法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
■ BOM 無料メールマガアンケートに関して。
昨年、11月11日でBOM配信、10周年を迎えアンケート調査を
実施しています。会員の方で、まだ、アンケートに返信いただいて
いない方、是非ご意見をお寄せください。可能な限り、皆様に喜んで
いただけるように努力して参りたいと考えています。

お褒めの内容のものは、私を大変勇気付けるもので、これからも益々
頑張ろうという気持ちにさせられます。たくさんの喜びの文面を
一つひとつ読ませていただく度にありがたく、より一層のパワーが
溢れてくるのを感じます。また、お叱りのご意見や、提案のご意見も
たくさんいただいています。真摯に受け止め、できるところから調整
していきたいと思います。そのためのアンケートですから。
=========================================

以下、ご意見の一部を抜粋しました。破線の下は、私のコメントです。


■ 海外に駐在しているため、日常何気なく使うような英会話をもっと
覚えたいです。(初心者向けのものだと有難いです)

■ この6月でミシガンでの生活も4年を迎えましたが、9月初旬に
帰国することになりました。こちらに来る前に思い描いていたよう
には英語が上達しませんでしたが、こちらでの生活をとても楽しむ
ことができました。日本に帰ったら英語に触れる機会が激減して
しまうので、今まで以上にBOMを活用させていただきたいと思い
ます。

■ 語学は繰り返しが重要だという事を、授業やBOMを通じて改めて
学びました。
------------------------------------------------------------------------
大変残念なご意見です。音声データに関して、改善を図るというのが
今回のアンケート実施の主旨でもあります。このような内容のメール
をいただくことがありますが、FAQにも案内していますが、ご利用の
プロバイダーとの契約によっては、重量が重過ぎるため、音声ソフト
のRealPlayerをインストールできない場合があるということがわか
っています。

■ 濃い内容のメールをいつも配信して頂いて、ありがとうございます。
メルマガを利用しながら、英語学習を継続させて頂いておりますので、
感謝しております。<(_ _)>

■ PartIII の更なる充実。(スラング含め) 慣用表現を知らないと、
言いたいことを的確に表現できないだけでなく、それを言われた時
にも???となってしまう。

■ ゆっくりと見ることが出来ないときも多いですが、これは…と思う
内容は書き留めています。英会話の勉強には終りはありません。
毎回毎回、新しい発見の連続です。

■ 無料で配信してもらえるので、とても重宝しています。ただし、
長年見ていると、少し内容が単調と感じてしまうので、英語学習に
まつわるコラムのようなのもがあると、もっと興味が出ると思います。
これからもより良い配信期待しています。

■ いつも楽しみにしています。これからも頑張って送信してください。
リアルプレーヤーより、Windowsメディアプレーヤーにしていただ
けると助かります。
--------------------------------------------------------------------------
Windowsメディアプレーヤーへの変更転換を現在、検討中です。


■ アンケート調査が実施できたことを喜んでおります。データの集約、
活用を通じて「BOM会員増」にご協力をしたいと考えております。

■ 以前企業内の英会話の受講をさせて頂いて依頼未だにわからないこと
があるとBOMの教科書を参考にさせてもらってます。基本ができて
いない自分にとってBOMは本当にわかりやすいと思っています。
これからも参考にさせてもらいます。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-30 13:49 | ■英語関連
▼ 日本だより
今年の梅雨は、意外と雨が多く、雨不足の心配はなさそうです。降るときに
どっと降るという感じです。昨日も、名古屋地域は出社時間に土砂降りで、
みんなびしょぬれでした。

今日は、打って変わって晴天、青空がカリフォルニアを思い出させるので
思わず写真を撮りました。見て下さい。今日は、名中部、関東地域は日中、
洗濯日和だそうです。梅雨時期のほっとする一日が過ごせました。布団を
外に干した人がたくさんいたのではないでしょうか?最高気温32度という
ことでした。
e0021820_16405762.jpg
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-24 16:41 | ▼Miscellaneous:その他
● 私のストレス解消法
独立して会社を始めて25年が過ぎました。最初は、訳も分からず、
がむしゃらで、週に7日間、朝から晩まで休みなく働いていました。
そして15年くらい前に、ついにダウンして二週間入院したことが
あります。今の私を知っている人なら、信じられない話です。

