法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
■ #eikaiwa モチベーションを高める秘訣
■英語を自由に話せるようになると、
こんないいことがある。中学生の時、こう考えました。そして、そのために
何が必須の条件かを真剣に考えてみた。

アメリカに行き、世界で最も経済的に裕福な国に行き、生活を体験できる。
地球上で最も生活レベルの高い生活空間を体験できる。

そして、言葉を覚えておくことの重要性には、すぐ気がついた。こう思ったとき、
取り憑かれたように、無性に行動に移したくなった。

アメリカの生活の様子がNHKの白黒テレビに、毎日流れていた。
この国に絶対住んで見たい。早くその空気に触れたいので、何かアメリカを
身体で感じることができるものはと探したら、父親の趣味で我が家には、
大きなスピーカーのステレオと、たくさんのレコードがあった。

音楽から流れてくるジュリーロンドンの、スタンダードナンバー Fly Me to the Moon。
エルビスプレスリーの、Hawaiian Wedding Song, Love Me Tenderなど。
クラシックや、タンゴのレコードもたくさんあって良く聴いたが、英語の
ボーカルソングに引き込まれて行ったのを覚えている。自分もこんな声で
話せたら、と毎日思ったものです。

フランク シナトラのMy Way, トニーベネットの想い出のサンフランシスコ。
ナンシーシナトラのレモンのキッスのレコードも買ってみた。

もう、誰にもこの思いを止められなくなった。スクリーンミュージックを聴きながら、
アメリカの光景を夢見ていた。こんな、ワクワク、ドキドキ感が
あったから、モチベーションが途切れなかったのだと、今更ながら思う。

実際にこの米国、在住体験を通して、帰国してからも未だに日本で体験できないことがある。
生活レベルの高さ、真似の出来ない雄大な自然。感受性の高い、若い時に体験して欲しい。
1980年に帰国後も、毎年休暇をアメリカで過ごしているが、今でも世界で最も進化が
続いている国である。底知れない奥の深い国。今年も、10月からまた、以前から予定して
いた往年の大陸横断道路、Route 66をフルサイズのレンタカーで突っ走ってみます。
人生、楽しいよ。

■大人になったら英会話学校をやりたいと、漠然と思い始めたのが中学校二年生の時。
実際に夢見た仕事が、この英語の学校でいけると確信に変わったのは、アメリカを離れ、
世界一周から帰国後。 34歳で独立するまで、最終目標を定めたまま、いろんなことを
やり、彷徨っていました。そして、それまでの経験を全て肥やしにして、スタートした。

自信となったのは、グルっと地球を回ってみて、日本人が求めている「英会話力」は決して
レベルの高いものではないハズなのに、なぜか大勢の人が悩んでいる。本当は、難しい
単語を使うわけでもなく、難しい文法力が求められているのでもない、ということを皆に
知らせたかったのです。

もちろん、より高い精度を求めて行けば、より高いレベルの文法知識は避けられないのは
事実だが。

誰にも止めることが出来ない、内に秘めたこのような "ワクワク感" を学生の皆さん、
考えてみてください。1年や2年、卒業が遅れたっていいじゃないですか?
長い人生の中で、ちょっと道草したっていいのです。独身の方なら、まだ間に合います。
実際に日本を飛び出した生徒様が何人もいらっしゃいます。人生変わったと、誰も後悔
している様子はありません。できれば、結婚する前に、20代で自分に挑戦して欲しい。

私の場合、大学時代の友人たちと比べて、卒業後、日本に居なかった8年のブランクを
ハンディと思ったことは、一度もなく、むしろ自分の考え方に余裕がありました。
多分、広い目で世の中を見てきたという自信と自負がそうさせたのでしょう。

中学生、高校生の皆さん、是非、挑戦してみてください!!行けばいいんだよ。
仲間を増やしてください。当時、私の場合は、誰一人ついて来る人はいませんでしたが。

最後に、アメリカを目指したいとお考えの方に、私からのアドバイス。

アメリカは、危険がいっぱい、とお考えなら、それは間違い。

私はサンフランシスコ、ベイエリアに8年間過ごしてみて、一度も怖い、恐い
思いをしたことがありません。帰国後も毎年、(3.11の時は、流石に自粛しようと
しましたが、孫が生まれたので)アメリカへ行っていますが、これまでの経験も含めて
一度も、耐えられない嫌な思いや、恐い思いをしたことはないのです。

