法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
■ 冠婚葬祭に関する表現。
先日、生徒様から質問を受けました。

知り合いの身内に不幸があったり、結婚式に英語でお祝いの言葉を
掛けなければならなくなった、などというのは必ず人生において必要に
なるものです。他人事のように思っていると、いざ自分がそのような
立場になってようやく気づくものです。

これらの表現は、もちろん定番表現がいくつかありますが、たくさん
覚えておく必要はありません。自分の気に入ったものをいつでも使える
ようにしておくことが必要です。以下生徒様からのメールを一部抜粋。

「~から義妹が亡くなったとのメールが来ました。あさって、会う予定を
延ばしてほしいという連絡なのですが、お悔やみの気持ちを伝えるには
どう言えばいいですか?」

■Please accept my deepest sympathy.
「心からお悔やみ申し上げます。」
これが一番代表的な「お悔やみ表現」です。

■I'm sorry to hear about your sister-in-law's death.
「義妹の方のご不幸をお聞きし、悲しんでおります。(お気の毒に思います)」


更に追加で、もう一言。
■If there's anything I can do for you, let me know.
「私でできることがあれば、言ってください。」

悲しいときには、多くを語る必要はないと思います。以上の ■1+■1 程度の
準備をしておけば、急場は、凌げるはずです。


結婚(式)の「祝福の言葉」の代表は、
■Congratulations!
です。ただ、最後の複数の「s」を平気で忘れる人が後を絶ちません。くれぐれも
忘れないように。後は、いかに気持ちを込めて言えるかどうかです。

昔は、この表現は、男性に対してのみ許される表現である、などということを
聞いたことがあります。理由はこの言葉には、「してやったり」的な意味合いを
含むことから、女性にかける言葉としては適切ではないというものでした。

しかし、今では男女差別をしないという時代なので、このような認識は次第に
なくなり、男女、どちらにもかける祝福の言葉の典型となっています。
[PR]
by powerbeat85 | 2009-03-31 12:26 | ■英語関連
● 健康のバロメータ。
2005-09-01 11:00   血圧は、155/90   体脂肪22.5  かくれ肥満
2007-09-11 13:09  125~128/70~75 体脂肪17.3
2009-03-30 11:00  119~123/70~75 体脂肪14.5

3年半くらい前(2005年9月頃)に私が、自宅から通えるジム、コナミ
スポーツクラブに通い始めた時の血圧、および体脂肪のデータである。
2007年9月以降は、近所に新しいジムである、ルネッサンスに通っています。

過去のデータを3つ並べてみると、特に特別なメニューを組んでやっている
わけではないのに、数字は変化します。ただ、毎週かかさず、土曜日は、昼前後に
ジムに行くことだけを日課にしています。かかさず、というのがポイントで、本人は
楽しみながら続けています。

今年の年賀状にも、書いたのですが、ただ、好きだけの人より、「楽しめる」人と、
いうのが重要な気がします。現在は、60キロのバーベルを20回、3本。これも
徐々に数字を増やしただけで、特に無理をするわけでもなく続けています。

定期的に運動することから受ける恩恵は、ただ気分がいいだけではなく、体調が
いいので精神的にも強くなれ前向きになれるのが大変気に入っています。

下腹が出ることもなく、自然に筋肉のバランスが良くなり、腰痛もなくなり、体脂肪を
落とすことに時間を費やしてきたことを考えれば、食生活を意識しないで食事をする
ことは考えられなくなりました。気がついてみると、アレルギー反応も、軽症から
正常になっているようで、花粉症などの影響は今のところ全く見られなくなりました。

ジムでの運動メニューは15種類ほどありますが、3Kmのジョギングも欠かさず
継続しています。 以上、自慢話のように聞こえますが、健康のバロメータを持つ
ということの大切さを感じる今、皆さんにも是非、なにかバロメータを持つことを
おススメいたします。数字で向上するのを自覚できれば、さらに継続が続くのだと
思います。

分かっていてもなかなか実行できない人が多いのですが、やる価値は十分に
あります。 他にももっと、話したいことがあるのですが、本当に自慢話になるので
このくらいにして、一人でも多くの人に理解してもらえればと思っています。
体調が良くないと、人生は楽しめません。これだけは、確かです。

英語の勉強も、同じだと思います。自分で時間を作りながら、学習することで実力の
アップが自覚できるようになれば、もう誰にもそれを止めることはできません。
半年から一年、一度集中的に英語学習にも取り組んでみてください。
四月は、タイミング的にも最高のときです。
[PR]
by powerbeat85 | 2009-03-30 11:47 | ●健康関連
◎ TOEIC Test Part 2 関連
Part 2 攻略法:

