法人向けの英会話学校BEAT
トップ 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
講師派遣研修
海外赴任前研修
スクール案内
ビート講師紹介
受講生の声
金山校への地図
BBS(掲示板)
海外要員育成研修
自己啓発
ビートメソッド
お問合せ・資料請求
TOEICの実績
通訳・翻訳業務
Recruiting
インターネットレッスンBOM
社長のブログ
個人ユーザーは、こちらから

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
by powerbeat85
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
■英語関連
●健康関連
◎TOEIC 関連
○ビジネス関連
□生活の知恵関連
◆デスクトップ壁紙写真
▼Miscellaneous:その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
私の考える、健康で長生き..
by powerbeat85 at 13:29
小原講師は、文法学者では..
by powerbeat85 at 13:28
ギンナンには、体内でビタ..
by powerbeat85 at 13:27
私のケイタイからもすぐに..
by powerbeat85 at 13:26
小原のコメント: 折り..
by powerbeat85 at 13:25
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
sport car wa..
from sport car wall..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
■ 品詞を覚える順番について。
思春期を過ぎた大人が英語を理解し、読み、書き、聴く、話す
の4技能をどの順序で学ぶのが一番効率的か?
読み書きは、学校で学ぶので良し、として..... 残りの2つ。

答えは、
Listening →→→Speaking
相手が何を言っているのか、意味が理解できなければ、会話は
成立しません。極端な話、相手の話が理解出来れば、Yes、No
だけでも急場は凌げます。

では、聴く力の「聴解力」と、相手の意見を聞いた後で、自分の意見を伝える
力、「会話力」を効率的に学ぶには、何が必要不可欠なのでしょうか?

それは、「文法力」です。受験の英文法ではなく、日常会話に不可欠な
会話レベルの「基礎文法知識」です。

まず、「品詞の定義」を知ることです。覚える順番も常に一定であることが
重要です。これは、私の経験から来るものですが......、

①名詞 ②形容詞 ③副詞
であると、いつも生徒様方に伝えています。
これを受けて、生徒様から素朴な質問が届きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

質問:今日のレッスンで登場した to不定詞ですが、名詞、形容詞、副詞の
順番はわかりましたが、なぜこの順番なのでしょう?

答え:そうですよね。説明しないと納得できないですよね。
実は、副詞が一番複雑で、名詞が一番わかりやすいからです。
「動名詞」や、「to 不定詞の名詞的用法」が一番理解しやすいから、
というのが理由です。

「to 不定詞の副詞的用法」や、「分詞構文の副詞」が一番複雑で
分かりにくいのです。一通り理解できるまでに、ちょっと時間が
かかります。

つまり、分かりやすいものから順に覚えるのが、手順として一番だと
考えています。

形容詞が2番目に来る理由は、「形容詞は、名詞のみを修飾する」と
いうことでリンクしているからです。

理解し易しいものから順に積み上げて行く。この手順です。




——

[PR]
by powerbeat85 | 2018-02-28 23:51 | ■英語関連
■ 第五文型、SVOC の補語の説明です。
日本人が英語に苦手意識を持つ、最大の理由は何なのでしょうか?
私は、現在、語学学校を経営して、34年になりました。
その理由の答えとは?

とは言っても、最近わかったことではなく、昔から考えは全くブレて
いないのですが、理由は、たったの1つです。

それは、
第二文型(SVC)と、第五文型(SVOC)に登場する、C:補語の
正しい理解が出来ていないからです。

確かに説明するには、多少、時間が必要で、かなり、複雑なので、
簡単にはいきませんが、例を挙げて紹介しましょう。

学校で、どうしてこのことに気づかないのか、不思議でなりません。
補語を説明するには、分かりやすい例文と、実際に
日常的によく出てくる高頻度の慣用表現が必要になります。

A:We have to get a doctor to come and see our son.
B:Did you get your hair cut?

Aと、Bの例文を比較していただいて、
Aは、補語(to come) が名詞で動作。
Bは、最後の cut が過去分詞の形容詞で補語が状態です。

ここまで説明しても、まだ、何のことかわからない方が
ほとんどだろうと推測出来ますが、でも、ここが理解出来ない
のが唯一の理由なのです。

Aは、to不定詞の補語を伴う、使役動詞の get 。
Bは、cut が、過去分詞の形容詞的用法で、状態に
なっていることです。

無料のメルマガ、BOM:BEAT OnLine Magic や、ブログ、
Twitterでも、日常的にその答えを20年ほど公開しています。

無料メルマガ、BOMの登録ページはコチラ。お名前とメルアド入力のみで完了。
スマートフォンだけではなく、PCメルアドでも登録してください。

オススメのドメインは、@gmail.com です。
(登録) → Free Mail Magazine [BOM] Register Page





_____


[PR]
by powerbeat85 | 2018-02-20 18:42 | ■英語関連
● ジムトレーニングのルーティーン
アメリカ、アトランタに住む産休中の長女が、今日からジム再開❗️
筋トレは、持久力を付け、老化を防止し、若さを保つことを
知っておれば、励みになる。無意味にやっても続かない。

暫く休んでいたから、最初から以前のペースでやると、
膝を痛めたりするかもしれないので、準備運動を中心に、
徐々にアップしていくように意識するといいと思う。
筋力は、継続していないと、残念ながらすっかり元に戻る。

現在の私のメニューは以下の通り。毎週、2回。
A:筋トレ(無酸素運動)を先にやってから、
B:有酸素運動をやるのが正しい手順。

A:筋トレは、準備運動をしっかりやる。いきなりやると、
筋違いを起こす。腰周りや、脚のストレッチなどをする。
そして、スタート。

①dead lift(デッドリフト)
45キロ〜 スタート

②インクラインベンチスィットリフト incline bench press
(ベンチ角度、30度) 50〜65キロ

③スクワット
50キロ〜 (骨盤の前傾姿勢を保つのが重要)

④ベンチプレス(スミスマシンが安全)
85〜145キロ

⑤ラットプルマシンは、大きい筋肉を広げてくれるので、筋トレの
最初にやるのが理想的。
➕ダンベルリフト他。

重さと、メニューは、最初はインストラクターと相談するといい。
目的が何かを知ることが基本。それが決まれば、自分に合った
何ラップを(X3回セット)やるのかを決めると良い。
(1セット、10ラップが基本) x 3回
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

B:(バイクよりも、
①ウォーキング、jogging、running )、特に、①を時速4キロ
程度のスピードで普通歩きを2〜3分間、そして、速歩き(時速6〜6.5キロ)を
2分間のインターバル(3〜5回)で十分です。

走らなくても、ウォーキングで効果は同じであることを知っておくと良い。
常に胸を張り正しい姿勢を意識する。上半身がブレないように。そして、
前傾姿勢の滑らかな膝の回転軸をイメージする。
頭が上下左右にブレないようにする、など。

激しく走るのは膝に負担が掛かるので、継続するなら、膝を労(いた)わる
意識を持っていた方が良い。激しく、長く走れば良いというものではない。

時間は、20分以上、30分出来ればベスト。一人で黙々とやるとつまらないが、
仲間がいて、話しながらやると時間が早く過ぎる。テレビを観ながらやる
人も多い。



____


[PR]
by powerbeat85 | 2018-02-12 12:38 | ●健康関連
Copyright(C) 1999 - 2005 Beat Inc., Nagoya Japan All rights reserved.