法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■ 英会話が上手くなる手順。
本日、今年最後のレッスンでした。今日は、プライベートの
レッスンが1本ありましたが、その生徒様から素朴なご質問
がありました。

どうやったら、先生みたいに発音が上手くなれますか、という
ことでしたが、日本人としては発音が上手い、ということだと
思います。私の評価する上手な発音は、声の出し方、強さに
あると思います。腹式呼吸であり、ゆっくり発音しても正確に
発音できる人です。速く発音してごまかすことのないように。

ビート米会話の英語は、異常なくらいに発音にこだわります。
その理由は、英会話の基準はリスニングだからです。そして、
自分の発音と近い発音が聞こえれば、当然相手の音が聞き取り
安くなるからです。

発音とは、つまり、単なる単語の発音ではなく、単語と単語の
繋がりが産み出す連音、リエゾンの法則性。そして、アクセント
の位置、イントネーション(抑揚)のルール。最後に私が一番
重要視している文のリズム(ビートパターン:BEAT Patterns)
です。これらの全てを頭の理解ではなく、身体で身につけること
が必要です。要するに自分の口で声を出して覚えておくことが
必要となります。

そのためには、日頃から以下の手順で地道な努力をするしか
他には解決策はありません。
-----------------------------------------------
  
#1:正しい発音(ナチュラルスピードの標準語)のCDを聴き
 それを書きとる習慣をつけてください。全てのダイアローグ
(対話文)を書きとる必要はありません。聴いていて、自分が
 理解できる表現の中で、自分の素直な気持ちから、この表現を
 覚えたいという対象のものを選択してください。

#2:次にスクリプト(原稿)を確認し、聴き取れていない細か
 な部分をチェックする。特に、複数のs が抜けていたり、冠詞
 のa や the は要注意です。さらに、to や -ed などもよく聞き
 逃しやすいものです。

#3:最後に、目標を決めたら、できるだけ感情を込めて発音
 る努力をしてください。英語を覚える手順は、先ず、聴いて
 瞬時に意味が理解できることです。時間ラグがない程度に、
 理解できるまでCDを聴き続けてください。

#4:選択の対象とする表現は、短いものや長いもの、また同じ
 ものであっても全く構いません。同じものを何回も書くのは
 無駄の様ですが、実は、これこそ、慣用表現と呼ばれるもの
 であることが自覚できるのです。

反復の回数の目安は、時々紹介していますが、大脳生理学的には
7回反復しないと身に付かないといわれているので、この7回を
目安にしましょう。連続で7回ではなく、時間差を置き、できる
だけ短期間に処理するのが効果的だと思います。

最後に、英語をものに出来る人と出来ない人の違いは、
周りから言われて英語をやるのではなく、自主的、主体的行動
をとれるか、とれないかの違いだと思います。やりたい人は、
応援します。楽しく続けられるように頑張りましょう。

私の11年間に渡る、無料メルマガBOMは、易しい基本単語から
構成された基本表現を使って日常会話の基本が、わかるように
なっています。ホームページのトップページ、BOMから登録ください。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-12-28 23:25 | ■英語関連
● アルツハイマー、早期発見の重要性。
最近は、特にツイッターばかりで発信し続けているので、ブログ経由の
発信が疎かになっています。気が付けば今年も既に20日を過ぎ、残り
10日となりました。申し訳ありません。

先日、NHKの番組でこんな大切な話をしていました。まとめてみました。

高齢化の日本社会に避けて通れないのが、高齢者の介護。介護者にとって
厄介なのが認知症患者の世話である。今回の話は、認知症の中でも、アル
ツハイマー型認知症の話でした。

薬学の世界は、この10年で飛躍的な進歩がみられ、知識があるかないか
では大きな違いが出るという話。

結論から言うと、「塩酸ドネペジル」という薬があり、これを服用すると、
進行を止めることが出来る。実例もあり、紹介されていました。10年間、
殆ど進行がみられないとのこと。

進行が進めば、介護者も疲弊してしまう暴力行為や不潔行為。そのような
最重度の状態になる前の「早期発見」ができれば、入院しなくてもすむ事
がわかって来た。

全て自分一人で何とかしようと、張り切ることを止め、60点の介護で十
分。そして、今は、「助けて」と言えば、助けてくれるシステムが全国の
地域に生活支援団体があるので、それに頼って欲しいという話でした。
最後に来年中に、この手の新種の薬が新たに2つ出ることが発表されている
そうです。皆、他人ごとではないので、楽しみですね。