疑問詞で始まる質問文は、①最初が肝心でここを聞き逃すと正答を
導く術を失うので注意しなければなりません。また、②選択肢の中に、
質問文の中に登場した「同音異義語」は、「音の罠:trap」と言われ、
通常「音トラ」として判断して正答としては、避けて置くべきものという
認識は一般的です。

今回は、この当たりのことと、その他をもう一度おさらいします。

#1:疑問詞の「Wh...」「How」から始まる文の注意点
疑問詞を聞き逃すと致命的で、ポイントが分からなくなる。出だしに
細心の注意を!
  「Wh...」 の例文を見てわかるようにポイントが
  明確で分かりやすい。 ただ、「How」は、 にあるように
  「●方法・手段」を問う問題と、「◆程度」を問う問題に二分されます。

「●方法の典型例」:How can I get to the post office? How did you get here?
「郵便局へは、どうやって行けばいいのですか?」「どうやって(交通手段)来たの?」

「◆程度の典型例」「How」の後に「▲形容詞が続く」場合と、「▼副詞が続く」場合がある。
:How far is it to the post office? How old are you?
「郵便局は、どのくらい遠いですか?」「いくつ?: どのくらい年をとっているか?」
.... [far/old: be動詞を伴う、▲形容詞]

:How often does the bus come? .... [often: do動詞(come)を修飾する▼副詞]
「どのくらいしばしば、バスは来ますか?」
:How often do you go to the restaurant? .... [often: do動詞(go)を修飾する▼副詞]
「そのレストランには、どのくらいおきに行くの?」

#2:「Wh...」「How」の疑問文は、情報を聞き出すものなので「情報疑問文」と
   呼ばれるのに対して、「Yes/No」疑問文は「Yes/No」で答える場合が多いので
   そう呼ばれますが、TOEIC の問題では「Are you ...?」「Do you ...?」などの
  「Yes/No」疑問文でも、「Yes/No」が正解でない場合の方が多いので注意。簡単そうな
   問題ほど特に注意が必要である。

#3:「否定疑問文」は、普通の疑問文と同じ感覚で、
Aren't you sleepy? = Are you sleepy?
どちらで訊かれても ⇒ Yes, I am. (or No, I'm not.)
[PR]
by powerbeat85 | 2009-03-23 16:46 | ◎TOEIC 関連
◎ TOEIC Test Part 7 関連
Part 7 は、ビジネス関連の書類(レターやemail)・新聞や雑誌の記事(Articles)・
広告などから問題が作成されています。

前半のシングルパッセージ(1つの文)と、後半部のダブルパッセージ(2つの文の
一節 or 引用部)からなり、それぞれ28問、20問という構成になっています。

ただ、シングルパッセージは、問題文1題につき、2 問 ~4 問と問題の数にバラツキが
あります。一方、ダブルパッセージは、問題数が 5 問 に固定されています。従って、
時間を稼ぐ意味でも、このダブルパッセージを優先することも重要なヒントになります。

Part 7 は、速読の力が求められます。ただ、新TOEICテストでは、文の量が増した
分、難しい単語が少なくなったと言われています。よって、part 5 と 6 を20分以内で
片付け、時間が来たら、part 7 に取り掛かると意外と時間内に全ての問題に目を通し
易くなります。時間さえ確保できれば、正解率が高い問題がたくさん含まれています。
くれぐれもこのことを忘れないように。

今回は、Part 7 で出てきた興味深い話を一つ紹介します。
本文中に以下のヒントとなる文章がありました。

The meeting will be held every third Sunday. とあり、

問題は、
How often do the meetings occur?
(A) Every Sunday
(B) Every day, Monday to Sunday
(C) Once a month
(D) Every three weeks

皆さんは、(C) 「月に一度」を答えとして選択しましたか?実は、この答えを選択した
人が意外と多くいることに気がつきました。

キーワードとなる「every third Sunday」とは、「毎月、第三日曜日」のことではなく、
「三週間に1回の日曜日」のことで、毎月、どの週の日曜日になるかは、前週の流れが
影響してくるのです。

「毎月、第三日曜日」を英語で表現すると: 「the 3rd Sunday of every month」
となり、
仮に、「the 3rd Sunday of the month」と言えば、「その月だけ」の意味になって
しまいます。「of」 の後に、「every month」を入れることが必須になるわけです。