その後、週休二日を続けるようになりましたが、それまでは若さに
任せて突っ走っていたのです。

しかし、少しずつ運動不足がたたり、花粉症や腰痛を患うように
なりました。

ある日気付いたことがあります。それは、どんなに腰痛がひどくても、
好きなスキューバ(SCUBA)をやる時には、重いエアタンクを背負って
のビーチエントリーも気にならず、真冬に腰痛があっても、好きな
スノーボードをやる時は問題なく楽しめるのです。3年前からジムへ
通い続けるようになるまでは、腰痛が常でしたが、好きなことをやる
と、腰痛のことなどどこかへ行ってしまうのです。体調不良で、遊び
をキャンセルした覚えがありません。

どうしてそんなことが出来るのか、本当に不思議でした。旅行も好き
で、過去30年間、毎年、海外旅行を続けています。特に私はハワイ
が大好きでこの10年間は、ハワイは欠かさず行くことにしています。

どんなに体調が悪くても、ホノルル空港へ到着すると直ぐに私の体調
がV字回復するのです。理由は、ストレス解消が出来るということが
わかったのです。ハワイには、プルメリアの香りの空気が流れ、心地
良い気候があります。常夏の国は、真夏でもとにかく涼しいのです。
ハンカチは必要ありません。人の五感を心地よくさせる何かがあるよ
うな気がします。視界には、美しい海やヤシの木など目の保養ポイント
がたくさんあります。耳には優しいハワイアンソングがどこかしこに
流れています。五感を再生するものがあるのでしょう。

今回、ブログにこの事を書きたいと思わせるきっかけとなった記事が
ありました。ある会社の社長の実話です。(以下、その内容)

医師に入院するように言われたものの、「今、自分が倒れたら、会社
もダメになってしまう」と思い、通院で治療を開始。2日に一回注射を
打ち、毎食後の薬の服用はかかせませんでした。一年半経っても、一
向によくなりませんでした。それが一週間、ハワイへ出かけたことで、
すっかりよくなってしまった、という話です。会社を経営するのは、
思った以上にストレスのかかる仕事なのです。
ハワイには、身体をオーバーホールしてくれる魔力があるのは確かです。

S. Obara/ Beat Inc.
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-21 22:57 | ●健康関連
▼ Farewell Party
Tsuchiya Evening Class:
e0021820_1711385.jpg

[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-18 17:02 | ▼Miscellaneous:その他
● 血管年齢を若く保つ
血管年齢を若く保つことと、長寿の秘訣はお互い相通じるところ
があります。そこで、血管をいつまでも若く保つためには何が
大切なのでしょう。

私たちは、気が付かないうちに毎日の食生活やライフスタイルは、
人それぞれ、決まったパターンに定着し、それが悪習慣であれば、
生活習慣病へ直行ということになってしまいます。

20代、30代では、あまり健康に関心を持たないものですが、
普通、35歳を過ぎることから、会社の健康診断に異常が見られ、
再検査や要注意の指導を受けるようになります。

このような決まりきったパターンにはまらないようにするため、
日頃から、正しい生活パターンを築くことに関心を持って臨むこと
が必要です。

①血管内皮細胞に良い食生活をする
②適度な有酸素運動をする
③喫煙や暴飲暴食をやめ、ストレスのない生活をおくる
④高血圧症や糖尿病、高脂血症のある方は、きちんと治療を受ける

①血栓形成を予防するDHA(ドコサヘキサエン酸)を豊富に含む
 青魚:いわし、サンマ、アジを食べる
● 豆腐や納豆など、良質なたんぱく質を摂る。LDLコレストロール
 の酸化を防ぎ、血管壁にできる粥腫ができるのを防ぐ

食物繊維を摂る:
● 水溶性食物繊維:海藻類・こんにゃくは、血液中のコレストロール
 を下げ、酸化や炎症を抑える
● 不溶性食物繊維:ゴボウ、キノコ類は食物の吸収を緩やかにし、
 血糖値の急激な上昇を防ぐ

