法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
◎ 複文と重文に関して
今月のテーマが敢えて「複文と重文」に焦点を当てている理由は、
長文読解には、この違いがきちんと理解されていないと、短時間に
文章を正しく理解できないという重要な要素を含んでいるからです。

TOEIC テストの主旨は、最終的にそのスコアをアップさせることではなく、
いかに現場で、つまり仕事で海外にいる自分と、プライベートで外国の
人たちと英語でコミュニケーションをはかることが可能か否かをイメージ
できるかということです。

次の対話文を聞いて、場面がイメージできるか訓練をしてみてください。

M: Have you made our reservation yet? ①
W: No. I wanted to check to see if you preferred a suite
   or whether a large double room would do. ②
M: Either is fine as long as the rate is reasonable and
   I have a desk to work at. ③

短い会話ですが、文法的にも日常会話的にも、必要な要素がギッシリです。
ビート的アプローチで説明をしてみました。ご覧ください。
PowerGramをお持ちの方は理解しやすいと思います。

①:この文章は、現在完了形で、「経験、継続、完了、結果」のうちの
「結果」を訊ねる(問いただす)典型例です。「予約はもう済ませた?」

②:文章が長くなると、ついていくのが困難に感じる方がたくさんいらっ
しゃいます。でもこういう場合、「複文であるか重文」の判断が大切です。
ここは、「if」というキーワードの接続詞があるので、「複文」であること
はすぐにわかります。
  
また「I wanted to check:確認したかった」「if you preferred:~をより好き」
の表現から、動詞がお互い「過去形」で「時制の一致」であることもわかります。

さらに「if」以下が、「a suite or whether a large double room」の「A or B」
の選択肢表現になっています。

「a suite:続きの部屋」発音:[swi:t]。
「a large double room」:大きなダブルベッドルームが、
「would do:十分である =is good enough」であるかのどちらを
「prefer」:より好む、かを確認したかった、となります。

「to check to see if 」は、日常的にもよく耳にする表現です。例えば、
無理な要求をしたときなどに「できるかどうか、とりあえずやってみます」
というような場合、「I’ll see if I can do it.」と言います。「see if」を
電子辞書で検索すると、例文が無数に出てきます。

ここでの例文:「to check to see if 」の「to see」は、動詞「check」
を修飾しているので、「to不定詞の副詞的用法」となります。

③:「Either is fine」の「Either」は、主語なので、ここは名詞です。
「Either one is fine:どちらのケースでも構いません」と言い換えること
も可能です。つまり、「either」は、形容詞としても使えます。

この文は、「as long as:~する限り」という接続詞を含んでいるので、
「複文」ということになります。「as long as 節」が「is reasonable」
と現在形である理由は、「仮定法現在」で、そうなっていることに気付けば、
あなたは中級レベルです。

「reasonable」とは、「reason + able」で「理由が成り立つ」という直訳で、
電子辞書を見ると、
「prices that are reasonable seem fair because theyare not too high」、
つまり、「価格が高すぎないので、公正な値段である場合」と定義付けされています。

最後に「desk」の後の「to work at」は、「desk」という名詞を後ろから修飾する
「to不定詞の形容詞的用法」です。

非常に短い対話ですが、文法的要素の多い例文です。
[PR]
by powerbeat85 | 2012-12-29 01:03 | ◎TOEIC 関連
◎ TOEIC学習と英会話学習の意義について
#1:TOEICと英会話学習の意義⇒結論は、「英会話」をやりたい人も
リスニングパートのPart 2や、Part 3は、非常に効率的に学習する事が
可能である。また、TOEICスコアを上げなければならない人たちは、
現実から逃避出来ないのでTOEIC対策のための学習無しにスコアアップは
難しい。

