人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

2007年 02月 22日 ( 2 )

■ デトロイトから先週帰国した生徒様からの報告。

出張でデトロイトから帰国したばかりの生徒様からメールが届きました。

①デトロイト空港のターミナル間コンコース:
 ターミナルA(大型機)とターミナルB(小型機、国内線)をつなぐコンコースが
 すごいです。光と音のファンタジーです。

②スーツケース:
 何も知らず、鍵をかけて預けたので、見事に取っ手を破壊されました。
 (乗客の安全を守るためとは言え、悔しい。 テロ行為が憎い!)
③セキュリティ:
 これも安全のためなんでしょうが、指紋は採られるわ、顔写真は撮られるわ
 靴まで脱がされるわ、アメリカ入国は散々でした。
■小原のコメント:
①ムービーで拝見しました。確かに迫力があって凄いですね。
②そうです。昔は、スーツケースはチェックイン(荷物を預けること)をする時
には、ロックをしたまま預け入れることができましたが、今はダメ。 いつでも
検査官が開けて中身を調べることができる状態で預けなくてはいけません。
ロックしたままだと、このように破壊されてしまい、文句を言えないと思います。

③もちろん、手荷物には、液体モノ:香水やジェルなどは、爆発物の可能性が
あるとみなされ、これも禁止。 入国検査は9.11以降、厳しくなるばかりで
特にナイキのエアークッション系の靴やサンダル(ゴムスリッパ)は、入念に
調べられます。空港によっては、テロの可能性が少ないと言われているところは
それ程厳しくないようですが、概ねアメリカが一番徹底しているようです。
by powerbeat85 | 2007-02-22 23:17 | ■英語関連

● 漢方医学からみた「冷え」と「花粉症」対処法

NHKの朝の番組、「生活ほっとモーニング」で漢方医学からみた
「冷え」対処法というのをやっていました。「生活ほっとモーニング」HPから抜粋
《ゲスト》 木村 容子さん (東京女子医科大学附属 東洋医学研究所 医局長)

ポイントは、「食生活」と「熱を生むカラダづくり」の2点。

「食生活」については、漢方医学の考えに沿った:
「カラダを温める」と考えられている食材を上手に取り入れること。

生姜(しょうが)、シナモン、ナツメ、
唐辛子、山椒、ニンニク、にら、長ネギ、
青ジソ、カボチャ、杏(あんず)、クルミ(胡桃)など。

基本的に「寒い季節、寒冷地域で採れる食材」が、カラダを温める食材。
一方、「暑い季節や温暖な場所で採れる食材」は、カラダを冷やすと
考えられています。こうした食材を使う場合は、加熱することで影響を
弱めることができる。

食生活に気を配って胃腸をケアすることは、免疫力を高めることにも
つながり、花粉症対策の効果も期待できる。ただし、あまり神経質に
なりすぎると、かえってストレスの原因になり逆効果になることもある。

1週間単位で食生活を見直し、外食が多かったら週末のメニューで工夫する。
「熱を生むカラダづくり」は、自律神経と筋肉を鍛えることが重要になる。

自律神経は、消化・呼吸・発汗などを調節していて、
内分泌系・免疫系とともに、体内環境を一定に保つ働きがある。

自律神経には、活動の神経である「交感神経」とリラックスの神経である
「副交感神経」があり、ONとOFFのメリハリをつけることで、その働きを
スムーズにすることができる。

入浴(発汗・リラックス効果)、アロマ(リラックス効果)、
ウォーキングやジム通い、カラオケやショッピングなどの
気分転換もよい方法です。

また、いつでもどこでも出来る「リラックス呼吸法」もある。
1.下腹部を意識して、鼻から息を吸い込む
2.約5秒間息を止める
3.10秒あまりかけて、口から(口笛を吹くかたちで)ゆっくり息を吐き出す
4.(1)~(3)を数回繰り返す

筋肉は、カラダの熱の約60%を作っていて特に、下半身の筋肉を
鍛えることは、重力に逆らって血液を心臓に戻す大切な役割を担って
いるので、普段から大股・早足で歩いたり階段を使ったりして鍛える
ようにすることで効果がでる。
by powerbeat85 | 2007-02-22 16:00 | ●健康関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。