法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
■ 英語力は世界で必須
2011年、11月25日の朝日新聞にタイトルの記事があり、内容が面白い
ので、ご覧にならなかった皆様のために紹介します。一部抜粋。

「就活する君へ」、というサブタイトルがある。
ユニクロの柳井正、会長兼社長の話です。

「グローバル人材とは?」
→ 「私の定義は簡単です。日本でやっている仕事が、世界中、どこでも
出来る人。少子化で日本は市場としての魅力が薄れ、企業は世界で
競争しないと成長できなくなった。必要なのは、その国の文化や思考を
理解して、相手と本音で話せる人です」

英語を社内公用語にする理由は?
→ 「これからのビジネスで英語を話せないのは、車を運転するのに免許
がないのと一緒。欧米はもちろん、アジアでもビジネス言語は英語です。
小売業という最も国内市場に根ざした会社の経営者でも考えることだから、
製造業なら当然だし、ほかのサービスにも当てはまる流れだ」

社内公用語にまでする必要があるのか?
→「そうでもしないと社員は勉強しない。ただ、英語はあくまでもビジネスの
道具で、我々の思考や文化の基準言語は日本語のまま。思考まで海外
企業と同化しようという訳ではない」

英語だけは苦手という優秀な学生は採用しますか?
→ 「いらない。」「そんなに甘くないですよ。10年後の日本の立場を考える
と国内でしか通用しない人材は生き残れない。」


皆さんは、どのくらいこの話を真剣に捉えますか?私は20年前から、
「将来、英語が話せて、パソコンが使えない人材は世の中からつまはじき
される時代が近々やって来る」と言い続けてきました。パソコンの方が、
少し早く表面化しただけだと感じています。この話には聞き覚えのある生徒
様がたくさんいらっしゃると確信しています。
[PR]
by powerbeat85 | 2011-11-28 16:36 | ■英語関連
■ 元、生徒様からメールが届きました。
アメリカ日記より: L.A.在住、N Y さん

主人の仕事の関係で、カリフォルニアのロスアンジェルスに
1年ほど前に引っ越してきました。いつもは自宅から電話を
するのでさほど不便を感じなかったのですが、外出先から
会社にいる主人に急用ができ、携帯がなかったので早速、
公衆電話でトライしてみることにしました。

少し、リスニングにも慣れてきた私は、何とかなるだろうと
思っていました。 電話では、相手の顔の表情も身振り手振り
からの情報も遮断(しゃだん)されるので、自分のリスニング力
だけが頼りです。

でもいざ、かけてみると想像もつかない状況が発生したのです。
まず、オペレーターの話すスピードが速く聞こえ、2,3の
知らない単語が聞こえると、もうパニック状態で、いつもになく
取り乱してしまいました。 オペレーターが何か私に要求して
いるのは何とかわかるのですが、肝心な、その何なのかが全く
つかめないのです。

仕方なく、急いで帰宅し、いつものように直通で、連絡をとり、
事なきを得ました。
[PR]
by powerbeat85 | 2011-11-22 16:40 | ■英語関連
■ 元、生徒様からメールが届きました。
アメリカ日記より: デトロイト在住、S Kさん

先日、赴任して間もない私は、そろそろ自分の車がないと
都合が悪いということで、早速ディーラーへ行くことにしました。

一人ではとても心細いので、アメリカに来てからもう数年になる
先輩に同行してもらえば、大きなお金の交渉事も何とかなる
だろうという安易な気持ちでいました。

ところが、いざ話をはじめると、いかにもアメリカ人という
体つきのその女性営業担当者の話すスピードについていけない
のです。自分はお客様で、しかも相手は、何とかして車を売り
たい立場にあるので、すかさず覚えたての英語で、
「Would you speak more slowly?」とやれば何とかなると
真剣に思いました。

でもそれが無駄な抵抗であるというのに
気が付くまでにそんなに時間はかかりませんでした。

何回お願いしても、同じスピードで返ってくるのです。
いつも小原先生に言われていること、そのものでした。

経験豊富なはずの先輩も全くのお手上げ状態で、何を言って
いるのか、ついて行けないのです。

結局、ボキャブラリーや、リスニングに貧弱である私たちは、
口にこそ出せなかったが、「このバカヤロー!!」と心に
叫びながらその場を後にしたのでした。つい1週間ほど前の
話です。

日本にいる皆さん、アメリカは厳しいです。相当頑張らないと
半端ではないということだけは、事実です。
これが先生から聞いていた話かと、落ち込んでしまいました。
これから先が長いです。
[PR]
by powerbeat85 | 2011-11-22 16:26 | ■英語関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.