人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

2019年 04月 29日 ( 1 )

■ “be headed” vs. “be going” 違いは?

素朴な質問がありました。


Where are you headed?

Where are you going?


共に、和訳は、「何処へ行くの?」ですが、

①「headed」は「過去分詞の:形容詞」。

be動詞 形容詞」で、「①状態」を表す表現。


②「go」は、自動詞。「be動詞 動詞 ing」で、時制は、

「現在進行形」。「確定的近未来」を表現する。

go」は、単に、A地点からB地点間の移動の「②動作」を示す。


というのが文法的分析です。


ポイントは、「①状態」を表すheaded」で、英英辞典による

定義は、「特定の方向へ進んでいる」という「状態」。

つまり、「①何処へ向かっているの?」という目的地を意識、

イメージした表現。

ex. Where are you guys headead?

「君たち何処へ向かってるの?」

ーーー We’re just heading home.「ちょうど家に帰るところです」

cf. you guys :複数の男だけの意味にとどまらず、女性だけ、又は、

男女混合の場合にも使うことが可能です。


②の表現は、単に「移動」を意識している表現です。

ex. We’re going to my parents’ for Christmas.

「クリスマスは実家へ帰ります」

cf. parents’ (house) :両親の家 (片親の場合 parent’s )

for :<特定の行事>を過ごすために


on:“Where are you going on your honeymoon?”

ーーー “To Europe, and for three weeks.”

ーーー “You’re so lucky. / Lucky you.”


for:We went to Hawaii for our honeymoon. /

We went on our honeymoon to Hawaii.



〜〜〜


by powerbeat85 | 2019-04-29 15:29 | ■英語関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30