人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

▼ 日本国憲法に「女性の権利」を主張した女性の存在。

戦前の明治憲法から、戦後の日本国憲法へと移行した最大の
違いは、以下の3つである。

①天皇主権から→ 天皇は国民統合の象徴であり、国民主権となる。
②戦争放棄。
③男女平等。

③に関して、それまでは男尊女卑で女性の権利が全く無視されていた国が、
戦後、一年と3ヶ月しか過ぎていない時期に、一変して成立できた
のは、GHQに集められた24人の弁護士軍団と、たった一人の22歳
素人の米人女性が加わっていたことを知り、衝撃を受けている。

その女性とは、オーストリア系ユダヤ人で、リストの再来と騒がれた
ピアニストの父を持ち、5歳から日本で育ったベアタ・シロタという
女性がいたことが判明。当時、東北地方では大飢饉があり、
貧しさから女性の人身売買のことを友人から聞いて、大きなショック
を受けた経験のある彼女は、戦争直後、無事に生き延びていた両親に
会うため疎開先のアメリカから日本に戻った。

6ヶ国語を話す、彼女は当時、かろうじて戦火を免れて焼け残った
全国の図書館を巡り、世界の先進国の憲法事情を調べて廻った。

そして彼女の作成した、"女性の権利" に関する草案の中で採用されたのが、

「(男女)両性が平等」
「相互の合意」
「両親の強制ではなく」
「男性の支配ではなく」

という条文(GHQ草案 第23条)が、今の日本の憲法には脈々と息づいている。

当時、日本側との最終合議のための会議の時に、彼女は通訳者でも
あったが、この「女性の権利」について、
「日本の国民に合わない」「歴史に合わない」「文化に合わない」と、
猛反対を喰らったそうです。

このGHQ草案は、日本政府による修正と、議会での審議を経て、
1946年11月3日に日本国憲法となった。

彼女の存在なしには、今の男女平等がこんなに早く実現出来なかった。
その後、アメリカに渡り、数年前に90を目前に亡くなった彼女の映像
がテレビで流れているが、5歳から日本で育っただけあり、日本語も
完璧で語学に堪能であったというのが垣間見れる。彼女は、2012年、
89歳でこの世を去った。



----

by powerbeat85 | 2017-02-18 09:20 | ▼Miscellaneous:その他

■ 効率的に英会話を学ぶ手順。

 英語をモノにしたい貴方に、貴女に、そして、2020年の東京オリンピックに
 向けて「目標の達成」を目指している全てのBOM会員の皆さまへの、
 私からのプレゼント メッセージです。


 効率よく英会話を学ぶための、「正しい基準」について:

 ただ、何の考えもなく、記憶力でねじ伏せて学習しようとしても無駄です。
 覚えたつもりでも、いずれすぐに忘れてしまいます。正しい習得には、
 正しい手順があり、そのポイントを決して忘れないでください。


 まずは正しい「①英語の基礎文法知識の理解」からスタートです。
「①理解?? ②整頓?? ③記憶?? ④反復」。

 これは、正論です。そして、ジャンル別にその覚えた知識をキチンと「整理」
 して、「整頓」して置くことがとても大切です。
 ①の達成のためには、無料メルマガ、BOMをご利用ください。

「整頓」の定義は、いつでも必要な時に、必要な情報を正確に引き出すことが
 出来る状態にしておくことを意味します。頭の中に整頓して置くことです。

 ②を具現化したものが、PowerGram です。宣伝で話をしているつもりはあり
 ませんが、一冊、2500円です。(笑)

 学んだ知識を整理(定義:無駄な部分を削除)、②整頓して置く必要があるのです。


 英語の基礎知識を覚え、「必要な慣用表現」を「③記憶に留める」には、
 ①②を把握し、「③記憶」を効率よく身に付けることです。大きな声で
 腹式呼吸でやることです。イメージ出来ない人は、舞台俳優さんがマイク
 無しでどこまでも通る声で話す、あの要領で声量を築き上げる必要があります。


