法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:■英語関連( 437 )
■ 「無料メルマガ、BOM」のご案内です。
 ◆●◆著者からのメッセージ

 ●1999年の配信開始から18年。「無料メルマガ、BOM」の
  ご案内です。

 まだフォロー(登録)されていない方が周りにいらっしゃいましたら、
 お友達、ご家族の方々、親戚の方など、この機会に是非、本メルマガ
 の存在を伝えてあげてください。コンセプトは、日常的に、英会話に
 必要な基礎知識を定期的にお伝えすること。知識を当たり前のように
 積み重ねて行って欲しいのです。

 本メルマガを購読していただくことで、英語の基礎知識を繰り返し
 理解すれば、自然と英会話センスが身に付くようになるはずです。

 基本知識なしでは、どんなに時間を費やしても、まったくの無駄に
 なります。聞いているだけで英語をマスターできるなんていう話に
 騙されないでください。文法は、ルールです。時制、五文型、複文
 と重文の違いなど、最低限の理解が出来れば、気が付けば、英会話
 の世界への仲間入りしていると自覚できる時が必ずやってきます。

 キーワードは、「継続」です。今はそのことが理解できなくても、
 解るときが必ず、やってきます。根拠は、実例を見てきたからです。


 本メルマガは、Lesson 1 ~72まで、毎月3回の配信で一通り
 目を通して頂くまでに2年間を要します。


有限会社ビート米会話 (創立33年)
無料メルマガ、BOM ( PowerGram に100%連動) 著者、
PowerGram 著者、
小原 伸一

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。お名前とメルアド入力のみで完了。
スマートフォンだけではなく、PCメルアドでも登録してください。

オススメのドメインは、@gmail.com です。
(登録) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page




----


[PR]
by powerbeat85 | 2018-06-06 10:56 | ■英語関連
■ 英会話は暗記するのではなく、口調で覚える。
beat85 的観測⇔◼︎◼︎ 英会話をマスターしたいとお考えの皆様へ:
✔️英会話ができるようにするためには、文法は避けて通れません。
何となく聞いていたり、外国人と話しておれば話せる、というのは
完全な勘違った解釈です。

文法、この響き、悪いですよね。私も嫌いです。でも、分かる範囲で
コツコツと学習して積み上げることは必須条件です。
文法とは、決まりごと。言い換えれば、ルールです。

ルールを無視してやろうとしても、空回りするだけで時間の無駄です。
一つずつの慣用表現を見据えて、声を出して、大きな声で感情を込めて、
元気よく、そしてアクセントの位置や最後のイントネーション(抑揚)
にも気を配り、暗記するのではなく口調で覚えるようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#beat85 的観測⇔私は杉花粉アレルギーです。
⇒◼︎I'm allergic to cedar pollen.

「もはや風邪なのかアレルギーなのかわからないよ。」
" At this point I can't tell if it's a cold or allergies."
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#beat85 的観測⇔日本語には出ない
⇒◼︎所有格、my をミスると致命的な間違いになる。
get+形容詞は、基本。

「イヤホンが絡まっちゃったよ。」
"My earphones got tangled."
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#beat85 的観測⇔so
⇒very、使い分けを??考えよう。
very:穏やかな、改まった表現:「大変、とても:very」

「すっごく緊張しますね!」
◼︎ "I'm so nervous!" so:くだけた、感情表現。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#beat85 的観測⇔
⇒◼︎Cut it! Cut it out! は、
アメリカ(カリフォルニア)で生活しているとよく、耳にする。
よく使いました。
「寝言は寝て言え!」 "Cut the crap."
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#beat85 的観測⇔get better at...が、もっと得意になる(動作:get)
cf. ⇒be good at ... ....が得意である(状態::be)。

「上手く話せるようになる為に、もっとがんばるから、」
" I'll try to get better at English, so please be patient with me."
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#beat85 的観測⇔より丁寧な表現
⇒"Do you mind if I sit here?"
◼︎ cf. Can I sit here? / May I sit here? / Is this seat taken?