日本人の留学生が事件に巻き込まれたりする話をニュースで見聞きしますが、基本、
いつも行ってはいけない場所で、行ってはいけない時間帯で事件は起きるのです。

日中、明るいうちに人通りがある場所で事件は起きないでしょう。知らない場所に
行ったら、慣れるまでは、無理な勝手な行動は避けましょう。当たり前のことです。
Good luck! 応援します。
[PR]
by powerbeat85 | 2013-08-31 17:01 | ■英語関連
■ 効率的な英会話学習法。(米語編) 無料メルマガ、BOMの利用法について。
#beat85 からのお願い : #eikaiwa #twinglish #eigo
私たち日本人は、分からないことを聞くのは、恥ずかしいという考え方が主流です。
でもよく考えてください。外国語の文法、ルールなんて分からない方が普通です。

これまで中学、高校でやってきたのは、受験のためのテクニック英語。
今、私が皆様に伝えたいのは、普段、普通に外国人と話せる英会話の基本知識です。

私のTweet、#beat85 的観測や、特に無料メルマガ、BOMは、全て皆さんに喜んで
もらえるようにライフワークで、13年間続けています。だから、わからなければ、
質問してツッコミを入れてください。可能な限り応えて行きます。基本、無料です。

私のTweetや、無料メルマガBOMは、ボリュームが多いので全部覚えようと欲張ると、
途中で挫折します。だから最初は理解できる範囲で興味のあるところだけやるのです。
ボリュームが多くなった理由は、幅広いレベル層の方々に対応したいためです。
(TOEICレベル、300-900点台 に対応しています。)

レベルにあったものに注目して行き、興味のある話から取り掛かればいいのです。
最初から全てを理解しようとしないこと。これが継続出来るための秘訣です。

そのうち徐々に全体が分かるようになる。そうなると、今度は知らない所を追求すれば
いいのです。出来るだけ英語に触れる、考える時間を増やす以外に方法はありません ー
そのためには、確かな情報源から効率よく学びましょう。
[PR]
by powerbeat85 | 2013-08-30 12:40 | ■英語関連
● あなたの肩は凝りますか?
昨日、散髪に行ったらマスターが、私の筋肉は柔らかくて凄いと言われました。
肩凝りが無い人はざっと、100人に一人。つまり、そこの理髪店では1%の
確率だそうです。驚きました。みんな、肩凝りなんですね。私は、視力がいい
ことと、中一以来、虫歯が無いのが有難いと思っていたのですが。これも追加
しないといけません。親に感謝です。

肩が凝る人と、私みたいに凝らない人とは何が原因でしょうか? 私は以前、
名古屋の星が丘にある、友人の紹介で行った、中日ドラゴンズの専属整体師に、
当時、中、三日でピッチャー登板していた、台湾出身の郭源治投手と同じ筋肉
だと、即答で言われた事があります。みなさんは、如何ですか?聞かせてくだ
さい。解消法を次回案内しますよ。キープエイジングにも繋がる話です。

ちなみに、肩凝りの英語表現は、これ。
I have a sore neck. /// I have stiff shoulders.
腰痛は、I have a backache. /// I have a lower backache.と言います。

肩凝りの有無、不思議な世界です。うちの三人娘たち、みんな結婚してしまい
ましたが、二人は私のDNAをしっかり受け継いだようです。
[PR]
by powerbeat85 | 2013-08-30 09:43 | ●健康関連
■ 海外留学しないでネイティヴの英語をマスターする。??
タイトル表示の出版本やTwitterでこの様なツィートを最近頻繁に目にするが、
口にする程簡単ではない。 英会話の習得に、これでいい、とか完全マスター
とか宣伝文句が踊るのは、今に始まったことではない。

誤解を避けるために断っておくが、タイトル文句を全否定するのが主旨では
ありません。しかし、日本に居ながらにして外国語である英会話を成人の大人
がこれを習得するにはどれだけの時間が必要か考えて欲しい。

留学して、卒業後も住み続け、8年以上のカリフォルニア滞在歴がある私でさえ
満足出来る状態に達することは出来ないのに、軽々しく捉えない方が賢い考え
であるということです。私のように、死ぬまで英語習得を続けるという強い意志を
持ってしてもネイティヴレベルには程遠いのです。

