人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

◻︎ 今回の海外旅行で得た知識、ESTA & 荷物編。

ご存知の方も多いと思いますが、ハワイも含め、アメリカ合衆国への
渡航は、ESTA (2年が有効期限 )の取得が求められています。

日本人が観光やビジネスなど90日以内の短期滞在を目的としてアメリカに
訪れる場合、 事前に電子渡航認証システム「ESTAエスタ)」の認証を
受けることが必要です。認証を受けていないとアメリカに入国することが
できませんので、忘れず取得する必要があります。

ESTA申請は、有料。 2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム
参加国( VWP)の渡航者は、運営費および旅行促進法により定められた
14ドルのESTA料金(クレジットカードでOK)を支払わなければなりません。
自分でインターネットを経由して登録することもできます。登録の際は、
取得したESTA番号は、結構長いのでキチンとメモを残すことが基本です。

最初にESTAの認証番号を聞かれるのは、空港に着いて、荷物をチェックイン
(預け入れ)する時に確認されます。この時に、海外旅行を良くされる方は、
マイルエージの登録確認もしておきましょう。
①パスポートと、②航空券の引き換え券(A4サイズ)を用意します。

手荷物は海外旅行の場合は、1人スーツケース2個までOK。
スーツケース1個あたりの重さが、50ポンド ≒ 23キロをx 2個 まで
JAL便は、大丈夫です。ただし、機内持ち込みの手荷物は、1人、1個まで
に制限されてしまいました。(cf. 100ポンド=45Kg)

ESTAの義務付けが行なわれる様になったキッカケは、9.11同時多発テロ
が起きて、急激に検査が厳しくなり、空港でのチェックだけでは、追いつか
なくなったからでしょう。簡単に偽造出来ない様になっています。

さて、以上のことによって、何が変わったのでしょうか?
今回の旅行で、その事に気付かされました。

以前は、アメリカ合衆国への入国のためには、①入国カードと、乗客の
1家族につき、1枚用意しなければならない ②税関申告書が必要でした。
ところが、ESTAが使われる様なったので、①入国カードは、ついに不要に
なったのです。つまり、簡略化され、より厳しくなった訳です。

日本へ帰国する場合も、日本人なら、①税関申告書を用意するだけです。











by powerbeat85 | 2014-06-09 11:43 | □生活の知恵関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30