「ここの席に座ってもいいですか?」
"May I have a seat here?"
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#beat85 的観測⇔I hope...
⇒の反対バージョンが、 I'm afraid...残念だけど、
申し訳ないけど、恐縮ですが、 の意味。

「列車が遅延しないといいけど。」
"I hope the train won't be delayed."
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



----


[PR]
by powerbeat85 | 2018-05-11 11:44 | ■英語関連
■ How about...? / what about ...? vs. Why don’t you ...?
#beat85 的観測⇔Why don't you ask...?⇒と

①How about asking...?
②What about asking...?
の違いを確認したい方は、
✔️#PowerGram PG25/top/1&2 に解説と例文があります。

■① の基本は、「提案、勧誘」。
何か物を「提案したり、勧誘する」場面です。

① How about lunch with me?
お昼、一緒にどうですか?

■■②の基本は、
②は、「意見、感想を相手に求める」場面です。
I’m from Miyazaki. What about you?
私は宮崎の出身ですが、あなたの出身はどちらですか? とか、

I’m hungry. What about you?
お腹が空いてるけど、あなたは如何です(お腹が空いてます)か?
など、「先に一定の意見を述べ、同じ事を相手に問う」場面です。

更に、
■■■③番目の定義が、この①②にはあります。
それは、「同義語」の場合、つまり、
「①の意味と、②の意味をお互いが共有して持つ」場合です。

この場合の使い分けは、
①よりも、②の表現は、「丁寧で改まった表現」になります。

例、
冒頭の
① How about lunch with me?
お昼、一緒にどうですか?
③ What about lunch with me?
お昼、一緒にいかがですか?

同様に、
I’m hungry. ④What about you?
お腹が空いてるけど、あなたは如何ですか?

I’m hungry. ⑤How about you?
お腹が空いてるけど、あなたはどう?

同様に、
I’m from Miyazaki. ④What about you?
私は宮崎の出身ですが、あなたはどちらですか?

I’m from Miyazaki. ⑤How about you?
私は宮崎の出身ですが、あなたは何処?
つまり、④よりも、⑤は、少し「砕けた感じの響き」になり、
一方、④は改まった表現ということになります。

〜〜〜〜

次に、以下の⑥ の”Why don't you ...?” を比較しましょう。
事前に状況を確認した後、( )部のような、
それだったら、と続く問いかけなので、
一定の条件下であるため、間接的で穏やかな響きがある。

これに対して、上述の■① の、「提案、勧誘」は、
状況確認無しの、一方的な問いかけなので、
直接的で、「不躾な、気軽で、親しみを持った」言い方になる。

例:
Do you have any plans this weekend?
— Nothing special!
Why don’t you come to my house? We have a BBQ party.
(それだったら、)うちに遊びに来たら?バーベキューやるので。

(そんなんだったら、)あなたの沢山いる女友達たちに聞いてみれば?(嫌味)
"Why don't you ask one of your many girlfriends?"
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



----


[PR]
by powerbeat85 | 2018-05-04 18:18 | ■英語関連
◾️米語、現代口語表現
社内のメールをチェックしていたら、
社員のメールに面白い内容のモノを発見しました。

EXAMPLE... contemporary American English


Outdated expression: How do you do?
Acceptable contemporavry expression:

Nice to meet you.


Outdated expression: Goodbye!, Bye-bye!
Acceptable contemporary expression:

Bye!, or See you (pronounced ‘see ya’)!


Outdated expression: If Jim were here, he would know what to do.
Acceptable contemporary expression:

If Jim was here....


Outdated expression: May I borrow your rubber, please?
Acceptable contemporary expression:

Can I use your rubber, please?


Outdated expression: All four-letter words
Acceptable contemporary expression:

Use “clean” substitutes until your English is perfect!




