人気ブログランキング |
ブログトップ

Just Follow Your Heart ! 「一番やりたいことをやる!」

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

● 缶詰めトマトは危険!

トマトに含まれるリコピンが抗酸化作用が強く、肌をいつまでも
若々しく保つと言われていることは、このブログでもその効能に
ついては詳しく解説しています。

今回は、このトマトの缶詰食品(缶詰トマト)が、体には良くないという
話です。

缶詰の内側には、ラットの脳細胞を変化させることが証明
されているホルモン破壊物質である化学物質BPAが
コーティングされているため、缶詰食品は危険です。

酸度がBPAを食物に染み込ませ、さらに不健康なものに
するので、缶詰のトマトは特に問題があります。


他の選択肢:目的に応じて生や冷凍の食品を買いましょう。




by powerbeat85 | 2019-07-31 20:51 | ●健康関連

■ 冠詞と前置詞の話。

米国、ジョージア州、アトランタに住む娘から、来年は、日本で
オリンピックを観たいけど、子供の学校が、8/5から新学期なので、
無理という話が届いた。

早いなぁ!8月に学校が始まるとは。

私が中学一年生の時、英語の教科書に、
School begins in September.
と書いてあって、そうか、アメリカは新学期は9月なんだ、と
思ったのを覚えています。

よく考えると、この一文はいろいろな文法要素がこの含まれている。

①school は、無冠詞、a もtheも付かない。定期的に行動する
対象のものは、無冠詞(ゼロ冠詞ともいう)。
例:church, college(大学), work(職場)など。
✔️PowerGram <35/1■> に無冠詞対象の名詞一覧と例文あり

②begins時制は現在形。現在形は、6種類ある。
この例文は、②習慣を表す現在形。「いつも」、という言葉を加えると
分かりやすい。つまり、「学校は、毎年いつも9月に始まる」。
という訳。

③前置詞の in 。月 の前の前置詞は、in。 ex. in July
日付けや、曜日の前は、on :
on the first など。(8月の)1日に。
on Sunday
on Sunday morning (日曜日の朝に)
ex. We go to church on Sunday morning.
「日曜日の朝は、我々(家族)は、いつも教会へ行く。②習慣を表す現在形」
✔️6種類の現在形は、全て、PowerGram の19ページに例文付きで
書いてある。<pg19/top>


cf. in the morning(午前中)/ in the afternoon(午後)/ in the evening(夕方)

at noon(正午に)/ at midnight(午前0時に)
during the day(日中は),/ at night(夜は)

at the beginning of August(8月月初)/ in the middle of Aug.(半ば)
/ at the end of Aug.(月末)
➡︎ early Aug.(上旬)/ mid Aug.(中旬)/ late Aug.(下旬)/



by powerbeat85 | 2019-07-29 19:04 | ■英語関連

● 抗酸化作用が強い、トマトとパプリカの効用。

いつまでも若々しく、肌もツヤツヤを目指すなら、

身体の酸化を防ぐ「抗酸化力」の強化を意識すること。


紫外線防止も若いうちから意識した方がいい。歳とともに、

肌が浅黒く、シミだらけになる。紫外線ブロック用の

サンスクリーンは、2時間しか保(も)たないので、面倒だけど、

マメに塗り直すのが大切です。長時間陽に当たる時は

要注意。


また、晴れの日よりも曇りの日が紫外線が強いそうです。

夏の真っ盛りより、4月、5月の初夏がより紫外線が

強いこともよく耳にします。常識として知るべし。


私は、40歳になった時、スキューバダイビングにはまり、

ほとんど日焼け止めクリームを塗らずにやっていた。

ある時、ドリフトダイビングをやっていて、海面に

上がって迎えの船が見つからず、長時間、強烈な太陽の

紫外線を浴びてしまった。後でシワシワになった自分の

顔を鏡で見て考え方が変わり、意識するようになった。


本題に戻りますが、体の細胞に活性酸素を取り込むことで、

酸化した細胞は、万病の元になる。肌も老化するのです。

体内に酸素を取りすぎると酸化して錆びつくイメージ。

そこで抗酸化力の強い食材が必要となるのです。


食べもので抗酸化を目指すなら、「トマト🍅と赤いパプリカ」。


トマトに代表されるリコピンは抗酸化の代名詞。調理法や、

食べるタイミングでも効果が全く違います。朝食に摂るのが、

断トツのベストタイミングだそうです。

e0021820_00101543.jpeg


悪玉コレステロール値が高いなど、脂質異常、特にコレステ

ロールの値に異常がある人はたくさんトマトを摂ると良い。


動脈硬化もリコピンで防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞も防ぐことになる。

また、トマトは、生だとほとんど吸収出来ないので、加熱処理

する調理法を考えること


赤パプリカを生産し、毎日食べている林さんの血管年齢31歳。

実年齢は57歳というのを番組で紹介していたけど、見るからに

健康そうで若々しかった。


赤いパプリカに多いカプサンチンは、抗酸化作用だけではなく、

脂肪燃焼効果もある。だから太らない。唐辛子のカプサイシン

(カプサンチンではない)も、脂肪燃焼効果があるが、パプリカ

ようにたくさん摂取出来ない。


パプリカの中の白いワタも食べた方がいい。これにピラジン

いう成分があり、血液サラサラ成分らしい。





by powerbeat85 | 2019-07-21 23:16 | ●健康関連

 「米語の基本」と「英会話力習得の基本」の解説がメインのブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31