「鉄は熱いうちに打て」、覚えたいフレーズは、時間が過ぎないうちに何度も、
 感情を込めて、大きな声でどれだけ「④反復」出来るかにかかっているのです。

 結論:思春期を過ぎると、ただ話すだけでは英会話を効率よくマスターする
 ことが出来なくなります。

「①英語基礎文法の理解 ②受験の英語と会話に必要な知識を整頓
 ③記憶に落とし込むのに最も有効な手段は、左脳のを使った記憶力に頼る
 のではなく、掛け算の九九を口調で学んだやり方を使わない手はありません。
 ④そして、感情を込めて何度も何度も声を出して「反復」するのです。

 ⇒⇒⇒「①理解 ②整頓 ③記憶 ④反復」

「正しく理解し、頭の中で整頓されたものを正しく反復する」
 これが無駄のない究極の手順で、その極意なのです。



----


by powerbeat85 | 2017-02-17 18:25 | ■英語関連

◾️東南アジアへ赴任される生徒様から質問がありました。

赴任の日が近付いてくると、現実的なご質問が増えて来ます。
また、どうしても、日本語の感覚で対応するので、英語的な
表現から遠ざかる傾向の話になります。英語には英語らしい
表現があるので、その事を追求されるといいと思います。

従って、和文英訳的な表現になっているのは、ご理解ください。

1.今日から、XXXの皆さんと一緒に働くことになりました。
I start working with you at XXX from today.

2.業務については、小原コーディネーターの後を引き継ぎます。
My main job is to take over Mr. Obara's position.

3.まだ、少ししか英語が話せませんが、しっかりコミニュケーションを取りたいと思います。
My English speaking ability is very small but I try to make good communication with you.

4.なので、話がわからないと怒らないで下さい。そして、理解するように協力をお願いします。
So please don't get angry with me because of my poor English.
Please cooperate with me.

5.今日からあなたは、私のドライバーになってもらいます。よろしくお願いします。
(宜しくお願いします、という英語の表現はありません。なので.....、)
So, you're my driver from today. Thank you very much.

6.運転は、安全運転でお願いします。
Please drive carefully.

7.私は、あまり英語が得意ではありません。
(これも、本当は言う必要のないものです。接しておればわかることなので。)
I don't speak good English.

8.なので、わからない時は必ず聞き直して下さい。
So you can ask me again and again when you don't understand.

9.今からホテルまで連れてって下さい。
Take me to the hotel, please.

10.月曜日は、ホテルまで迎えに来てください。
Please come and pick me up at the hotel on Monday!

11.時間は、6時45分です。
At 6:45 (in the morning).



----

by powerbeat85 | 2017-02-16 19:59 | ■英語関連

■ 英会話のBGMは、いかがですか?

最後に、良い情報を紹介しているので、最後までご覧ください。

英会話教材の誇大広告について、これまでにも何度か
触れていますが、英会話を身に付けるには、ただ、
聞き流すだけで習得できるものと、出来ないものとがあります。

どういうことかと言うと、短くて、文法の知識を必要としない
表現もあります。 例:Good Morning!

でも、文法の組み立てで構成されている表現は、ただ、聞き流す
だけでは、理解出来たことにはならないばかりではなく、
応用が利かなくなるのです。また、類似表現との微妙な違いも
わかならいまま、結局、理解出来ないので、最低の文法基礎知識は
絶対に必要です。何も難しいことを知る必要はないのですが、
基本は是非、確認しましょう。

例:を見たい方は、明日、配信のBOM Lesson45のPART I の#3
ご覧ください。聞き流すだけでは決して理解出来ないことがわかります。

17年間、無料で配信している、無料メルマガ、BOMを是非、
ご活用ください。登録は、トップページの左のメニューバー
「BOM」からお名前と、配信先のメルアドだけで登録できます。

さて、聞き流すだけなら、お金をかけなくても、質の良い教材が
あります。英会話表現のBGMと言えるものです。6時間あるかと
思われます。私も全てを確認したわけではありませんが、
内容は決して悪くない。是非、聴いてみて活用ください。

https://youtu.be/-HFRtrkFIPM
----

有限会社ビート米会話:


-

by powerbeat85 | 2017-02-05 09:32 | ■英語関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。