----


[PR]
by powerbeat85 | 2018-04-17 23:34 | ■英語関連
◾️ 学校では学ばない英会話のための基礎知識。
1999年の配信開始から18年「無料メルマガ、BOM」
のご案内です。

まだフォロー(登録)していない人は、この機会に是非どうぞ。

画像一番下、青い「無料会員登録」ボタン
をクリックして、「お名前とメールアドレス」をお願いします。

 ●おかげ様で、英語学習者のための無料メルマガ、BOMは

配信開始から改訂を加えて18周年を迎えました。精度の高さを

見て頂きたいです。


 BOMを通して、今後も私の知識を、惜しみなく公開していきます。

 皆様の英語力のレベルアップのために、特に英会話に必要な基礎知識を

 文字や音声で表現できる限りの改訂に努めて参ります。


 本メルマガは、Lesson 1 ~72まで、毎月3回の配信で一通り

 目を通して頂くまでに2年間を要します。


今回、月曜日の配信はそのLesson 16ですが、内容は、

be 動詞と do 動詞の仕組み」と理解です。従って、

事実上、今回は、Lesson 1 です。この機会をお見逃しなく!



 ◆◆◆◆ 今回のみどころ ▼▽▼


 ◆◆◆(PART I)「be 動詞と do 動詞の仕組み」と理解

という訳で、実は、今回が事実上のLesson1です。

 ◆◆(PART II)【分離の法則】の解説と紹介

 ◆(PART III)代名詞「it」を伴う「慣用表現」


 ◆お知らせ、その1:

 英会話学習に必要な条件は、

「①:基礎英文法」を知る

「②:リスニング力に必要な知識」を知る

「③:慣用表現の理解」をする、というこの3つです。


 PART I では、①を、

 PART II では、②を、そして、

 PART III では、③を、Lesson 172 まで二年間に渡ってご案内します。


PART IV では、英語学習のためのノウハウとヒント

PART V では、TOEIC スコアアップのポイント紹介

 毎月、5、15、25日が配信日です。




有限会社ビート米会話 (創立33年)
無料メルマガ、BOM ( PowerGram に100%連動) 著者、
PowerGram 著者、
小原 伸一

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。お名前とメルアド入力のみで完了。
スマートフォンだけではなく、PCメルアドでも登録してください。

オススメのドメインは、@gmail.com です。
(登録) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page




----



[PR]
by powerbeat85 | 2018-04-14 15:25 | ■英語関連
◾️ 意外と知られていない、英文法、基礎知識。

Blogs are popular these days.

[⭕️nowadays, recently].


(latelyrecently は、

現在完了形または過去形

と共にのみ用いる)




----


[PR]
by powerbeat85 | 2018-04-13 11:50 | ■英語関連
■ 品詞を覚える順番について。
思春期を過ぎた大人が英語を理解し、読み、書き、聴く、話す
の4技能をどの順序で学ぶのが一番効率的か?
読み書きは、学校で学ぶので良し、として..... 残りの2つ。

答えは、
Listening →→→Speaking
相手が何を言っているのか、意味が理解できなければ、会話は
成立しません。極端な話、相手の話が理解出来れば、Yes、No
だけでも急場は凌げます。

では、聴く力の「聴解力」と、相手の意見を聞いた後で、自分の意見を伝える
力、「会話力」を効率的に学ぶには、何が必要不可欠なのでしょうか?

それは、「文法力」です。受験の英文法ではなく、日常会話に不可欠な
会話レベルの「基礎文法知識」です。

まず、「品詞の定義」を知ることです。覚える順番も常に一定であることが
重要です。これは、私の経験から来るものですが......、

①名詞 ②形容詞 ③副詞
であると、いつも生徒様方に伝えています。
これを受けて、生徒様から素朴な質問が届きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

質問:今日のレッスンで登場した to不定詞ですが、名詞、形容詞、副詞の
順番はわかりましたが、なぜこの順番なのでしょう?

