人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

■ 今日の朝日新聞に同感する記事がありました。

以前、このブログで、反対意見を書いた記憶がありますが、
今回は賛成意見です。

朝刊の9面に、「グローバル化の正体」、「多言語・多文化進む日本社会」という
タイトルで立教大教授の鳥飼玖美子さんの記事がありました。

中でも特に興味をそそり、同感する場面の記事を少し引用します。
(一部、追加と抜粋)

「(日本人の)英語下手は文化」:
「我が子には英語で苦労させたくない」という親の期待が強いですね。

「そうですね。でも『英語は大事だ』とみなさん言いますが、日本には
『ぺらぺらしゃべるのは軽薄』 『おしゃべりだと見られたくない』という価値観が
あるでしょう?家庭でも学校でも『静かにしなさい』 『先生のいう事聞きなさい』と
しつけられる。一方、英語の時間になると逆に、『しゃべりなさい』と言われても、
実際は急には難しい。」........

「もし、どんどん英語で話すような子供に育てたいのなら、
アメリカ型コミュニケーションがいいというのなら、親としては生意気な子供に
なることを覚悟しなければならないですよ。先生に『それ違います』とか、いちいち
反論する子、ああいえばこういう、そんな子です。」

「そんな子に育ったら、『ああよかった、うちの子は国際的なコミュニケーションが
出来るようになったんだ』と安心したらどうでしょう。逆説的ですが」

◆私の経験から全く同感です。特に国際社会では、英語でコミュニケーションを
とる世界では、つつましくしていると、自分とは反対の意見が通過してしまいます。
自分の意見は、意見としてちゃんと主張しないと生きていけないのです。

帰国子女と呼ばれる人たちが、日本では時として白い目で見られることは、こういう
考え方の違いからくるものが殆んどのような気がします。親の役割として、いかに
英語人として成長し、また日本人の長所をいかに残せるかにかかっています。

アメリカ人になるのなら、好きなだけ帰国させなければ英語は高校生からでも十分に
うまくなります。でも、日本人であることが基本として根底にあるのなら、いかに海外
での滞在を短くするかを考えないと取り返しがつかなくなるものです。漢字が書けない、
敬語がは話せない、礼儀がなってないなどと周りから言われ、行き場のなくなる
本人にとっては不幸です。日本で生活するのなら、その違いをきちんと説明して
あげるのが義務でしょう。日本人でもない、アメリカ人にもなれない、中途半端な
人間がいるとすれば、可哀相な話です。

国際貢献度の高い日本が、事実とは違う過小評価で見られ、歯痒い思いをするのは
わたしだけでしょうか?難しい問題です。
by powerbeat85 | 2008-05-26 14:46 | ■英語関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30