人気ブログランキング |
法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:■英語関連( 449 )
■ BEAT Juku のご案内です。

今なら間に合う バイリンガル!          

集まれ 小学生、中学生、高校生!!

BEAT Juku のご案内です。 


創立34年の 有限会社ビート米会話 (BEAT)が

これまで長年、培ってきたノウハウで、

小、中、高生のみんなを、英語が好きで、得意科目にさせる

カリキュラムをご案内いたします。 これが34年の集大成です‼️

英語の仕組みを全て、納得出来るまで解説致します。


✳️ ビート塾 」とは?

膨大なテストの結果の見直しや、テスト勉強のためだけの退屈な練習問題に

明け暮れたりすることを連想させるような 典型的な塾とは異なり、放課後の

生徒様方にビートオリジナルの「放課後プログラム」をご用意しております。

理解力を高めた生徒様は、学ぶことの楽しさを知ることで喜びを顔に輝かせ、

隠れた能力や技能の再発見がやる気を起こさせてくれます。そして、明らかな

自信が身に付きます。(講師は、日本人と外国人の混合構成。土日コースあり)

全ての生徒様に、次の英語のレッスンが楽しみとなるような学びが、楽しい

経験となり、理解しながら進める 楽しいレッスンをご提供いたします。

BEATは文法やルール(決まり事)ばかりで、理詰めで嫌になるようなレッスンを

目指すことはしません。 皆様が 英語を大好きになるお手伝いが出来るように

全力で応援いたします。


理解力を高めたレッスン は、試験で良い結果を残すという極めて重要なものを

もたらすことを可能にしてくれます。


本コースの中核となる技能は、「読解力」( :「文法力・語彙力」)です。

そして、自分の意見を述べるのに不可欠な「会話力」です。



✳️本コースの 特長 は?               

「お客様の関心事」が一番重要で、私たちの「最大の関心事」です。

だから、お客様の要求にお応えするために十分なカウンセリングを実施します。

BEATは、皆さまのニーズに合わせたやり方を見つけて差し上げます。

BEATは、能力に応じた形で、柔軟なレッスンを準備いたします。

レッスン使用教材 英語の攻略法のノウハウや、実践的な英語表現などの蓄積資料。

オリジナルテキスト:PowerGramBEATデータベース(36,900表現例)他、

Twitter(2010~)やYouTube、ブログ(2005~)でこれまでに紹介した公開資料。

無料メルマガ、BOM(Lesson 1~ Lesson72):(1999~配信開始)


英語のテストの結果をみて、間違い部分を徹底的に解説します。

入学試験のための学力向上をバックアップします。


納得のいく授業料で、高品質のレッスンを追及いたします。

講師は、ベテランの日本人講師と、外国人講師の組み合わせで

構成されており(講師同時2名は不定期)、用途やニーズに合わせた調整も可能です。


✳️本コースの 構成 とは?

A. Intensive Grammar Refresher     文法集中コース、再教育授業

A. Study 1 (55 分)

B. Study 2 (55 分)

C. Test 1 (55 分)

B. Vocabulary Power      語彙力強化コース

D. Study 1 (55 分)

E. Test 2 (55 分)

C. Reading Comprehension Proper    読解力強化コース

F. Study 1 (55 分)

G. Study 2 (55 分)

H. Test 3 (55 分)


D. Comprehensive Test (55 分)      理解力テスト

E. Comprehensive Feedback (55 分)   結果を参考にした修正


名古屋市中区平和1-15-25 有限会社ビート米会話 (BEAT) (担当:鈴木)

Phone: 052-331-9338 お問い合わせ、会員受け付け時間帯:10:0015:00






……


by powerbeat85 | 2019-03-12 12:43 | ■英語関連
■ バイリンガル教育は、本当に早いうちからが正解でしょうか?
日本語100%、英語100%の200%バイリンガルはこの世に存在しない。
間違っても、第一言語(母国語)を99%以下にしない事。