答え:そうですよね。説明しないと納得できないですよね。
実は、副詞が一番複雑で、名詞が一番わかりやすいからです。
「動名詞」や、「to 不定詞の名詞的用法」が一番理解しやすいから、
というのが理由です。

「to 不定詞の副詞的用法」や、「分詞構文の副詞」が一番複雑で
分かりにくいのです。一通り理解できるまでに、ちょっと時間が
かかります。

つまり、分かりやすいものから順に覚えるのが、手順として一番だと
考えています。

形容詞が2番目に来る理由は、「形容詞は、名詞のみを修飾する」と
いうことでリンクしているからです。

理解し易しいものから順に積み上げて行く。この手順です。




——

[PR]
by powerbeat85 | 2018-02-28 23:51 | ■英語関連
■ 第五文型、SVOC の補語の説明です。
日本人が英語に苦手意識を持つ、最大の理由は何なのでしょうか?
私は、現在、語学学校を経営して、34年になりました。
その理由の答えとは?

とは言っても、最近わかったことではなく、昔から考えは全くブレて
いないのですが、理由は、たったの1つです。

それは、
第二文型(SVC)と、第五文型(SVOC)に登場する、C:補語の
正しい理解が出来ていないからです。

確かに説明するには、多少、時間が必要で、かなり、複雑なので、
簡単にはいきませんが、例を挙げて紹介しましょう。

学校で、どうしてこのことに気づかないのか、不思議でなりません。
補語を説明するには、分かりやすい例文と、実際に
日常的によく出てくる高頻度の慣用表現が必要になります。

A:We have to get a doctor to come and see our son.
B:Did you get your hair cut?

Aと、Bの例文を比較していただいて、
Aは、補語(to come) が名詞で動作。
Bは、最後の cut が過去分詞の形容詞で補語が状態です。

ここまで説明しても、まだ、何のことかわからない方が
ほとんどだろうと推測出来ますが、でも、ここが理解出来ない
のが唯一の理由なのです。

Aは、to不定詞の補語を伴う、使役動詞の get 。
Bは、cut が、過去分詞の形容詞的用法で、状態に
なっていることです。

無料のメルマガ、BOM:BEAT OnLine Magic や、ブログ、
Twitterでも、日常的にその答えを20年ほど公開しています。

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。お名前とメルアド入力のみで完了。
スマートフォンだけではなく、PCメルアドでも登録してください。

オススメのドメインは、@gmail.com です。
(登録) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page





_____


[PR]
by powerbeat85 | 2018-02-20 18:42 | ■英語関連
■ 日常的に使える「慣用表現」の数はどれだけあるのか?
おはようございます。

海外出張前に使えるフレーズも含めて、日常生活で最低必要となる英語表現
の数は、どれだけの量があるのか.... 考えたことはありますか?

日頃、英会話をマスターしたいと夢見る人は、戦後から今日に至るまで、
そして、今後も含めて永遠に続くと思います。そして、......

英会話に関心のある人なら誰しも、様々な誇大広告も目にしている筈です。
昔から誇大広告はあります。新聞広告の一面や両面を占めるものまで、
最近では、「聞くだけで何とかなる」、というのは有名ですよね。

でも、本当にそれだけで、自分の理想とするレベルに達しているのでしょうか?
誰にも判りません。だからこの商売は旨みがあるのでしょう。
皆さん、騙されないでください。1教材としてなら、良いのかもしれませんが、
それで全てが満たされる、というのは言い過ぎです。あり得ない話。

この件に関しては、事あるごとに、これまでにも何度も何度もお伝えしています。
2、3歳の子供の頃から思春期の16〜17歳くらいまでのことを、「言葉の臨界期」
という呼び方をします。

「臨界期」とは、その言語を話す国に住み続ければ、人は誰でも努力せずに
次々とその国の言葉が話せるようになる時期が存在するのです。
このことはつまり、あなたが既にその時期を過ぎているのなら、
自然に言葉を覚えるという時期は、もはや “過去の話” なのです。

受験英語の難しい文法をやる必要は全くありません。でも、日常会話に
必要な「文法」というのは存在します。

だから、PowerGram を書いたのです。50ページほどの薄っぺらいテキスト
のようですが、実は、日本人のための、英会話のための文法のための「参考書」
なのです。純粋な文法書です。

普通の文法書とPowerGram との最大の違いは、本の厚さだけではありません。
一番の違いは、文法項目ごとのそれぞれのページの例文の全てが日常慣用表現で
網羅されている点です。

日常的に必須とされる慣用表現は全て、PowerGramに掲載されています。
クラシック(古典)ともいうべき表現は、昔も今も多くの表現が生き残っています。

例えば、
“Are you ready?” “Are you sure?”
“What do you mean?” “What do you think?”
“What day is it?” “What’s the date?” “What's the matter?”