問い合せ先:
認知症の人と家族の会
0120-294-456
(平日午前10時~午後3時)

Shin-Ichi Obara : BEAT Inc.
[PR]
by powerbeat85 | 2010-12-22 00:41 | ●健康関連
● 冷えを防ぎ、体を温める
女性の冷え性は、有名であるが、男性の冷え性は意外と軽視されやすい。
今年の夏は、異常な暑さでつい最近まで「何だこの暑さは、もう11月だと
いうのに!」と言っていたのを覚えています。

本来、人間には気温の変化に左右されずに体温を一定に保つ仕組みが
備わっている。暑ければ発汗を促し、呼吸を盛んにし、血管を広げて熱を
放散する。寒くなると血管を収縮させ体温の低下を防ぐ。

ところがこの調節をする自律神経が、あまりに暑い日が続いたために
例年になく、異常に困っている人が多いそうである。体熱を上げるには、
筋肉がその役割を担っているが、運動不足が多い現代人は、当然の
結果とみることができる。

以前も平熱の低下という話をしたことがありますが、免疫性が低下する
という同じ記事をまた見つけました。
その結果、風邪も引きやすくなりますが、頭痛、肩こり、腰痛など体の
トラブルから高血圧、糖尿病、脂質異常症まで、更に癌の原因にもなる
という冷え性。侮っていてはいけないということで、皆さん、わかっていても
実行できないでしょうが、早く目覚めてください。

週末は、さっそくジム行きの手続きをしてください。病気をして、辛い思いや
痛い思いをするくらいなら、安い投資だと思います。私はジム通いと始めて
もう4年以上なるような気がします。欠かさず通い続けています。特に体温が
36度以下の人は、それ以上になることを目標にしてみてください。
36度以下の人は、要注意です。

2009-5-28 の私のブログを見つけました。詳しく書いてあります。
「平熱を維持する意義とは?」というタイトルで、(一部抜粋)
ニューヨーク州病院の齋藤真治によると、体温が1度下がることで、
免疫力は30%落ちるそうである。当然、風邪などにもかかりやすくなる。
[PR]
by powerbeat85 | 2010-12-07 15:32 | ●健康関連
▼ 日本だより。
今日の日本は、猛烈に変化する気候の一日でした。
朝は至って穏やかで暖かなものでした。今日は穏やかな一日に
なりそうだなあと感じていました。

でもそれはつかの間の錯覚でした。突然突風が吹き始めて、
木の葉が空中を巻き、嵐の様な強風が吹き始め、家を出る
頃までには近所の銀杏の木々はすっかり葉が落ち、黄色い
分厚い絨毯が敷き詰められたようでした。

やがて、昼近くになると北西の方向から暗雲が立ち込めて
来て、雨が降り出す始末。雷が鳴る場所も名古屋市内では
見られたようです。

この荒れた天候は名古屋だけかと思っていたら、何と全国的に
師走の嵐と化した狂った天気は膨大な被害をもたらしていました。

ニュースによると死者が3名、けが人60名程。港に陸揚げ
されていた船はドミノ倒し。車の横転事後はあちこちで起こり、
屋根は吹っ飛び、大木の枝が屋根を突き破るなどの映像が
流れておりました。

そして、夜になると北からの低気圧の影響で芯から冷える気温で
震えあがってしまいました。
最近は本当に異常気候ですが、ツイッターをやっていて
世界中の人たちと意見を交わしていますが、世界規模の異常です。

昨年、16年ぶりという12月にみられた黄砂の被害は、今日の
ニュースで二年連続で観測されたと報道していました。
これ以上不気味な気候が悪化しないように祈るだけです。

ツイッターから見た、今日の日本:
Just b/c(because) it's warm and sunny in the morning in Japan
does NOT mean it will be warm and sunny in the afternoon.
「日本の朝、暖かく天気が良いからと言って、午後も同じ天候
が続くということにはならない。」
[PR]
by powerbeat85 | 2010-12-03 23:28 | ▼Miscellaneous:その他
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.