第二言語は、どんなに逆立ちしても100%、にはなれないのだから
焦る必要はない。限りなく100%、に近付ける努力をすれば良いだけ。

日本語は複雑怪奇な言語で、話し言葉、書き言葉や先輩、後輩の話し方が
暗黙の了解で決まっている。だから、「何だ、その口の聞き方は?」と
いう表現が出てくる。「貴社、御社」の使い分けなど、メールを書くのも
一苦労することになります。

ここでの日本語の100%とは、漢字の読み書きが出来て、敬語(謙譲語、
丁寧語)、日本人としての一般知識などを兼ね備えるレベルのこと。

高校、大学をアメリカで過ごせば、これらを全て確保することは、もはや
不可能である。敬語を覚えるのは、高校を卒業して、大学生になってから
スタートです。この時期に海外留学を続けると、母国語に自信がなくなる。

これを続けると、日本語も英語も100%にはなれず、自分は何者?という、
いわゆるアイデンティティ クライシスに陥り、鬱病を招く事になる。
私は、長女娘のアメリカ留学🇺🇸をさせる時、一番恐れたのはこのことで、
お陰で、私の思い通りの、理想形を実現させることが出来たと思います。

外国語学習は、本当に早期スタートさせた方が有利なのでしょうか?
中学生スタートより小学生スタートが良い、という研究結果は世に出た
ことは、これまでに実例はありません。習得力の高い中学生が、あっと
言う間に追いついて来ます。

外国語環境(英語を日本で学ぶ場合)では、8歳の小学生グループと、
11歳、14歳、18歳に分けた、長年の習得力の比較調査の結果に
よると、小学生が有利と言う結果はない。圧倒的にインプットの量が
年長より少ないから、というのが理由です。

音の聞き分けは、一般に早期教育が良いとされていますが、中学生から
で十分であると私は考えています。私自身、中学一年生からABCを
始めたのですが、そう確信しています。

どのタイミングで、どれだけの準備をして、どれだけの期間、留学先に
滞在するのが理想かを実体験出来た。娘の場合、帰国して、結婚して、
7年以上米国に滞在しているけど、次に注意することは、日本語(漢字や
表現力)を忘れない努力をするために、毎日のように、LINEなどで
家族全員で正しい日本語で会話をすることを半ば義務付けしている。

語学学校を開講して34年になりまが、子供達にはこの事を声を大にして
伝えたいです。



〜〜

by powerbeat85 | 2019-03-09 18:13 | ■英語関連
■ 定冠詞、the を必要とする(固有)名詞と、しないもの。

冠詞の「定冠詞: the」や「不定冠詞: a/an」を付けるか付けないのか

という問題は日本人にはもう、永遠のテーマのようです。しかし、

それぞれの定義を理解できておれば、記憶に落とし込みやすいと

いう利点があります。


ここでも無理に「記憶力」で押さえこむ事は避け、日常的に便利な

フレーズをたくさん日頃から収集し、自分の日本語表現に近い

ニュアンスであれば、そのまま口調で覚える様に心がけてください。


その時に、それは「確かな情報源からのインプット」であることが

必須です。


一旦間違って口調で慣らしてしまったものを、後で修正するというのは、

とてもエネルギーが要ります。後で無駄な労力を払うことのないように

慎重にコレクション(collection)を続けていくことが成功への秘訣です。


冠詞には、定冠詞、theを必要としない「無冠詞:ゼロ冠詞」も

あるので忘れないでください。


Thank you for calling.「電話、ありがとう」:ゼロ冠詞(無冠詞)

Thank you for your help.「手伝ってくれて、ありがとう」:要、所有格

----------------------------------------------------------------


●定冠詞を必要とする物:(#1:、#2:、#3)

#1:固有名詞のホテルやビル名などの「建築・建造物」など:the

 The Miyako Hotel/ The Castle Hotel, the White House(米国大統領官邸),

 The Empire State Building (Bldg.), the Eiffel Tower(エッフェル塔)

 The Taj Mahal(タージマハール), etc.

