法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
● 炭水化物ダイエットのやり方と注意点。まとめました。
NHKのガッテン、炭水化物、つまり糖質のダイエット、必ず成功する勝利
の方程式がハッキリ見えてきました。NHKの人気番組、ガッテンを二度観て、
まとめましたのでご覧ください。減量したい方、じっくり読んでください。
正しい食生活を意識するだけでも、価値があります。

これまでの常識が非常識であったり、覆される一般論が多く、記憶に留めて
置いてください。失敗しないためには必ず守らなければならない法則がある。

日本人の平均摂取カロリー、2000kcal/日の内訳は、タンパク質の15%、
脂質の25%。そして、60%の糖質(つまり、炭水化物のこと)。

結論から言うと、この60%糖質(炭水化物)を1/3に減らし、全体の20%にする
こと。2000Kcal の60%、1日あたりの摂取量、1200Kcal は摂取過剰です。
ただし、20%に相当する、400Kcal の炭水化物は死守すること。

② 減量した糖質の残りの2/3の40%分を
たんぱく質15%を、(15%+15%の)、脂質25%を(25%+25%)に追加し、

たんぱく質を全体の30%。脂質を同じく、50%にする。これを維持すること。
そして、炭水化物を全体の20%。ここがポイント。


糖質を0にすると、とんでもないことになるので要注意。糖質ゼロを続けると
脳に血液が回らなくなり、体は拒食症のようにガリガリになる事がわかっている。

昔は、油、脂質を減らすのが体重を減らすダイエットの基本と言われたが、
それは間違いであった。15年ほど前から考え方が変わった。

糖質を20%に維持すれば、残りのふたつのたんぱく質30%、脂質を50%に
しても太らない。バランスよくカロリーを補給すれば、極端な話、糖質を摂り
過ぎなくさえすれば、満腹感を感じる程食べても減量には影響ないらしい。


③炭水化物は、0%に減らすのではなく、最低20%は必須栄養素なのです。つまり、
油物をこれまで以上に増やし、食べてもいい。1日必要なバランスを整理します。

30%(600Kcal)のたんぱく質と、
50%(1000Kcal)の脂質。 そして、
20%(400Kcal)の炭水化物(糖質) で完成です。


もう一つ、重要なポイントがあります。

④20%の糖質にも注意点がある。一般に砂糖と呼ばれるもの(ビート糖:
さとう大根や、きび糖:サトウキビがいい)と、果糖は全く別ものらしい。
この「果糖」が諸悪の根源であると知るべきです。太る原因となるのは
この「果糖」が犯人らしい。

とにかく、「果糖」は悪者と知るべし。アメリカ他の国では、ようやく
甘い清涼飲料水、コカコーラ、甘いオレンジジュースなど添加物の日本の
ジュースは、「果糖」が多量に含まれているので要注意。

アメリカでは、100%の果物を絞ったものしかジュースと呼ばない。
果物の糖分、ぶどう糖も果糖の一種。ぶどう糖の方が体には良い。

果糖(ぶどう糖や果物の甘み)の特徴
①きび糖、ビート糖と比べて、とても甘い。
②血糖値が上がらない、というメリットもある。
③内臓脂肪が付きやすい。(意外と知られていない)
④老化を早める。(皮膚を老化させ、骨をもろくさせ、骨折し易くなる)


市販されているジュース(ソフトドリンク)は、「果糖が添加物」として
含まれている。普通の自然な砂糖と比較し、果糖は異常に甘いものなので、
甘味を加える添加物として便利。多量に果糖が使われる理由です。

もう少し、この「果糖」について知る必要があります。

ジュースや糖分の多い加工飲料水やクラシュゼリーなどの栄養表示に
「果糖ぶどう糖液:50-90%未満の果糖」、「高果糖液糖:90%以上の果糖」
の表示のものは、極力避けてください。

オススメは「ぶどう糖果糖液:50%未満の果糖」の成分が含まれています。
お酒を飲むなら、ビール(醸造酒は糖質あり)よりも、焼酎やウィスキー(蒸留酒
は糖質がない)がいい。
糖質ゼロ表示のものを意識するだけでも効果がある。

データによると、糖質制限ダイエットをやったことのある人の70%以上が減量に
成功したそうです。痩せたかったら脂質を減らすのではなく、むしろ増やしていい。
たんぱく質も同じで増やして良い。

カリフォルニアでは2015年から、甘いソフトドリンクを課税対象として実施。
イギリスも現在、肥満率24.9%が社会問題となり、2018年より10%の砂糖税
の導入が決定した程です。甘いものには中毒性があり、ますます甘いものが欲しく
なります。悪循環のスパイラルから脱する努力が必要で、健康意識の低い人には
厳しい問題です。健康で長生き出来るかどうかの1つの選択肢です。

アメリカでは10代の頃の男女は、スラリとスタイルが良く惚れぼれするものですが、
大学を卒業する頃になると、みるみる太ってくる人が目立つ。いつも甘い、
ドリンクを手にして常飲する。スターバックス、キャラメルフラペチーノなど、
結構甘い。甘いものを常飲するのは、要注意なのです。

毎日、①20%の炭水化物(400Kcal/日)は、毎日キープする。減らした分、
②たんぱく質と③脂質はこれまでより増やしていい。これが成功の方程式。

①②③は、ご存知、三大栄養素だから、どれか一つ欠けてもいけない。

糖質を控えて、インターバル ウォーキングをするだけで、ミトコンドリアは増える。
細胞の中の一つの細胞の中に数百〜数千いるこのミトコンドリアが増えるためには、
適度な運動は必須。このミトコンドリア君は適度な有酸素運動で増やす事が出来、
脂肪を食べてくれるので、結果痩せる。


血流が良くなり、ミトコンドリアが増えると、元気になる、元気の源くんが、
ミトコンドリア君です。

甘いものや炭水化物、グルテンを摂り過ぎると、中毒性があるので、ますます
お腹が減り、もっと食べたくなるという悪循環。


肉や魚、天ぷら、トンカツなどの油ものは、そんなに悪者扱いにしなくていい。
天ぷら、和食だから体にいいのですね。

結論:
①20%の炭水化物(400Kcal/日)は、毎日キープする。
②インターバルウォーキングをして、ミトコンドリアを増やす。
ミトコンドリアは適度な有酸素運動で増やす事が出来、脂肪を食べてくれる。


以上、①②の組み合わせで、お腹ポッコリの、体重過多を防ぎ、内臓脂肪を
減らす、というおまけ付きです。

経験談ですが、10年以上、マメに有酸素運動を含む適度な運動を継続しても、
内臓脂肪を減らすことは出来なかった。

これだけ、無駄な時間浪費するくらいなら、30代の時から、果糖の摂り過ぎ
習慣を改めて置く方が賢い選択なのです。



------------------------------

[PR]
by powerbeat85 | 2016-07-28 14:26 | ●健康関連
<< □ 人工知能が選ぶ、Amazo... ■ 英会話力を身に付けるのは文... >>
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.