人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

2012年 08月 07日 ( 1 )

■ 慣用表現の違いについて、問い合わせがありました。

That's too bad. とThat's a shame. は
ニュアンスの違いとか、使い分けなどありますか?

A:(That's) Too bad.
a) also it's too bad used to say that you are sorry 
     that something bad has happened to someone:

B:It's a shame. 
a) spoken used when you wish a situation was different, 
and you feel sad, disappointed, or angry:

このような疑問は英会話学習者なら、よくあることです。
こういう場合、ネイティブに聞いてもラチがあきません。
辞典に勝るものはありませんが、英和辞典では、これも
ラチがあきません。勝負は常に英英辞典であることを
忘れないでください。共によく耳にする慣用表現です。

さて、A:は、何かマズいことが人に起きてしまい、貴方が
残念で、気の毒に思うこと。

B:は、事情、状況とは異なることを人が望む場合で、
悲しい、落胆、怒りを感じること。

ニュアンスは似ていますが、言葉の奥底に潜む違いに注目
すれば、答えが見えてくるはずです。
A:に対して、B:は状況を重く捉えているのがわかりますね。
by powerbeat85 | 2012-08-07 20:56 | ■英語関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31