 例外:同系列のチェ-ンホテル・ストア⇒a Hilton Hotel, a Holiday Inn,

    a McDonald'(一店舗), etc.


■「区域が不明確な固有名詞」の名前 the

#2:山脈、河川、運河、海洋()・砂漠、諸島、半島、海峡など:the

 the Rockies, the Appalachian mountains(山脈), the Hudson River(河川),

 the Sahara Desert(砂漠), the Philippine Islands(諸島),

 the Miura Peninsula(三浦半島), the German Channel(運河), etc.


#3:大学、新聞、雑誌、官庁など、「固有名詞の名前」:the

 the University of Tokyo (cf. 地名・人名が頭にあるとゼロ冠詞になる)

 Tokyo Univ.(:地名、東京大学), Stanford Univ.(Stanford:人名), etc.

 The New York Times, The Times, the Ministry of Foreign affairs(外務省)

----------------------------------------------------------------


●定冠詞を必要としない「ゼロ冠詞 (無冠詞)」の代表例:(#4:、#5)

#4:「区域が明確な固有名詞」の 駅名、城、空港、公園の名称や、

 Nagoya Station(名古屋駅)/ Nagoya Castle(名古屋城)/

 Narita Airport(成田空港)/ Central Park(セントラルパーク), etc.

 ◆「 定期的行動の対象物」:

 church(礼拝)/ work(職場)/ school(学校:組織・建物)/ college(大学)/

 class(授業・講義)/ breakfast(朝食)/ lunch(昼食)/ dinner(ディナー), etc.

 ex. I go to church./ I have class today./ Let's get back to work.


#5:「区域が明確な固有名詞」の「湖、島、岬、広場の名前」など:

 Lake Biwa(琵琶湖)/ Lake Victoria/ Lake Michigan/ Cape Soya(宗谷岬)/

 Red Square(赤の広場)

 Oahu Island(オアフ島)the Island of Oahu(オアフ島), etc.

----------------------------------------------------------------


(#1:、#2:、#3)など「定冠詞」の付くものと、

(#4:、#5)のように「◆ゼロ冠詞」と言われる冠詞の付かない

ものもあります。


これまでに、私もこのように分類してたくさん覚えてきましたが、

これらは、全て口調で覚えていくことで、無理なくマスターできます。


習得のコツは、忘れても気にしない不屈の精神と継続あるのみです。

継続できないから、英会話を途中であきらめる人たちが後を絶たない

わけです。


失敗しながら正確な正統派の英語に近づけていくのです。 冠詞を

間違ったために命取りになることはあまりないです。 ただ少しずつ

正確なものを求める気持ちがあればよいのです。


■定冠詞の例:

I'm sorry. You have the wrong number. 「間違い電話ですよ。」

この場合の「I'm sorry.」も、「ごめんなさい」と謝っている

のではなく、気の毒に思って出てくる言葉です。

無料メールマガジン、BOMのLesson 58 ◆#11の解説を参照ください。


不定冠詞の例文との比較:

Can you keep a secret?: 「秘密守れる?」「不定冠詞」

What's the secret of your success?