もちろん、これでいい、にも個人差があり、また英語はコミュニケーションの
道具であり最終目標ではない、という考えも、もっともな話で否定はしません。

でも、アメリカ生活の経験で学んだ、私なりの答えは、
① 文法的に正確な英語を話すこと。そして、東南アジアでは聞くことがなかった、
② ナチュラルスピードの会話について行けるリスニング力は、必須です。
電話でのナチュラルスピードは、当時、トラウマでした。

発音に関しても、下手より上手い方がいいし、説得力や交渉力の意味からも、片言
な話し方より流れの良い話し方が出来れば、それに越したことはないのです。これに
欠けると相手に圧倒されることにもなり兼ねないことを私は経験で知っています。

単に人と意見を交換するだけの英語力ばかりをイメージしないことです。競合他社と
の戦いに勝つための理論的な説得術も時には必要なのです。

このような、現場でしか頻繁に聞くことができないような経験を、日本に住みながら
に体験するのは、ほとんどの社会人には不可能と言わざるを得ないのです。

一日に英語に触れる絶対量が足りないのです。毎日、休みなく、睡眠時間を8時間
と考え、残りの16時間英語に触れる事の出来る留学は魅力、に変わりはありません。

まだ、これから留学が可能である、中学、高校生なら、2年間程の留学を強くお勧め
します。やはり、語学を習得するなら学生時代に限ります。この考えは普遍です。
社会人なら、英語習得より、仕事が最優先なハズです。フリーランスの方なら、例外も
あるかもしれませんが。
----------------------------------------------------------------------------

学生時代を既に過ぎてしまった貴方へのアドバイス:

限られた時間の中で英語に触れる時間を増やすしかありません。 もちろん、日本に
居ながらのことなので、限界はありますが。効果的な学習法をするのに必要なことは
何か、を真剣に考える。

Twitter や学習本を読むだけでは、20%程しか記憶に残りません。いつも生徒様に
話すことですが、読み、聴く、話す、書く、という4つの分野を掛け合わせることです。

そして、一番効果的な学習法は、出来るだけ早い内に学んだことをアウトプットしながら、
繰り返し、反復で学ぶ姿勢を崩さないことです。 英語の事を考える時間を増やすこと
以外に方法はないのです。

具体的に、考える時間を増やすとは、Twitterで、新しい情報を目にしたら、ただ、読み
過ごすのではなく、RT、リツイートしたり、お気に入りに追加したり、また書き落とすことに
より、その英語に触れる時間を長くする努力をすることです。 対話する相手がいないの
なら、一人芝居で、感情を込め語りかける話し方をして時間をかけることを心掛けるの
です。この手法は、私も学生時代に何度も試みたものです。

何か学習のヒントになればと願っています。
[PR]
by powerbeat85 | 2013-08-14 15:41 | ■英語関連
● 旬を食する。
お盆休みの真っ只中、いかがお過ごしでしょうか?
昨日は、高知県の四万十市西土佐で、気象観測史上最高気温であった40.9度
を上回る41度を観測し、現地では4日続けての40度が続いているという異常な
暑さが続いています。

毎日の暑さで熱中症で亡くなる方がニュースで流れています。救急車で病院へ
搬送される方はこの夏4万人に上るそうです。半数以上が65歳以上の高齢者
だそうだ。水分量補給の為に直接ペットボトルの水を飲むのもいいが、野菜や
果物に水分を多く含まれる夏の食材を食するといい。

今日、我が家の畑から収穫したのは、今が旬の冬瓜(とうがん)と、西瓜(すいか)
です。冬瓜は今日が収穫開始で、5.3Kgでした。西瓜は、残りが少なくなりま
したが、今日の西瓜は重さが最大級で7.2Kgでした。明日いただく為に冷蔵庫に
納めました。

冬瓜の含有水分量は、95%ですが、西瓜はそれ以上は間違いないところです。

鶏の手羽先で十分な出汁をとった冬瓜は季節の味ですが、これから秋まで長く
味わうことができます。
e0021820_2073486.jpg

そして、今夜のデザートは、これ、メロンでした。まさにタイムリー。今夜の
月は見事な半月、Half Moonでメロンに見えてきました。最後の締めは親戚から
戴いた本場の静岡高級茶。
e0021820_2081835.jpg

[PR]
by powerbeat85 | 2013-08-13 18:56 | ●健康関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.