#2:私の考えるTOEICと英会話学習の意義⇒⇒英語を学習する最終目標は、
様々な人々、英語を母国語としない人を含めた人達との意志の確認である。
国内にいると、特に地方では英語を話す機会は偏りがある。オンラインの
レッスンも有効です。ただ、会社がTOEICのスコアを求めるのも現実。

#3:会社がTOEICのスコアを求める理由はただ一つ、これより他に大勢の
人の英語力を一挙に査定する方法がないからなのである。残念ながら、
どんなに英会話だけ学習してもそのスコアは上がらない。スコアが上がら
なければ昇進出来ないという事実を突きつけられているのが現状である。

#4:英会話力に必要な要素は、リスニング力とスピーキング力である。
リス力とスピ力は読解力とライティング力の裏腹である。TOEICがリス力と
読解力(Reading)をやる理由は、リス力=ライティング力。読解力=スピ力。
という考えが根底にあるからである。

#5:従って、スコアは高い人でも、コミュニケーション力が低いと評価
される人もいるが、総合力から見て、TOEICのスコアの低い人が高い人に
勝るということはないのである。総合力には、読み、聴く、話す、書く、
という能力も含まれる。

残念ながら、私の経験から、英会話学習を継続するだけでは、効率的に
TOEICスコアを上げることは出来ないと断言しても良いくらいである。

Google Yahooの検索キーワード ⇒ 「名古屋 法人向け TOEIC」 ⇒ ビート米会話
[PR]
by powerbeat85 | 2012-12-27 22:56 | ◎TOEIC 関連
■ 発音記号(米語)に関しての詳しい解説。
日本語の母音表示、[ /i/ /e/ /a/ /o/ /u/ ] 以外に特殊な文字を使うこの
発音記号ですが、残念ながら、英語学習者の為の無料メルマガ、BOMでは
表示できません。
ただ、この発音記号の説明を無視するわけにもいかないので、今回、本ブログ
で初めて説明をしたいと思います。ひらがな表示(例:あ)は、日本語と同じ発音。
今回の案内は、初公開です。じっくり観察してください。また、このページは改訂
していきます。

--------------------------------------------------------------------
■/a/ →あ /系は、他に [ /æ/ /ʌ/ /ə/ /ɑ/ /( /r/ ) ] の音があります。
(米語表示:/ɚ/) →=/ər/

■ex. [bæd] →bad,  [/æ/]=[/a+e/]押しつぶしたサウンドの[ア]は、
             英語を代表する発音記号で、弊社では通称[チョウチョ]と
             呼んでいます。形が喋喋に似ているのが理由です。
この音を出すコツは、日本語の『エ』を発音する構えを
維持しながら、「ア」の音を出してみてください。

■ex. [kʌp] →cup,   [/ʌ/] → 弊社では、通称、形状から「山形ヤマガタ」と呼んでいます。
この音は、驚いた時に日本語でも発する「アッ!」と言う時の
短い「ア」の音です。

■ex. [/ə/] →[bɚd] →bird, cf./ɚ(米語発音記号)→=/ər/  舌先を巻き上げた、英語独特の音。
[ɚli]→early, cf./ɚ→=/ər/

■ex. [/ɑ/] →[gɑd] →God, この音は、「ゴッd」でもなく、「ガッd」でもない、
その中間の「ァ」です。 この発音記号は、真っすぐ下ろす「ア」と呼んでいます。
[stɑp] →stop, も同じ要領で練習しましょう。

--------------------------------------------------------------------

[/i:/] →い / 歯を閉じた状態の発音。日本語と同じ発音「イ」
[ˈi:zi:]→easy, 歯を閉じた前後の「イ」。 [ˈi:zi:]の [ˈ] は、第一アクセントの位置。

■ex. [ /ɪ/ ]→pioneer [paɪəˈnɪr] 歯を開けた状態で発音する「イ」
[eɪ] →A,  歯を開けた「イ」
[aɪ] →I,  "
[θɪŋk] →think, 歯を開けた「イ」  