「あなたの成功の(その)秘訣は?」は「定冠詞」であり、

That's top secret.「それは、極秘です。」は、「ゼロ冠詞」です。

<pg32/at the bottom/Basic>

---------------------------------------------------------------




by powerbeat85 | 2019-01-25 12:11 | ■英語関連
■ 英会話の学び方、その攻略法

無料メルマガBOMは、日本人が英会話をマスターするために

必須である知識・情報を体系化したオリジナルカリキュラムの

メールマガジンです。毎月、3回配信しています。

英語習得に関する50年以上の知恵と知識と8年間の滞米生活

を続けた経験と110日間の世界一周の旅などから得た知識、

更に、商社マンとして世界中を飛び回って得た実践知識などが

わかり易い解説で本メルマガ“BOM”には反映されています。

英会話の習得は、自分のペースでコツコツ積み上げる

「反復の継続」しか、他に方法はありません。

「すぐに英語をマスターできる」という誇大広告や宣伝に騙されないで

 下さい。近道はないのです。10代前半、20代、30代以上とでは、

 学習の手順も大きく変わってきます。年を重ねるごとに、折角覚えた

 知識も全て忘れてしまいます。だから、忘れては覚えの繰り返しを

 いかに飽きなく続けられるかが、「習得の鍵」となるのです。

基本文法が一通り理解できたら、英語の基本表現を口調で覚えて

しまう事です。およそ、1000例の決まり文句があります。

⇒#1000

 

BOMで紹介している一つひとつの例文は、私が時間をかけて

吟味して厳選したものばかりです。リズム感のある、日本人が

口調で覚えやすいものというのが基本コンセプトになっています。

⇒【BEAT Patterns】 

口調でマスターできたら、徐々に単語を置き換える作業をする

だけです。元気良く、力強い発声で感情を込めて練習を重ねて

ください。アクセントの位置や抑揚が貴方の感情や気持ちを

相手に伝える役目を果たしている事も忘れないで下さい。

⇒【BEAT Patterns

スラングや、流行り言葉、ある特定の地域でしか通じないような

英語表現を覚えている暇などない、と私は考えています。

なぜなら、英語は世界中、様々な国で母国語として、また公用語、

第二言語として使われています。


だから、特定の地域でしか通用しないような表現を覚えて悦に

入るより、「どこの国の誰が聴いても誤解なく理解出来る」、

ユニバーサルな英会話力の習得を目指すのが一番効率的であると

考えています。

成人になった日本人が英会話を習得するのは途方もなく長い

道のりで、私が皆様に理想とするレベルに達するまでには

相当の時間を要します。効率的にやるにはどうすれば良いかを

優先に考えて欲しいのです。


ただし、“やればやるほど、確実に英会話の実力は向上するものです。”

日本の中学校、高校は、主に受験のための英語を勉強するところです。

 

英会話の勉強は、自分でやるしか方法は残っていません。

私の経験から、そう確信しています。是非、学校では学べない

英会話の基本知識を改めて再確認していただき、一歩ずつ夢の

実現に向けて、その助けになれば私にはこの上ない喜びです。


【平成31年(2019年)1月11日、現在】


(登録) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page


〜〜


by powerbeat85 | 2019-01-11 18:40 | ■英語関連
■ head to vs. head to の違いと使い分け。
We’re heading to Nagoya now.
今、(神戸から)名古屋へ向かっています。
We’re heading for Nagoya now.

head for... とhead to...
どちらも正しいけど、意味は異なる。

to とfor という異なる前置詞を使っているので、
そのニュアンスの差がある。

to A:Aに向かって進み,到達を含意
for A:Aに向かって進むが,到達は含意しない

つまり,

head to A:Aに向かい,到達する
head for A:Aに向かうだけで,到達するかどうかははっきりしない

というニュアンスの違いがあります.といっても印象の問題なので、
和訳は同じになる。

冒頭の例文の意味は、名古屋到達を意味するので、
...head to Nagoya
We’re heading to Nagoya now. で問題ない。

正しい情報源から(英語のネイティブから聞いたなど、)学んだ表現は、
正しい。

類似表現:
leave for
We’re leaving for Hawaii tomorrow.
現在進行形は、確定的近未来。
「明日、我々は、ハワイへ向けて出発します。」
cf. We’re leaving Japan tomorrow.
明日、我々は日本を発ちます。

Leave for とleave では大違いです。




〜〜〜

by powerbeat85 | 2018-12-27 18:05 | ■英語関連
◾️ あなたの英語をより正確に相手に伝えるために必要なこと。

以下、「 」内は、President Online からの抜粋です。


「自分は一生懸命話しているのに、皆真剣に聞いてくれない、

そんな経験ありませんか。人は相手の話に矛盾を感じた場合、

言語情報から信用するのは、わずか7%程度で、残りの約9割は

表情やしぐさ、声といった『非言語情報』から相手を判断して

いる。つまり、どれだけ内容が立派でも、声や話し方、表情に

力がなければ、話を聞いてもらえないということです」


英語も同じだと思います。キーワードは、「表情、しぐさ、声」

です。「感情や気持ち」を伝えるには何を注意するべきか?

