法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■ 英語脳はこうして作る(仮称)
2008年秋の「リーマンショック」、2011年の「東日本大震災」、その後も、
「超円高基調」や不景気の影響で長年、気持ちが前向きになれないまま延び延びに
なっていた待望の本がようやく原稿が完成し、現在は出版社を模索している段階で
あることを、今回初めて皆様にお知らせいたします。

希望する出版社様は2社ありますが、現在交渉中です。今後の出版社からの指示に
より、明確な予定が出た段階で再度皆様にご案内いたします。

本の内容は、
■私は「どうやって英語に興味を持ち、いかに自分流を確立していった」のか。

■「無駄のない効率的な英会話の学習法」とは?

■「英会話学習を途中で挫折しないための工夫」とは?

■「臨界期」前の幼児や子供に必要な環境の与え方。

■「臨界期を過ぎた後からの英語学習法」とは?

そして、この本を書く最大のキッカケとなった、
■「いかにして自分の娘を『限りなくネイティヴに近いバイリンガル』に育て
上げたのか」
の秘策の全てを公開いたします。

この他にも興味深い豊富な内容が盛りだくさんとなっていますが、
小さなお子様や中学生をお持ちの親御様に、特に読んで頂きたい内容
になっています。

真実に沿って書きたかったので、可能な限りを実名で表示されています。
これまで誰もこれらのことに触れようともしなかった新鮮な内容となって
いるので、目の覚めるような気持ちになっていただけたら、と願っています。
[PR]
by powerbeat85 | 2012-09-30 22:08 | ■英語関連
□ 脳を「勘違い」させよう!! 
「脳科学や心理学」でこのようなことが実証されていることを知りませんでした。

私は、この考えは正しいと思います。そして、いつも実践しています。
私が時々「挑戦的な話し方」をするのは、そのせいだと思いますが、身に覚えのある
方もいらっしゃると思います.....。

■ ポジティブなアウトプットを続けよう!!
■ 脳を「勘違い」させよう!!

・ポジティブなアウトプットを続ける
普段自分が使う言葉や文章などをポジティブな内容にする
⇒ 「ポジティブな要素」が自分の脳に刷り込まれていく。


・脳を勘違いさせる
脳は「現実に起こっていること」と、「妄想していること」 の区別はつかない。
⇒ 実現したいイメージを持つことで、脳はそれが実現していると勘違いする。



「成功脳の素地を作る」 のが大切。
「成功脳」 を作って色んなことにチャレンジ!
子どもの頃、皆が持っていた「強い好奇心」と驚くべき「行動力」を取り戻そう!!

関連記事で
2012-03-23 18:35に、カテゴリー: 「生活の知恵」から⇒ 「私の考え方の基本」あり
[PR]
by powerbeat85 | 2012-09-26 13:40 | □生活の知恵関連
■ 昨日配信の無料メルマガ、BOMに関して質問がありました。
「I (could)n't/ go to/ (bed).」と「I (could)n't/ go to/ (slee)p.」
の違いについて、質問がありました。。

◆#3:So|I (could)n't/ go to/ (be)d.       
「だから、寝られなかった。」      
▼直訳で「ベッドへ行けなかった」とはつまり、時間がなくて
「床につけなかった」になります。 

床にはついたが、いろいろ考えることや、心配事があって、
なかなか寝付けなかったという場合の表現は、
「I (could)n't/ go to/ (slee)p.」と言います。
似て非なる表現なので注意しましょう。

発音に関して、
 :【否定語は、常にアクセント】従って発音も
could と couldn't では異なります。⇒ [kəd] と [kud(nt)] 
このことは、日本の英語教育では全く触れていません。

勿論、「(Yes,)/ I/ (could).」BEAT Patterns #3 のように
could にアクセントを置く場合には、否定形でなくても
 [kud] の発音になります。

go to sleep :    
a) to start sleeping:
▪ I went to sleep at 9:00, and woke up at 6:00.

cf. go back to sleep ⇒ 二度寝する。
▪ Nick turned his alarm off, and went back to sleep.


「英語、英会話、TOEIC」学習者の為の
無料メルマガ、BOM サンプルもあります。100%無料の Free Mail Magazine 。
(ココから) → 無料のMail Magazine [BOM]Sample Page

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。
(ココから) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page
[PR]
by powerbeat85 | 2012-09-06 08:42 | ■英語関連
◎ TOEIC Test Part 3 関連
◎ TOEIC Test Part 3 関連の後略ポイント

リスニングテストの攻略法として以下のことを
把握しておくことは重要なポイントです。

一般的に英語の文章や会話の内容は、① ②の2つの要素から
成り立っています。

① 強く発音されて、文の中心的な情報を伝えるもの:「内容語」
⇒「名詞、動詞、形容詞、副詞や文頭の疑問詞」など。

これらの重要語は、文を構成する上でキーワードになるので
発音するときは、アクセントの位置と一致します。

② それとは対照的に、弱い音で発音され、聞き取りにくい
「機能語」⇒「代名詞、助動詞、前置詞、接続詞など」があります。
-------------------------------------------------------

TOEICでは、より正確に聴き理解できるために、アクセントの位置で
あるキーワードは、より大きな声で強調される為、誰にも聞き取り易い
のですが、この弱く発音される「②機能語」をいかに聞き取ることが
できるかということが重要になります。

文法用語では、「脱落音」や「弱化音」と呼ばれる聞こえなくなる音と、
この弱く発音される音がいかに聞き取れるかというその「精度」が求め
られます。

つまり、この聞き取りにくい音が聴き取れれば、TOEICのスコアアップ
に繋がるのです。
-------------------------------------------------------

PowerGramでは Lesson 5(:page27)に、「脱落音」「弱化音」が
一覧できるようになっています。 また、リエゾンと言われる「蓮音」は
上記の2つに対して、「③ 同化音」と呼ばれます。

更に詳しく言えば、pg/28/4 では、専門用語で「④ 声門閉鎖音」と
呼ばれる特殊な音も典型的な英語の音として理解して置くのが大切
です。 
④の例: mountain, curtain, maintenance,
日本語の 「マウンテン」 「カーテン」 「メンテナンス」 とは、明らかに違う
この音の存在があります。米語の発音記号は⇒[/ 「 /] です。

②を構成する③④の違いを知る前に、これらの音の存在を知ることが
大切です。詳細については、無料メルマガ、BOMで随時ご案内、説明
して参ります。
-------------------------------------------------------
BOM のサンプルあります。100%無料の Free Mail Magazine 。
(ココから) → 無料のMail Magazine [BOM]Sample Page

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。
(ココから) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page
[PR]
by powerbeat85 | 2012-09-03 15:29 | ◎TOEIC 関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.