法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
訪問です。 良かっ..
by ffffffred000 at 18:31
訪問です。 良かっ..
by ffffffred000 at 16:59
訪問です。 良かっ..
by aosima0714 at 17:15
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
▼ Photos in Palau #2
e0021820_16361548.jpg
ナポレオンフィッシュ目前に現る。さすがパラオです。人見知りしないのが
不思議です。












e0021820_16364678.jpg
















パラオに滞在したのはちょうどバレンタインズデイの直前で、リンゴの
セールを見かけました。アップルパイでも作るのでしょうかねぇ。
LBとはポンドのことで(1ポンド=450グラム)当たり125円のこと。↓
e0021820_16373086.jpg
[PR]
by powerbeat85 | 2010-02-23 16:38 | ▼Miscellaneous:その他
▼ 今年、初スノボにトライしてきました。
今年は例年になく積雪があり、自宅から40分の場所に数か所の
スキーゲレンデがあるのですが、良い噂を聞き、10年ぶりくらいに
そのうちの一つである「揖斐高原スキー場」に行ってきました。何と
積雪170センチ。気温零度。ストレス解消には最高でした。前日には
降雪があり、日曜日当日は最高の雪質でした。翌日は月曜日なので、
土曜日ほどには混まないのではないかと推測しています。土曜日より
狙い目だと思います。インターネットで平日、休日でも500円の割引
が効き、リフト代金2500円。10時くらいに到着してリフト10本。
帰りの長距離運転の必要もなく、私には病みつきになりそうです。
もう少し早く、気づいておれば良かったと後悔しています。
e0021820_1136293.jpg


















e0021820_1634577.jpg


















e0021820_16342521.jpg


















e0021820_16344145.jpg
[PR]
by powerbeat85 | 2010-02-22 16:36 | ▼Miscellaneous:その他
▼ Photos in Palau in 2010
e0021820_13163894.jpg

ボートダイビング初日:初めてのパラオはどんな顔をしているのか楽しみと、
久しぶりのダイビングで少し不安。今回お世話になったショップ名:Sam's Tours
最高のもてなしでした。
ポイントまで高速のスピードボートで約一時間。



e0021820_13181480.jpg
西表(いりおもて)島でマンタを見る機会に恵まれたのですが、残念ながらとうとうマンタに遭遇することは出来ませんでした。今回初めてマンタに出会うことが出来ました。海底で20分前後待ち受けている間に、3匹ばらばらに目の前を通り過ぎていきました。最後の1匹は我々の周りを回遊するようにダイバー達に興味を寄せているかのようでした。at German Channel
e0021820_1319697.jpg
パラオの観光スポット、Milky Way にて。美肌効果があるとかで、化粧品として実際にお店で売っていました。海底に白く写る正体は、珊瑚の粉とナマコのフン?他のミネラルを含んでいるため、皮膚に良いとのことでした。 at Milky Way↓←


e0021820_13193068.jpg

海底およそ3メートルに沈殿する、白い泥を体中に塗りました。無料なのでみんな欲張りです。










e0021820_13203937.jpg

   メジロザメは毎日のように、あちこちで遭遇しました。ガイドさん曰く、Don't worry, they are all vegetarians. 全長3メートル。かまぼこの材料となるので、実は人間がこのサメを食べているのです。



e0021820_13241972.jpg
魚影の多さでは世界一のパラオ。バラクーダやギンガメアジのとてつもない大きさの群れに遭遇したときには圧倒されてしまい、しばらくこの世のものとは思えない光景を目の当たりにして呆然としてしまいました。
at Blue Corner

カレントフックを岩にかけ、海流に浮かぶ凧のようです。→
ドリフトダイビング ↓














e0021820_1533073.jpg
[PR]
by powerbeat85 | 2010-02-17 15:37 | ▼Miscellaneous:その他
▼ SCUBA Diving in Palau
スキューバを始めてちょうど20年になります。冬はスノボ、夏はスキューバ
と決めてこれまでやってきましたが、むすめたちをどこかに連れて行くなら
ダイバーの憧れであり、メッカのパラオと決めていました。というわけで、
先週、娘たち3人を含め5人でミクロネシアの独立国パラオに行ってきました。
Republic of Palau (Western Caroline Islands) は私の73番目の訪問国。

パラオは、日本の真南に位置しているため時差がありません。ただ、名古屋の
セントレア空港から直行便がなく、11:30A.M. に出発、Guam、ヤップ島
を経由Transit しながら、目的地パラオのKoror 空港に着いたのが22:25。
一日がかりです。
e0021820_1632013.jpg



















今回、お世話になったのは、地元の老舗ダイブショップ、サムズツアーズ。
アメリカ人のオーナーだそうですが、日本人スタッフの尾崎さんと松尾さんに
大変お世話になりました。日本人の気持ちを一番理解してくれるきめ細やかな
心配りは娘たちの要望を満足させるものに十分でした。今回サムズさん選択の
決めては、インターネットでいろいろ調べていて評判が良かったのです。
次回は、Under the Sea in the Rock Islands in Palau の写真を公開します。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-02-16 08:41 | ▼Miscellaneous:その他
■ 「it」を伴う慣用表現について
「it」とは、「the ~」の代名詞であるというのは、ビートでは常識です。
What time is it? (it = the time now)
などがありますが、他にもたくさん慣用表現があります。