その答えは、英語の場合、


1️⃣アクセントの位置、

2️⃣話し方のリズム、【BEAT Patterns】

3️⃣イントネーション(抑揚) 疑問文などの上昇抑揚や下降抑揚など

のことです。4つのパターンがあります。


アメリカで生活していて気づいたことは、綺麗な発音することより

1️⃣のアクセントの位置を正しく保つことの方がより重要で相手に

理解してもらいやすいということ。


2️⃣ とは、【BEAT Patterns】のこと。4つしかありません。


この1️⃣2️⃣3️⃣の一連の知識を意識すれば、あなたの英語は飛躍的に

相手に伝わりやすくなります。加えて「顔の表情やしぐさ」が

伴っておれば、さらに精度が増します。誤解を招かないためには、

この一連の知識はとても大切です。




………


by powerbeat85 | 2018-11-20 12:42 | ■英語関連
◾️ PowerGram の最重要ポイント、「補語」とは何か?

PowerGram” とは?


PowerGram” は、一言で「英会話のための文法書」です。

日本人のための参考書です。


日本人が英語や、英会話を苦手と感じる最大の理由は、

「基本の文法」を最重要視することなく、高校、大学受験の

ためのテクニックばかりを無理に押し付けられ、楽しみながら

英語を学ぶということに欠けているからだと思います。


どんなに英語が上手くなったと自覚出来るようになっても、

英語の文法基礎知識無しには、正確な文章を書くことや、

正しい英会話表現をする事は出来ません。


生徒様方に、毎回、口を酸っぱくしながらお伝えしている

ことは、

① 「形容詞は、be 動詞を伴う」ということ。

② 第五文型、”SVOC” の “C”、つまり、補語と呼ばれるもの。

この補語の存在と正体を徹底的に解明することである、と

言い続けています。


この ② 補語とは、一体、何者なのでしょう。一言では言えない

ものですが、この② のポイントをおまじないのように、

いつも唱える習慣をつけてみてください。


この、たった一つの ② のポイントを確実に理解することで、

あなたの英語は世界中の誰にも理解出来る、正しい英語(米語)と

することが出来ます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


補語とは、2つ (:#1 と #2 )に分類されます。例文を見ましょう。


#1:補語が名詞の場合

to 不定詞の名詞的用法のみのことです。

(形容詞的用法や、副詞的用法は補語にはなりません)


例:I want you to come to the party. (SVOC)

太文字(ゴシック体)が、名詞で「動作」を表します。

直訳:「私はあなたにパーティへ来るという(動作)ことを欲する」

意訳:「私はあなたにパーティへ来て欲しい」



#2:補語が形容詞の場合

形容詞」は、日本人には理解しやすいものです。


例:I found the book interesting. (SVOC)

太文字(ゴシック体)が、形容詞で「状態」を表します。

直訳:「私はその本を、面白いという状態で発見しました」

意訳:「その本は、読んでみたら、面白いことがわかりました」


なぜ、形容詞が状態か?(①形容詞は、be 動詞を伴う」)という

大原則。be 動詞は、状態を表す。だから、形容詞は状態を

意味するのです。



ただ、実は、これだけではまだ不十分です。つまり、

どんな形の「名詞や形容詞」があるのか?