緑黄色野菜:カロチン、リコピン、ポリフェノールなどは、坑酸化
作用があり、体内の活性酸素を除くことで動脈硬化を防ぐ。

②ウォーキングや水泳のような有酸素運動は、血流を促し、動脈硬化
ができにくい環境を作る。

日本食は、脂肪摂取においては、洋食より優れているが、塩分摂取の
面からはナトリウムの取りすぎが問題である。塩分の摂りすぎが血管
を傷める原因になるので、バナナなどのカリウムを摂ることで、摂り
過ぎた塩分やナトリウム分を尿として排泄しやすくする。
塩分の摂りすぎには、バナナ。これが合言葉です。我が家には常時、
バナナは食卓に置いてあります。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-18 14:49 | ●健康関連
□ 日本だより 九州梅雨入り宣言と菅総理の所信表明演説
菅総理の所信表明演説が一昨日ありました。骨子は以下の通り。

「強い経済」
   ↓
「強い財政」
   ↓
「強い社会保障」
の一体化実現を掲げている。

日本は今、国民の預金残高を当てに、赤字国債を発行し続けて
財政赤字の額は、GDPの2倍近くになって来ている。恐ろしい
ことです。このままでは、国は破綻し、IMFの管理下に入らないと
自力ではどうにもならないようなところまで来ている。

与党、野党ともに目先の選挙のための人気取りをやっている場合
ではない。少子高齢化は歯止めがきかず、まったく改善されては
いない。強い国家造りのために自民、民主の両党が党派を越えた
協議を急ぎ、優先順位を決めて欲しい。その優先順に「消費税」の
増税と「法人税」の減税は必須で誰の目にも明らかなはずなのに。

この二つがうまくいけば、財源の確保ができる。そして、日本の
企業に元気が戻り、雇用も促進できる。菅さんの言う「強い社会
保障」の実現には、やらなければいけないことを先にやる。これ
しかないと思う。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-13 10:20 | □生活の知恵関連
□ 明日の日本を真剣に憂える
過去10年間でアメリカの大学へ留学する生徒の数が60%減と
激減しているそうです。(信用できるデータかどうかは不明ですが)
この数字は別として、激減しているのは間違いなさそうです。
今年のハーバード大学の新入生は、日本人はたったの一人である
という記事を見つけました。

2008年の統計によると、インドからの留学生がトップで10万
人を超え、中国が9万8000人。韓国が7万5000人。日本は、
2万9600人。

日本はアメリカから、「ピース鎖国」と呼ばれているそうです。つまり
日本の若者は、何の不自由もなく、今の現状に満足し、ハングリー精神
に欠けるので状国外に出たがらないようです。でもこの留学生の減少
には危機感を感じます。

相変わらず日本は「モノ作りで今後も安泰」という考えが一般的ですが、
現実はそうではありません。韓国や中国がすぐ後ろにピッタリついて
来ていたのが、いつの間にか、前を通り過ぎて行った分野もあります。
このままだと、確実に日本は追いつかれてしまいます。

このまま行けば日本は孤立してしまいます。鳩山さんが、「Trust me! :
信用してくれ!」と言って、何もできなかったのを受けて、オバマ大統領は、
非公式の会談を10分間しか持たなかった、とか、政治外交のシーンでも、
ほとんど日本との接触を無視して中国との真剣交渉に入るというニュース
を最近、たびたび聞くようになりました。相手にされなくなっているのです。

アメリカにとって重要視している国は、イギリス、そしてカナダ、中国、
日本という順のデータ(米シカゴ・カウンシル「Global View 2008」)が示す
ように、日本人が思うようにアメリカ人は日本に関心をもっていないのです。

アメリカは一時より衰えたとはいえ、移民の国。ハングリー精神の集合体
がアメリカです。経済でも民主主義でもいまだに断トツの世界一です。

この国から学ぶものは昔も今も変わりありません。ソフトバンクの孫社長や、
楽天の三木谷社長がアメリカでの留学組の代表ですが、このようなハングリー
でビッグショット(Big Shot)の人材が今後、現れるのはあまり期待できない
ような気がするのは私だけでしょうか?