Step on it! (it = the gas pedal)、つまり「the accelerator」のこと
です。「アクセルを踏み込んで!」とは、「スピードを上げて!」「急いで!」
の意味。
そしてこの慣用表現は、実際に車に乗っているときだけに限らず、仕事のペース
を上げてという場面でも使えます。

このように、慣用表現は、語源のエピソードを理解することなしには、全く歯が
立たないのです。

I can't stand it. (it = the situation that someone is in now)
「人が今いる状況に耐えられない」⇒「我慢できない」

Leave it to me.「私に任せといて!」
I knew it.「やっぱり!」
You blew it!「台無しだわ!」
Come to think of it, ... 「それを考えてみると.....」
You said it. 「あなたの言う通りだ。」

Darn it! I'm late again.「あーぁ、また遅刻だ。」
I doubt it.「それは、どうかな?」
No doubt about it. 「疑う余地はない。」
I can't help it! 「仕方がない。」

数限りなくありますが、それぞれ「it」という代名詞の背景を知らないと
理解できないのが特徴です。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-02-07 17:25 | ■英語関連
● 過剰な医療と投薬が免疫力を失くす。
私が健康に異常に関心があり、健康オタクであるというのは私の周りの
人々には、つとに有名な話ではあるが元々生まれながらに健康体である。

私の歯は、中学生の時から虫歯がありません。半年に一度は歯石を取る
ようにしていますが、歯医者にお世話になったのはアメリカに留学して
いる時に親知らずを一度に三本抜いてもらったのが一番の事件でした。

また胃腸も母親譲りで、かなり丈夫で健康的です。帰国時に、同じサラダ
パンを食べた会社の同僚が中毒した時も私は平気な顔をして呆れられた。
アメリカで食中毒になった時も、シュリンプカクテルを一緒に食べた友人
は入院したのに私は自宅で耐えた(お金がないのと、病院に行く習慣が
なかったから)。便秘をした記憶があまりなく、毎日快便です。

帰国後に入社した会社の海外出張で、韓国に一週間滞在した時も同行した
田村課長は、トウガラシやニンニクの多量な摂り過ぎによる体のむくみで
入院した時も、同じ食事をしていた私は全く平気でした。

ブログでお伝えしたいポイントは、なぜこういうことが可能なのだろうか
という点です。実は私は、小学生の時から薬を飲むことをしません。父親
の影響で薬を飲むなという、言い伝えを守っているだけです。病気で病院
に行くことはありません。

小児科医、毛利子来(もうりたねき)医師の話に重要なことが書いてあり
ました。日本は薬も飲みすぎ、頼り過ぎという記事がありました。あれだけ
騒いだタミフルは、日本が世界の消費の8割。異常です。騒ぎ過ぎです。

薬を乱用すると耐性ウイルスも発生し、悪循環であるそうです。現代医学の
考え方は、免疫力をつけて体を菌に対して強くする治療法より、菌を殺す
抗生物質を摂取した方が楽であるし、医者としても儲かる。薬でウイルスの
増殖を抑えると免疫が十分にできない。だから、何度でも同じ感染を受ける。

小児科医の毛利医師の話でショッキングなのは、小児科医は殆どインフル
エンザを持っているということです。子供が目の前でくしゃみをするから
うつされる。でも発病しない。検査で鼻やのどを調べると、陽性が出るが
何ともない。

薬を飲む習慣と病院にお世話になる習慣を減らせば、発病する頻度も減らす
ことができる、これが真理です。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-02-07 11:37 | ●健康関連
■ This is it!
昨年6月に米人歌手マイケル・ジャクソンさん(当時50歳)が急死した。
その後のCDやDVDの売り上げはすさまじいものがあり、売り上げ記録を
更新している。さて半年過ぎた今、みんなの疑問が浮上しています。
またその疑問とは同じものです。みんなが疑問に思う問題も同じタイミング
で現れるものなのですね。この一週間で同じ質問を3回受けました。

その質問とは、誰でも今では知っている、「this is it.」、とは何か?という
ものです。

ビート米会話のPowerGram レッスンを受けている人なら常識の話ですが、
「this is it.」:今回の質問は、「this」「it」という代名詞が何を意味する
のかが想像できないから疑問に思うのです。

でも本来、代名詞で表現するということは、敢えて本名詞を使わなくても、
話す人、聞く人のお互いがその代名詞が何を意味するのか理解できているから
可能なのです。しかし私たち、日本人にはそれがわかりにくいのです。

「it」とは「the ~」であることはビートでは、常識。答えから先に紹介します。
ロンドンコンサートを最後に、「もう二度と公演はしない」と、断言していた
マイケルの決意である背景を理解できていないとわからない話です。

「This is the last concert. = This is it.」「これで最後、これっきり」なの
です。「This is it.」には、他の意味もあり、「これが、そうだね」「ここが
そう(目的の場所)ね」などと、探して(捜して)いたものがついに見つかった
時にも使えます。

発音にも注意してください。きちんと発音しないと感情が伝わりません。
「This i/s it.」後ろにアクセント。Beat Patterns #2です。

「it」を含む慣用表現は、他にもたくさんあります。
「That's it.」「Can you make it?」「It's worth it.」それぞれ英英辞典で
調べてください。疑問に思ったときが、私に質問するタイミングです。
興味が湧かなければ、まだ、その意味を覚えるタイミングではないのです。
次回、「it」を含む慣用表現をまとめてみます。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-02-06 08:55 | ■英語関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.