そして、名詞の「to 不定詞」の部分が、例:1 の

want」以外にどんな動詞があるのか? ➡︎ <pg34/V●>


また、「to 不定詞」の「to」が無い形の「原形不定詞」には

どんなものがあるのかを知る必要があります。

答えは、「1️⃣知覚動詞と2️⃣使役動詞」です。


PowerGram には、1️⃣、2️⃣が一覧出来るようになっており、

例文も、日常会話で使用できるものがたくさん掲載されて

います。




………






by powerbeat85 | 2018-11-19 07:38 | ■英語関連
■ promise vs. reservation vs. appointment vs. engagement

「予約、約束、予定」に相当する類語のいろいろ


⚫︎promise:「ある1つのことをする、しない、という約束」

I made a promise that I would get there by 10:00 a.m.

「私は朝、10時までには伺う(到着する)と約束しました」


⚫︎reservation:「ホテル、コンサート、レストランなど、

ある特定の場所と時間を設定して予約すること」

Have you made a reservation for the hotel for Mr. Jackson?

「ジャクソンさんのホテルの予約はもう済ませた?」


⚫︎appointment :「会合など、ある特定の場所と時間の他、

特定の人がプラスされた約束や予約のこと」

I’m sorry but I have another appointment on that day.

「あいにくですが、当日は、また別の(人と会う)約束があります。」


●engagement:「会合への出席など、約束、予定。何かをやったり、人と会うための取り決め」

I’m sorry but I have a previous engagement.

「申し訳ありませんが、先約があります。」




—-


by powerbeat85 | 2018-10-31 18:49 | ■英語関連
■ opportunity vs. chance

⚫︎opportunity:(たまたま、その機会に遭遇した)

やろうと思えばやれる機会に恵まれること。

a chance to do something, or an occasion

when it is easy for you to do something


When I was in Hawaii long time ago, I had an opportunity to try

scuba diving.

「ずっと以前にハワイへ行った時、たまたまスキューバダイビングを

やる機会があった。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


⚫︎chance: (やりたかった事がやれる、絶好のチャンス到来)

本来、自分がやりたい何かを出来る時間や状況のこと。

a time or situation that you can use to do something

that you want to do


Since I’m going to be transferred to Indonesia, it’s a good chance

to learn my English.

「インドネシアへ赴任するので、英語を学ぶちょうど良い機会である。




——


by powerbeat85 | 2018-10-30 17:23 | ■英語関連
■ 英語の文法のおさらいは、Twitter #beat85 です。
あっという間に、もう10月です。台風も相変わらず続いています。
昨日は25号が朝鮮半島、釜山辺りに上陸し日本海を北上したようですが、
21号、24号の被害はありませんでしたか?我が家の近所の家は、屋根が
瓦で無かったので完全に剥ぎ取られてしまいました。

ところで、今年の新年の抱負に掲げた英会話、英語の目標は順調に
進んでいますか?

英語は、英会話であれ、TOEIC TOEFL であれ、文法の基本は
全て共通しています。そういう意味では、キチンと基礎知識を付けて
おけば、メールを流す時も、文章を書く時にも基本知識が役立ちます。

ただ、時間がかかるし、どこから手を付けたら良いのか途方に暮れて
しまいます。でも、私のTwitter @ POWERBEAT85 のハシュタグの
#beat85 を時々、眺めてください。高頻度の慣用表現をベースに、
膨大な量の文法基礎知識を2010年から現在も提供しています。

どなたでも自由に閲覧できるので、楽しみながら自分のペースでトライ
してみてください。流し読みするだけで、ほぼ、完璧に英語の文法基礎
が解ります。


有限会社ビート米会話 (創立33年)
無料メルマガ、BOM ( PowerGram に100%連動) 著者、
PowerGram 著者、
小原 伸一

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。お名前とメルアド入力のみで完了。
スマートフォンだけではなく、PCメルアドでも登録してください。

オススメのドメインは、@gmail.com です。


登録後、メルマガの着信を確認出来ない場合は、『迷惑メールフォルダ』に

着信されていないかを確認ください。その場合は、『迷惑メールではない

をクリックして、その解除処理をしてください。

(登録) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page




〜〜

by powerbeat85 | 2018-10-07 07:33 | ■英語関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.