同じであるということである。 PowerGram をほぼ理解している方であれば、文法に
強いという意識があり、スコアもそれなりについているハズである。

ただ、PowerGram では、学校では学ばない、私の経験から得た英会話マスターのための
必須知識が多くを占めているので一読願いたい。 これは私の英会話にかける集大成である。
[PR]
by powerbeat85 | 2007-11-12 12:23 | ◎TOEIC 関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.