“How do you know that?” “How come?” “How’re you doing?”
“How about lunch?” “Do you like it?”

“Thank you. I appreciate it.” “Thanks anyway.”
“I doubt it.” “I hope so.”

“Would you do me a favor?” “That would be great.”
“Come on! Let’s go!” “Give me a break!”

“That’s expensive, isn’t it?”
“No problem.” “No kidding!” “No wonder!”
など、たくさんあります。でも無数ではありません。

PowerGram 各ページの、項目別の解説文(1,600の例文)は、
こういった高頻度の慣用表現で構成されています。

特に高頻度の慣用表現には、文尾にアスタリスクマーク(✳︎)が表示
(520例文有り)されています。

慣用表現に目を通して、知っているものから、ノートに抜き出して、
声を出して口で覚えてください。ノートに書く努力は必須です。
頭で覚えるのではなく、体で覚えるのです。

左脳で覚えたものは、すぐ忘れます。掛け算の九九の要領でやるのが
一番です。口調で覚えましょう。

PowerGram は、1997年に第1版を発行しましたが、その後も
改定を続け、現在、第21版です。

有限会社ビート米会話 創業者 (創立33年)
無料メルマガ、BOM ( PowerGram に100%連動) 著者、
PowerGram 著者、
小原 伸一

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。お名前とメルアド入力のみで完了。
スマートフォンだけではなく、PCメルアドでも登録してください。

オススメは、@gmail.com です。
(登録) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page


BOM の内容と構成:PART I 〜 V (①〜⑤)

日常英会話に必要な知識とされる、

①英会話のための「文法基礎知識」。

②「発音やアクセントの位置」、通じる発音の基本知識。

③「超高頻度の慣用表現」の紹介と解説。

④「英会話を攻略するため」のノウハウの紹介。

⑤TOEIC 「スコアアップ」のための最新情報。

を18年間、無料配信を継続中です。Lesson 1〜72(配信期間、2年間です。)

5、15、25日の毎月3回の配信です。




——


[PR]
by powerbeat85 | 2018-01-27 12:04 | ■英語関連
■ 英語の発音記号(米式)の読み取り方を解説します。

これから皆様にご案内する発音記号は、残念ながら、

英語学習者の為の私の無料メルマガ、BOM(1999年から配信

継続中)では、表示できておりません。メール配信のパソコンの

形式が理由です。


ただ、この「発音記号の説明」を無視するわけにもいかないので、

今後も追加、削除を加え、発音記号の説明をこのブログを通して、

このような形で解説を継続したいと思います。

ひらがな表示(例:あ)は、日本語と同じ発音のことです。


今回の案内は、5年ぶりで2012125日以来の改訂版です。

関心のある方は、じっくり観察してください。

また、このページは今後も可能な限り改訂していきます。

--------------------------------------------------------------------


日本語の母音「////」は、[ /i:/ /e/ /a/ /o/ /u/ ] という

発音記号表示(英式)されます。この5つの母音も英語の発音として

存在しますが、英語発音には他に「10種類の母音発音」①~⑩

あります。(❇︎ : 米語の発音記号の特徴) 合計、15種類の母音発音

があります。


■/a/ → /系列では、

他に [ /æ/ /ʌ/ /ə/ /ɑ/ /( ⭕️/r/ ) ] 5つ音がある。


(米式発音記号表示:[/ɚ/])=英式発音記号 [r/]