注:「憂える」=「心配する」「心もとなく思う」
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-10 00:29 | □生活の知恵関連
□ 日本だより
今朝は、今年初めて空に「入道雲」を見つけました。いよいよ夏ですね。
というよりも、まだ梅雨入りが宣言されていないので、じめじめした
季節がじわじわ、やってくるのを感じます。通勤途中の車窓からは、水を
張った田んぼに一斉に田植えが始まり、夜は夜行性蛙の大合唱です。

昨日から、私は半袖で会社に出て来ていますが、電車の中でもちらほら
半袖姿のサラリーマンを見かけるようになってきました。

日本の最大の話題は、日本の総理大臣、菅直人氏率いる新しい内閣閣僚が
発表されました。今度は、うまく長続きして欲しいものです。

ニュースを見た限りの私の予想では、参院選挙後に消費税が引き上げられ、
法人税が少し、(期待を込めて)下がりそうな気がします。結果はどうなる
でしょうか? マニュフェストは、一つも守られないで、公約とは程遠い
ものになってしまいそうです。でも消費税の増税無しに、財源は見当たらず
仕方ないとみんな思っているのではないでしょうか?このままでは日本は、
破綻しそうです。
e0021820_16154511.jpg

[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-09 16:35 | □生活の知恵関連
■ 私の選んだ日常会話表現 #4 
①Thanks for remembering. 「覚えてくれてて有難う」(誕生日)
②Let's not talk about age. 「年のこと話すの、よそうよ」
③Do you know what day it is today? 「今日は、何の日だかわかる?」
④It's good enough, isn't it? 「それで十分じゃない?」
⑤I don't have any complaints.. 「何も文句ありません」
解説----------------------------------------------------------------------
① cf. Thanks for calling. 「電話有難う」
②「not」の位置に注意

④ enough: 副詞。例外の副詞で、すぐ前の「形容詞」を修飾する例外
⑤「any +...s」: 「any」の後に名詞が続く場合は、「複数形」をとる


①The headquarters is in Nagoya. 「本社は名古屋にあります」
②Your work looks pretty tough. 「お仕事、結構キツそうですね」
③Let's have a little meeting. 「ちょっと、打ち合わせをしましょう」
④Would you like a cup of coffee? 「コーヒ一杯、どうですか?」
⑤---That's just what I wanted. 「ちょうど飲みたかったの」
解説-----------------------------------------------------------------------
①「headquarters」は、「集合名詞」で単数扱い
②「work」は、ゼロ冠詞。「pretty:副詞」は直後の「形容詞」を修飾する
③「have a meeting」:会議をする。「have a party」:パーティをする
④「Would you like」=「Do you want」の丁寧形
⑤「just:副詞」は、直後の名詞節(what I wanted)を修飾している


①You take it black, right? 「あなた、ブラックでいいんだよね?」(コーヒー)
②I'm going out to eat. 「食事、行ってきます」
③I wanna go home at regular quitting time. 「定時で帰りたいの」
④What's your opinion on this issue? 「この件に関するあなたの意見は?」
⑤Can you explain in more detail? 「もう少し詳しく説明してください」
解説------------------------------------------------------------------------
①「S+V+O+C」。「C」=形容詞:状態。現在形は、習慣:「いつも~を飲む」
②「to eat」:~するために「副詞的用法」、動詞(go)を修飾している
③「quitting time」:止める時間 「=time for quitting」:「quitting」/名詞
④「on」:~に関する
⑤「in more detail」: 慣用句「詳細を」
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-07 15:36 | ■英語関連
■ アメリカの大学のキャンパスライフの空気に触れてきました。
e0021820_18242466.jpg
e0021820_18251631.jpg
昨日、名古屋市内の某大学にて、アメリカ、アトランタの大学からの教授および
生徒様たちとの国際交流の一環で、通訳の仕事で行って来ました。久しぶりに
ライブのプレゼン、意見交換の場に4時間缶詰で、アメリカ英語の嵐の中に
身を置いてきました。これ以上速く話せないというくらいのスピードで話す
彼らは、母国語で話すだけあって日本の大学生には、聴き取るだけでかなりの
ハードルの高さではなかったかと思いました。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-06-04 18:25 | ■英語関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.