というわけで、正答は、(C) ではなく、(D) 「3週間おきの日曜日」 となります。
[PR]
by powerbeat85 | 2009-03-10 12:42 | ◎TOEIC 関連
● コレストロールについての知識。 #2
コレストロールに善玉、悪玉があるのは、以前紹介しましたが、このLDL
(Low -Density Lipoprotein)低比重リポタンパク、通称悪玉コレストロール
で悩んでいる方は、年齢にかかわりなく意外と多いものです。
信頼ある筋から、以下のデータを受け取りました。何か参考にしてください。

まず、あなたは動物性の脂肪をとりすぎていませんか?植物性脂肪〔オリーブ油、
ごま油、大豆類、落花生、アーモンド〕などは、血液中のコレステロール値や
中性脂肪値を下げる働きがあるらしい。 ただ、とりすぎは善玉コレステロール
まで減らすという報告もあるため注意が必要。

また魚介類〔あじ、いわし、さば、鮭、まぐろ、ぶり、さんま〕などは、血液を
固まりにくくし、動脈硬化や心筋梗塞の予防に役立つ。ということです。

傍目(はため)にも分かりやすいのが、牛肉などは熱が冷めると白く固まるもの
ですが、魚の油は冷めても固まりません。缶詰の牛肉とオイル・サーディーン
(いわし)を比較するとその差は歴然です。つまり、牛肉は固まり、魚は固まりません。
身体の中で脂肪が固まるものと、そうでないものを比較想像するだけでも、自分の
身体に良いものが透けて見えそうです。

食生活に気をつけるのは、健康の基本です。若いうちから関心を持つのが、
どれほどプラスに運ぶかは、年をとってみんなが思うことです。

煙草は、吸わない、食事は腹八分。食べ過ぎない。かまぼこ、竹輪など
練り物などは防腐剤や化学薬品が多く含まれ、食べすぎは身体によくない。
酸化したもの、古いポテトチップスや揚げて時間が経った、インスタントラーメン
などはアレルギーなどを引き起こす原因になっているのはずいぶん昔から
分かっている事実です。それから、私は極力薬も飲まないようにしています。

ただ、血圧が高くてそれを押さえる薬を飲んでいる人は、止めると危険です。
気をつけてください。
[PR]
by powerbeat85 | 2009-03-04 19:39 | ●健康関連
▼ 映画、『オーストラリア』 を観てきました。
週末を利用して久しぶりに映画を観に家族で行って来ました。それにしても日本の冬は
暖かいです。もうこれで雪は降らないのかと思うと、スノーボーダーの私としては、もうこれで
今年もシーズンは終わりかと、寂しい気持ちになってしまいます。今度の週末には、
車のタイヤをスタッドレスからノーマルに履きかえる決心をしました。

さて、映画の批評ですが、私は映画の批評家でも無いし、下手な評価をしてこれから映画を
観たいと思っている人たちに勝手なイメージを吹聴し、映画のストーリー性を損なうこと
だけはしたくないと思うのですが、....

ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演、バズ・ラーマン監督の製作費約130億円を
かけた『オーストラリア』がオーストラリアでも歴代2位の大ヒットとなっている前評判である。

因みにその歴代1位は1986年に『クロコダイル・ダンディ』が記録したそうである。これだけでも
すごいスケールの映画であろうという予測はつく。確かに広大なこの国の巨大さは垣間見れる。
オーストラリアは、私がこれまで行ったことの無い数少ない有名国なので、私にこの国を語る
資格はないことを先に伝えておきます。

この映画の評価は2つに分かれる気がする。期待値がその映画のどこに集中するか、どこに
視点が置かれるかによって、評価が二分されるところである。つまり、私みたいにドキュメンタリー
性を求めていたものには、ちょっと予測が違っていました。何かあのクラッシク、『Gone with
the wind』:風とともに去りぬの、スカーレット・オハラ(ビビアンリー)とニコール・キッドマンが
ダブってしまいました。ストーリーもなぜか酷似していました。

ただ、アボリジニーの生活や文化が今でも残る?地域と理解していたオーストラリアの北部、
ダーウィンの当時の様子や、日本空軍が真珠湾攻撃の後、オーストラリア北部にも飛来して
いたのかという歴史を認識させるシーンもあり、『パールハーバー』を観た時の心の痛みを
また思い出してしまいました。ラブロマンスを求める人には物足りなさを感じる映画であった
気がします。私的には、スケールの大きいオーストラリアをもっと見たかったというのが本音です。
イギリスの植民地の当時の様子が見れたのは収穫でした。
[PR]
by powerbeat85 | 2009-03-02 23:44 | ▼Miscellaneous:その他
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.