⭕️印は、「半母音」の3つ。 以下、5つに関して解説をします。

■ex. [bæd] → bad,  

①[/æ/]=[/a+e/]:押しつぶしたサウンドの[ア]は、


  英語を代表する発音記号で、弊社では通称『チョウチョ』と

  呼んでいます。形が「喋喋」に似ているのがその理由です。


この音を出すコツは、日本語の『エ:e』を発音する口の構えを

維持しながら、「ア:a」と、エ の音を同時に出してみてください。


■ex. [kʌp] → cup,  

②[/ʌ/]弊社では、通称、形状から『山形:ヤマガタ』と呼んで

います。この音は、驚いた時に、日本語でも発する「アッ!」と

言う時に発する短い「ア」の音です。


■ex. [bɚd] → bird,

③[/ə/]「アルファベット小文字」の「e」逆さにして裏返した

記号を使います。


cf. [r/]は、✳︎ ɚ (❇︎ : 米式の発音記号)になります。

下にも解説あり。  


これは、巻き舌と呼ばれる、舌先を巻き上げた英語独特の音です。

[ɚli] → early, cf./ɚli/ (米式)→ /ərli/(英式発音記号表示)


■ex.[gɑd]God:神様」

④[/ɑ/]この音は、「ゴッd」でもなく、「ガッd」でもない、

その中間の「ァ」の発音です。 この発音記号は、意外と簡単に

発音できます。適当にやれば出る発音です。特殊工作不要です。

「真っすぐ下ろす『ア』」と呼んでいます。


[stɑp] → stop, も同じ要領で練習しましょう。

ストップ、スタップの中間のァの音です。


■ex.[/rɛd/ /rum/]red/ room:赤、部屋」

⑤[/r/]この音は半母音。半母音の3つは口先をすぼめる

という共通点があります。

この発音記号は、「『半母音』」と呼んでいます。


--------------------------------------------------------------------


■ex. [ˈi:zi:] → easy, 歯を閉じた前後の「イ」

[/i:/] / 歯を閉じた状態の発音。

日本語と同じ発音の「イ」 です。

[ˈi:zi:]の直前にある [ ˈ ] は、第一アクセントの位置を意味する。


■ex. ⑥[ / ɪ / ]❇︎ ( : 米式の発音記号)

英式発音記号の[ /i/ ]を意味するもの。

/ 歯を開けた状態の発音。


cf. 米式発音記号の[ / i / ]は、英語発音記号では[ / i: / ]です。


[paɪ] → pioneer [paɪəˈnɪr] 歯を開けて発音する「イ」です。

「アルファベットA[eɪ] の「イ」は、歯を開けた状態で発音。


[aɪ]「アルファベット I」の「イ」も、全く同じ発音です。

[θɪŋk] → think, 歯を開けた「イ」 も同じ。


■ex. ⑦[( /j/ )]

→ you [/ju/]:英式 。米式発音記号表示では、❇︎[/yʊ/]、strong[/yu/]

i.e. strong=アクセント(強勢)を置いた場合の発音。


アルファベットの J の「小文字」を使ったこの発音記号の「イ」は、

半母音と呼ばれ、⭕️半母音は、ex. [( /r//j/ )、⑧/w/]の3つです。

半母音の発音は、「唇をすぼめて発声する」という共通点があります。

[jɔr] → your

--------------------------------------------------------------------


■ex. [⑧ ]

/u/は、 / 日本語の「ウ」と同じ発音で、

(英式発音記号表示、米式発音記号表示では:[(/ʊ/)] ❇︎になります。


[⑧(/w/)] → window [windoʊ] ⭕️唇をすぼめて発声する「ウゥ」

  → wine [wain]

[oʊ] → Oh!  英語には、このように二重母音の発音が数多くありますが、

[ʊu]二つ目の母音の音を忘れずに発音すること。

[oʊ] [o:] にならないように。

--------------------------------------------------------------------


■ex. [⑨(/ɛ/) ]

[ˈmɛsiʤ] → message,   [メェスィヂ] 

