人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

2019年 05月 13日 ( 1 )

● “ 虫歯 “ を一気に無くし、健康生活を維持する方法とは?

我が家の三人娘は、小さい時から、成人した後も虫歯が無いけど、
日本では成人するまでに虫歯がない人は本当にめずらしく、2〜3%
くらいだそうです。ここに至るに●2つの要素が考えられる

●我が家は、家内がマメに、子供たちが幼児の頃から定期的に「フッ素」
塗布処理するために歯医者へ奔走していたのを思い出します。
(幼児は「フッ素」を効果的に活用するために3~4ケ月に1回は塗布する
ようですが、詳細は、ご確認ください。)

「フッ素」は、海苔、ワカメ、小魚などの魚介類からも摂取できる。

●更に、私譲りのエナメル質が厚いという理由があったのかもしれません。

さて、世界中で最も虫歯になる率が低い国は、昔からスェーデンです。
余談ですが、むし歯予防の先進国は、フィンランドです。

キシリトールは、天然甘味料のこと。シラカバやカシを原料にしたもので、
主に、フィンランドで生産されている。 むし歯菌のエサになる砂糖の
とり方を変える方法。糖質の種類としてむし歯菌が利用できないような
代用甘味料といわれるもので、これがキシリトール。

さて、これから虫歯にならない唯一の方法をお伝えします。

現在、市販されている歯磨きは、9割以上に「フッ素」が含まれています。
そこまではOKです。でも、磨き方が1つだけ大きく違います。それを
励行すれば、虫歯になる確率が一気に下がり、スェーデン並みになる
という話です。

まず、歯ブラシに、歯磨きをちょっとだけで十分、とやるのは

大間違い。

たっぷり、毎回、歯ブラシの上に2センチ程度 (大人用の場合)

乗せ、しっかり時間をかけていつものように泡だてて磨いて

ください。そして、ここからがポイントです。


「決してコップに入れた水を口に含み、口の中をゆすがないこと」


適当に歯磨きの泡を吐き捨てるだけで、残った歯磨き成分からの、体への
影響は全くないそうです。そのかわり、フッ素がしっかり残ることになり、
虫歯になりにくい状態を維持できるそうです。一回水洗いすると、フッ素
は二分の一以下に減少。二回も三回も、やるとフッ素はほとんど流れ出て
しまうそうです。

スェーデンでは、小さい時から大人も子供も、歯磨きの後は、口を水洗い
しないのが常識だそうです。習慣だから、みんなそうするそうです。

これはNHKテレビの番組「ガッテン」で、歯科医師 (Dentist)、
歯科療法士 (Dental Therapist) が時間をかけて説明していた確かな
情報源です。私も今日からやってるけど、違和感もなく、どうってことは
ありません。でも、効果は大だそうです。

ちなみに、私は、中学生の時、虫歯で治療したのが最後で、その後、
虫歯になったことはありません。もちろん、半年に一度の歯石除去は
欠かさずやっています。

人生、生きて行く上で、一番大切にしなければならないことは、2つ。

①目を大切にすること。私は、一昨日、眼科へ行きましたが、いつもの
健康診断とは大違いで、念入りに調べていただきました。今年、古希を
迎える私の左右の目の視力は、1.0 でした。 これは、父親からのDNA。
そして次が、

②歯を大切にすること。この二つを守ること。
小原家の家訓です。94で亡くなった父親から受け継いだものです。

私は3つ目に、
③胃腸を丈夫に保つこと。を付け加えたいと思います。
これは、私の場合、母親から受け継いだDNAだと、思っています。





by powerbeat85 | 2019-05-13 22:32 | ●健康関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31