■ex. [( /j/ )] →you [ju] 唇をすぼめて発声する「イ」
[jɔr] →your

--------------------------------------------------------------------

/u/は、(米語表示では:/ʊ/) →う / 日本語の「ウ」と同じ発音。
[(w)] →window [windoʊ] 唇をすぼめて発声する「ウ」
 
[oʊ] →Oh!   英語には、このように二重母音の発音が数多くありますが、[ʊ=u]
        二つ目の母音の音を忘れずに発音すること。
[oʊ] が→[o:] にならないように。

--------------------------------------------------------------------

[ˈmɛsiʤ] →message,   [メェスィヂ] 口角をいっぱいに広げて発音する「エ」

/e →え / 日本語発音。
[ /ɛ/ ]→every [ɛvri] 口角をいっぱいに広げる「エ」

----------------------------------------------------

[tɔl] →tall 米語は、甲高い発音の「オ」です。「強く、鋭く、短く発音するのが米語の基本」
です。  [tɔ:l]や、日本語のト、[to:l] 発音にはならないので注意が必要です。
/o →お / 日本語発音。

[ /ɔ/ ]→coffee [kɔfi] 甲高い発音の「オ」で、日本語にはない音です。この音を出すコツは、
日本語の『オ』を高い音程で発声しますが、実際は、[コフィ]ですが、
慣れるまでは、この音が[カフィ]に聞こえるという方が多いようです。
この単語は、第二発音で、[kɑfi]も米語発音として認められています。

----------------------------------------------------------------

[(r)][(j)][(w)]の3つは、半母音と呼ばれ、共通点は唇をすぼめて発音するのが
特徴です。
----------------------------------------------------------------

---------------------------------------
/ɚ→=[/ər]/ ex. sister
---------------------------------------
/θ →think, ð →this
---------------------------------------
[ /s/ /z/ ] →sip [sip], →zip [zip],
[ /ʃ/ /ʒ/ ] →she [ʃ i:], →cash [kæʃ], →beige [beɪʒ]
---------------------------------------
[ /p/ /b/ /t/ /d/ /k/ /ɡ/ ] →破裂音の6つ 
---------------------------------------
[ /f/ /v/ ] →摩擦音の2つ [ /f/ ]の濁音が [ /v/ ] です。口の形は同じ。

[ /ʦ/ /ʧ/ /ʤ/ ] →cats [kæʦ], →match [mæʧ], →marriage [mæridʒ]

[ /b/ /f/ /g/ /h/ /l/ /m/ /n/ /p/ /v/ ] →脱落音

---------------------------------------
(:声門閉鎖音、pg 28/top) [ /¬/ ] : [maʊnt¬n]→mountain 
---------------------------------------

●* 発音記号に関しては、今後、このページに掲載事項を追加していきます。

なお、私のオススメの英英辞典は、Longman Advanced American Dictionary,
LAAD で、28年前から一貫して変わりません。ビート米会話の生徒様はこの辞典を
お持ちの方が大勢いらっしゃいます。iPadをお持ちの方ならApp Storeから@¥1200
でダウンロード出来ます。もちろん、iPhoneでも併用できます。バージョンアップも
頻繁に行われ、最近は見違えるように賢くなりました。私にはこれ以外の英英辞典は、
現在では考えられません。
小原伸一
[PR]
by powerbeat85 | 2012-12-05 13:44 | ■英語関連
◎ TOEIC 対策講座
(ココから) →地球の歩き方、「TOEIC スコアアップセミナー」 講演会の様子。


弊社では、法人企業様および、関西、中部地区の有名大学における「TOEIC」「TOEFL」
対策講座を長年実施してきたそのノウハウを活かし、そのスコアアップセミナーを
実施しています。各企業様、大学の担当者様におかれましては、随時お申し込みを
受け付けております。

担当:平田
[PR]
by powerbeat85 | 2012-12-04 12:30 | ◎TOEIC 関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.