口角をいっぱいに広げて発音する「エ」


/e/ → / 日本語発音との大きな違いは、

[⑨(/ɛ/) ] → every [ɛvri] の部分を、口角をいっぱいに広げる

「エ」の発音です。「数字の3を裏返した発音記号の『エ』」

と表現しています。

----------------------------------------------------


■ex. [⑩(/ɔ/)]

[⑩(/ɔ/)] → coffee [kɔfi] 甲高い発音の「オ」で、

日本語にはない音です。


この音を出すコツは、日本語の『オ』を高い音程で発声しますが、

実際は、[コフィ]ですが、慣れるまでは、この音が[カフィ]に

聞こえるという方が多いようです。

この単語は、第二発音で、[kɑfi]も米語発音として認められています。


[tɔl] → tall 米語は、甲高い発音の「オ」です。

米語発音は「強く、鋭く、短く発音するのが基本」です。 


[tɔ:l]や、日本語のト、[to:l] 発音にはならないので注意が必要です。

[/o/]日本語発音の「お」の発音記号と区別しましょう。

----------------------------------------------------------------


半母音


⭕️[(r)] [(j)] [(w)]の3つは、半母音と呼ばれ、共通点は唇をすぼめて

発音するのが特徴です。

ex. room [rum],


usually [/ːʒu(ə)li/]:( ✳︎: 英式の発音記号)/

usually [ˈyuʒuəli, -ʒəli](❇︎: 米式の発音記号)


one [/wʌn/],

wine [/wain:英式/ waɪn:米式],

window [/windou/]

wood/ would [/wud/]

---------------------------------------


[/ɚ/] (❇︎: 米式の発音記号) [/ər/]( ✳︎: 英式の発音記号)/

ex. sister → [/ˈsɪstɚ/]

---------------------------------------


[/θ/]think, [/ð/]this

---------------------------------------


[ /s/ vs. /z/ ] → sip [sip],

→ zip [zip]:( ✳︎: 英式の発音記号)/

→ zip [zɪp]:(❇︎: 米式の発音記号)

---------------------------------------


[ /ʃ/ /ʒ/ ] → she [ʃi:], → cash [ʃ], → beige [beɪʒ]

---------------------------------------


[ /p/ /b/ /t/ /d/ /k/ /ɡ/ ] 破裂音の6つ 

---------------------------------------


[ /f/ /v/ ]摩擦音の2つ [ /f/ ]の濁音が [ /v/ ] です。口の形は同じ。

---------------------------------------


[ /ʦ/ /ʧ/ /ʤ/ ] 

→ cats [ʦ], →match [ʧ], → marriage [mæridʒ]

---------------------------------------


[/l/]側音と呼ぶのは、これ1つだけ。

---------------------------------------


[ /b/ /f/ /g/ /h/ /l/ /m/ /n/ /p/ /v/ ]脱落音

---------------------------------------


声門閉鎖音pg 28/top) [ // ]❇︎ [ˈmaʊntn] → mountain 

---------------------------------------


発音記号に関しては、今後、このページに掲載事項を追加していきます。

なお、私のオススメの英英辞典は、

Longman Advanced American Dictionary, (LAAD) で、


32年前から一貫して変わりません。

ビート米会話の生徒様はこの辞典をお持ちの方が

大勢いらっしゃいます。


iPadをお持ちの方ならApp Storeから@¥1200(2012年)で

ダウンロード出来ましたが、現在がアップバージョンは、

2500円(2017年)程します。もちろん、iPhoneでも併用できます。

バージョンアップは今後も頻繁に行われ、最近は見違えるように

賢くなりました。私にはこれ以外の英英辞典は、現在では考えられ

ません。


本ブログの内容の無断での転載、転送、再編集、再配信、連載、掲示板への掲載等は、

著作権法によって禁じられています。以上の行為は、お控えください。








----

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「国内ドラマ」をもっと見る

[PR]
by powerbeat85 | 2018-01-13 10:42 | ■英語関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.